magazine

グッズ

2020.08.07

おすすめの犬用カー用品10選!車の中で愛犬に安全&快適に過ごしてもらおう

愛犬と一緒に、車でドライブやお出かけを楽しむ方をよく見かけるようになりました。しかし、車に犬を乗せると動き回ったり、おしっこをしたりしないかと、何かと心配ごとが多いですよね。抜け毛が気になる、なんて方もいるのではないでしょうか。カー用品の中には、そんな飼い主特有の悩みを解決してくれる犬用のものがあります。今回は、飼い主さんも愛犬も快適に車の中で過ごすための犬用カー用品を、ジャンル別に10種類ご紹介します。

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

おすすめの犬用カー用品3選|シートベルト編

犬 カー用品

簡単に取り付けることができて安全に使えるシートベルトは、走行中に愛犬を守るための必須アイテムです。まずは、おすすめの犬用シートベルトを、取り付けるタイプ別に3点ご紹介していきます。

シートベルトのバックルに取り付けるタイプ

車のシートベルト差込口に差し込むことで固定する犬用シートベルトです。リードタイプになっているので、普段使っている首輪に取り付けることができるのが嬉しいポイントです。長さを調節することで、小型犬から大型犬まで対応します。
シンプルなつくりで総じて高評価が付いていますが、中には「もっと短くなれば更にベター」「噛み癖があるコはプラスティック箇所を破壊する可能性も」などといった口コミも見られます。

商品情報

ベッドレストに取り付けるタイプ

後部座席や助手席のヘッドレストに簡単に取り付けることができるリードタイプです。ヘッドレストからの取り外しも簡単なので、車から降りて散歩させるときにはリードとしても使うことができます。
商品レビューでは、その装着のしやすさに高評価が集まっています。

商品情報

ベストタイプ

体を包むベストタイプになっているので、犬の体にも負担が少ないです。通気性のいいメッシュでできていて、1年中快適に使うことができます。付属のリードを車のシートベルトに通して固定します。
ハーネスタイプということもあり、サイズ選びは慎重におこなう必要がありそうですね。

商品情報

おすすめの犬用カー用品3選|ドライブシート編

犬 カー用品

車のシートを傷や汚れから守ってくれるドライブシートは、設置する場所に合わせた形になっています。使用する場所別に3つの商品を見てみましょう。

大型犬もくつろげる!車の荷物スペース用

荷物スペースのトランクに取り付けられるシートは、乗り降りするときにバンパーに傷や汚れが付かないよう長めになっています。側面までしっかりと防水・撥水加工がほどこされているので、おしっこや泥汚れなども染み込まずお手入れしやすい素材です。

商品情報

後部座席に敷いて汚れ防止

運転席、助手席、後部座席のヘッドレスト4か所に固定するので、シートがズレにくく、防水・撥水加工された素材を使っているのでおすすめです。サイドにはファスナーがついているので、車の乗り降りもしやすい設計になっています。おやつやおもちゃを入れて置けるポケット付きなので使い勝手もいいですよ。

商品情報

愛犬の様子が見やすい助手席用

助手席の側面までカバーできるようなデザインのシートになっているので、抜け毛や汚れ、傷などの防止におすすめです。ペットシーツや飲み水なども入る大きめのポケットには、ふたが付いているので、ポケットの中も清潔に保つことができます。

商品情報

おすすめの犬用カー用品3選|ドライブボックス編

犬 カー用品

座席に固定できるドライブボックスは、小型犬におすすめで、キャリータイプやベッドタイプなどがあります。次に、3タイプのドライブボックスをご紹介します。

視界を遮らないメッシュ付き

両サイドはメッシュになっているので通気性もよく、視界を遮らないため、愛犬からも飼い主さんが見える設計になっています。ボックス内には飛び出し防止のリードがついているので、運転中も安心ですね。使わないときにはコンパクトにたたんで収納できます。

商品情報

キャリーとしても使える

上部のファスナーを閉じるとメッシュの屋根になり、肩に掛けられるようベルトもついているのでキャリーとしても使うことができます。Lサイズには、飛び出し防止のリードが2本付いているので、多頭飼いでも一緒に使うことができておすすめです。

商品情報

ふわふわのやわらかいベッド型

やわらかいベッド型は高齢犬もくつろぎやすくおすすめです。防水加工になっていますが、汚れが気になるときは、洗濯機で洗えます。取り外しができるクッションは、夏用の面と冬用の面があり、1年中使えますね。

商品情報

おすすめの犬用カー用品3選|その他編

犬 カー用品

この他にも車の中を快適にしてくれる用品があるんですよ。

後部座席をより広く使えるスペースボード

後部座席にドライブシートをつけると座席の下のところは安定しないため、狭くなってしまいますよね。スペースボードを付けると、座席部分が広くなり平らにできるので、大型犬でもゆったりくつろげるくらいのスペースを作ることができます。使わないときには、運転席、助手席の後ろに折りたたんで置けるので邪魔になりません。

商品情報

愛犬と車でのお出かけのときに揃えておきたいカー用品

犬 カー用品

犬用のカー用品には、車内の汚れや傷を防ぐものや犬の安全を守るためのもの、犬が安心できるスペースを作るものなど、さまざまなものがあります。車種によってはサイズが違うものもありますので、必要に合わせて用意してみてはいかがでしょうか。そして、愛犬とのドライブやお出かけを楽しんでくださいね。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

  • 更新日:

    2020.08.07

この記事をシェアする