magazine

しつけ

2020.08.14

ミニチュアシュナウザーの性格を踏まえた最適な飼い方とは?マルチタレントの呼び声高い理想の家庭犬

特徴ある口ひげが威厳を感じさせるミニチュアシュナウザー。ドイツ原産らしいその厳格な雰囲気とは裏腹に、明るく活発で賢い、家庭犬に求められる要素が3拍子揃った犬種です。世界中で「理想的な家庭犬」と呼ばれ愛され、その豊かな表情が人々を魅了しています。この記事では、そんなミニチュアシュナウザーの性格を踏まえたしつけのコツ・接した方・遊び方など一緒に楽しく暮らすためのアイディアをご紹介します。

#ミニチュアシュナウザー

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

この記事をシェアする

ミニチュアシュナウザーの性格の特徴

ミニチュアシュナウザー 性格

シュナウザーの外見的な特徴は、その名の由来にもなっている“口ひげ”。シュナウズとはドイツ語でマズルの事を指し、シュナウザーとはひげを生やしたマズルという意味があります。シュナウザーには、ミニチュアの他にジャイアント、スタンダードがありますが、日本で最も人気のある犬種がこのミニチュアシュナウザーです。

テリアグループに属しているミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーは、農場で活躍していたスタンダードシュナウザーとアーフェンピンシャー、ミニチュアプードルとの交配によって誕生した犬種です。シュナウザーの持つ社交性と好奇心を受け継ぎ、主にネズミを駆除する犬として作出されました。そのためAKC、JKCでは、シュナウザー種の中で唯一ワーキンググループではなくテリアグループに属する犬種として登録しているのです。

明朗快活が特徴のミニチュアシュナウザー

その明るい性格と人間に忠実な性格が、ミニチュアシュナウザーの最も大きな魅力と言えます。人と遊ぶことが大好きで、時にはいかつい顔に似合わないお茶目な一面も見せることもあります。愛情深い性格は、小さな子供とも相性が良いことから、理想の家庭犬と言われています。

忠実すぎて頑固な一面も

ネズミ退治という作業内容から、テリアグループに属しているミニチュアシュナウザーですが、テリアの名を冠したイギリス原産の犬種のような気の強さはありません。友好的で、従順な性質で、飼い主に忠実です。気をつけなくてはいけないのは、忠実すぎること。一度覚えたことはきっちりと守る真面目な面があるため、家族全員が一貫したしつけをしないと、ミニチュアシュナウザー自身が混乱してしまいます。ミニチュアシュナウザーは頑固だとよく言われるところは、そんな一面があるためなのかもしれません。

警戒心の強さも特徴の一つ

大きな農場でネズミ退治や害獣駆除のために、番犬として活躍していた歴史を持つミニチュアシュナウザー。テリトリー意識が強く、見ず知らずの人や犬に対して警戒心を持ち、吠えかかってしまったり唸ってしまうこともあります。これは、勇気があることの表れとも言えるため、子犬の頃からどんな人に対しても友好的に接するようにしつけをする必要があります。

ミニチュアシュナウザーの性格に合わせたしつけのコツ

ミニチュアシュナウザー 性格

ミニチュアシュナウザーのしつけのコツは“飼い主さんがリーダーシップを発揮すること”にあります。飼い主に忠実な作業犬であったミニチュアシュナウザーは、リーダーが誰であるかを見極める賢さを持っています。可愛いからといって甘やかしてばかりいることはミニチュアシュナウザーのためになりません。

どんな犬種にでも言えることですが、メリハリのあるしつけを子犬の頃からすることが大切です。特に、ミニチュアシュナウザーのように聡明な犬種は、飼い主がしっかりとしたリーダーシップを発揮することを必要としていることを覚えておきましょう。

ミニチュアシュナウザーの性格を踏まえた遊び方・スポーツ

ミニチュアシュナウザー 性格

活発で明るい性格とは裏腹に、繊細で甘ったれな一面も持つミニチュアシュナウザー。飼い主の感情をそのまま受け取ってしまう敏感なところもあります。飼い主が、イライラしていたり不安に思っているとミニチュアシュナウザーも精神的に不安定になってしまうのです。どんな時でもミニチュアシュナウザーと接するときは、広い心を持ちなるべく穏やかな精神状態でいることが大切です。

実は孤独が苦手

警戒心が強く、人間の子供並みの賢さを持つミニチュアシュナウザーは独立心が強いように感じますが、長時間のお留守番や一人で放って置かれることが苦手です。寂しがり屋であるため、一人になる時間が多いとストレスがたまってしまい、おもちゃを破壊したり、吠え続けてしまうなどの問題行動に出る可能性もあります。環境適応能力が高いところが特徴ですが、お留守番は短く、なるべく人と一緒に入られる環境作りをしてあげることも大切です。

一緒にできるスポーツがおすすめ

小型犬ながらタフで活発なミニチュアシュナウザーにとって運動不足は大敵です。また、人との共同作業を好むため、ドッグスポーツやハイキング、山登りなどを犬と一緒に楽しむことがおすすめです。ミニチュアシュナウザーの最大の楽しみは、飼い主と一緒に運動すること。単にボールを投げてもってこいの遊びをするのではなく、飼い主も一緒に走ったり、探したりすることができるように一工夫してあげることがおすすめです。

理想の家庭犬だからと言ってしつけを怠らないで

ミニチュアシュナウザー 性格

世界中で人気の高いミニチュアシュナウザーは、明るく活発で家族を大切にする性格です。また、知性が高く人の言うことややることを理解しようとする能力にも長けています。小さな子供にもフレンドリーで、明るく活動的な性格のため、家族全員で一緒に楽しめるキャンプに連れて行ってあげたり、一緒にドッグスポーツを楽しんだりするには最適の犬種と言えます。パートナーとして最適なミニチュアシュナウザーですが、一緒に暮らす時はコミュニケーションをたっぷり取ってしつけを行なうことを忘れないようにしましょう。

◎ライタープロフィール
西村 百合子

西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士、犬の東洋医学生活管理士2級

ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。
現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。

  • 更新日:

    2020.08.14

この記事をシェアする