magazine

グッズ

2020.08.11

犬が背負うリュックの適度な重さはどのくらい?犬用リュックに入れるもの

犬が背負うリュック、いわゆる犬用リュックを活用することを考えたことはありますか?犬用リュックはたくさんのメリットとデメリットがあり、正しく活用できれば非常に便利な道具です。ここでは犬のリュックのメリットやデメリットに加え、犬のリュックにどれくらいの重さの物を入れてもいいのか?をご紹介していきます。また、おすすめの犬用リュックをご紹介していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

犬用リュックのメリットとデメリットは?

犬 リュック

飼い主さんではなく、犬に背負わせるリュック(犬用リュック)は非常に便利で、メリットがたくさんある道具です。しかし、それと同時に注意点もいくつかあります。犬用リュックのメリットとデメリットを理解した上で、自分の犬に向いているかを考えることがとても大切です。ここでは犬のリュックのメリットとデメリットを紹介していきます。

犬用リュックのメリットは?

犬用リュックの最大のメリットは、犬が物を運ぶことで、使命感を感じることができ、大きな満足感を得られることと言えます。また、犬用の飲用水やうんち袋を入れることができ、散歩中の飼い主さんが持つ荷物を減らすことができます。また、犬にリュックを背負って歩いてもらうことで、犬が体力を使って運動することできます。普通の散歩では物足りずに、ストレス発散がしにくいコの場合には、適度な重さの犬用リュックを活用することで、効率的にエネルギーを発散させることができます。

犬用リュックのデメリットは?

犬用リュックのデメリットは、使い方を間違えてしまうと犬の体に害を与える危険性もあるということです。荷物を入れすぎると犬の関節に負担がかかってしまうことがあります。また、既に持病がある犬はリュックの重みが病気を悪化させてしまうことがあります。 犬用のリュックを使用する場合は入れるものの量・重さに注意し、心配な場合は獣医師によく相談するようにしてください。

犬のリュックには何をどれくらい入れてもいい?重さは?

犬 リュック

犬用リュックには物を入れすぎないように気をつける必要があります。特にはじめのうちはリュックを出来るだけ軽くし、ゆっくりと慣らすことが大切です。ここでは犬用リュックにどれくらいの重さの物を入れてもいいのか、また、どのような物を入れるのが良いのかを紹介します。

犬用リュックに入れるものの重さの限界値は?

犬用リュックの重さの内容物は犬の体重の10%~12%に押さえておくようにしましょう。例えば、リュックを着用する犬の体重が15kgであれば、リュックの内容物は1.5kg~1.8kgぐらいにします。

犬用リュックにはどのような物を入れる?

リュックの形状等にもよりますが、犬用リュックには基本的にどんな物でも入れることができます。お散歩中に愛犬が疲れていそうだったら、中身の水を捨てることもできるため、500ml程度のペットボトルはいいかもしれませんね。

犬用リュックのオススメ4選

犬 リュック

ここでは、数ある犬用リュックの中から厳選して4つの商品をご紹介していきます。サイズ・形状など、愛犬に合ったリュックを選んでみてくださいね。

1.コンパクトでシンプルな作りの犬用リュック

簡易に装着できるシンプルな犬用のリュックです。コンパクトな容量のため、日常の散歩や日帰りのアウトドアアクティビティに向いています。専用の水を入れることのできる0.6Lボトルが2本付属しています。また、5箇所に調整テープがあるため、愛犬に合わせてピッタリと調整することができます。

商品情報

2.容量大きめ。バック自体の軽量が嬉しい犬用リュック

バランスを重視されて作られた、アウトドアブランドRUFFWEARの犬用リュックです。犬が着用した時に理想的に位置でバランスが取れるようになっており、犬も快適に着用することができます。また、リュック自体が非常に軽量なので、リュックに慣れていない犬にもおすすめの一品です。容量はSサイズで9L、Lサイズで16Lとなっており、トリーツや水入れボウル等も入れることができます。

商品情報

3.取り外し可能が嬉しい。通気性の良い犬用リュック

両サイドに取り外し可能な大容量のポケットが2箇所ある大きな犬のリュックです。反射布が用いられているため、夜も安心して使用することができます。また、空気網で通気性がいい仕上がりになっており、ハイキングにもおすすめの一品です。S・M・Lのサイズ展開で愛犬に合うサイズを見つけられそうですね。

商品情報

4.傾きにくくて気にならない犬用リュック

バックルだけでなくマジックテープを使ってリュックの傾きを防ぐ犬用リュックです。ちょっぴりアーミー感のあるブラウンと、スタイリッシュなブラックの2色展開。また、犬の身体が接する面には柔らかなプロテクターパッドが付いているため、愛犬の負担も少ない仕様になっています。

商品情報

犬用リュックで愛犬の満足度を高めよう!

犬 リュック

犬用リュックは使い方を間違わなければ愛犬に達成感・満足感を与えることができる便利なアイテムです。正しく使うことで、犬のエネルギーをさらに効率的に発散できるようになるだけではなく、人が持たなければいけない荷物を減らすこともできます。ぜひ、重さに注意しながら日常の散歩の中でも犬用のリュックを活用してみてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.08.11

この記事をシェアする