magazine

食べもの

2020.08.16

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.17

パートナーに優しいレシピ|与えられる「人間の食べ物」探し

「犬に人間の食べ物は与えてはいけません」と言われています。もちろん理解していますが、ある程度知識があれば良し悪しの判断はできるのでは?
人間の食べ物はどうしてもダメなのか、食べられる物や手作りする方法はないのか。犬が食べられる人間の食べ物について考えてみました。

#パートナーに優しいレシピ

Author :さのさえこ/ドッグライター

この記事をシェアする

人間の食べ物がダメな理由を確認してみよう

たいていの方は、この答えをご存知ですよね。

  • 塩分、糖分の摂りすぎになるから
  • 犬が食べてはいけない食材が入っているから
  • 添加物が入っているから

しかし、その理由がわかっていても思わぬ展開になってしまうことがあります。

人間の食べ物の思わぬ落とし穴とは

調味料の原材料を見たことがありますか?
たとえばソースやケチャップには玉ねぎが入っています。ステーキソースでは、さらにワインも入っています。醤油やめんつゆには小麦が使われているので、アレルギーのある犬には要注意です。
小麦アレルギーはないから、おでんの出汁くらいなら大丈夫かな?と、コンビニで買ったおでんをあげたとしたらどうでしょう。もしもコンビニのおでんケースの中に鶏のつくねも入っていたら、つくねに入った長ネギのエキスが溶け込んだ出汁を一緒に口にしてしまうことになるかもしれません。
食べさせてはいけない食材を理解していても、思わぬところに禁忌の食材が潜んでいるのが、人間の食べ物の厄介なところなのです。

犬専用の食べ物を食べなくなってしまう

私は犬にも味の良し悪しはわかるような気がします。うちのコは犬用のパンやクッキーは食べないのに、人間用だと喜んで食べます。他の家では、おでんや煮魚を与えると夢中で食べるそうです。こうして人間の食べ物の味を覚えることで、肝心のドッグフードや犬用のおやつが味気なく感じ、食べなくなることも考えられます。

特に気をつけたいソーセージとベーコン

先日一瞬目を離した隙に、うちのコが買物袋からベーコンのパックを取り出しラップを破って中身をくわえて走り去ろうとしました。どっさり買い物をしていたのにピンポイントでベーコンを狙ったのです。ベーコンはおもちゃの香り付けにも使われるほど犬にとっては魅力的な香りなのでしょう。でも高塩分・高脂肪で、1枚食べただけで小型犬には危険な量です。

ソーセージで生死の境を彷徨ったシェパード

ある時、タクシーの運転手さんと飼い主の高齢の男性が、2人掛かりでグッタリしたシェパードをかかえて動物病院に駆け込んで来ました。原因はソーセージの食べ過ぎによる高血圧です。飼い主さんは以前にもこの件で注意を受けていたのですが、愛犬の要求に負けて与えてしまったのです。幸い一命は取り止めましたが、とても危険な状態でした。みなさんも十分にご注意くださいね。

人間のベビー用ならギリギリラインのものも

赤ちゃん用の離乳食やポカリスエット、チーズなどは原材料がシンプルであることから、犬にとって禁忌な食材が見分けやすく、非常食として利用することができるようです。獣医さんに「赤ちゃん用ポカリを薄めれば、動物に与えても良い」と聞いたこともあります。刺激物を摂れない人間の赤ちゃん用のものは、犬の体にも少しだけ優しくできているようです。

犬が食べられる加工食品を手作りしてみよう

人間用として売っている加工食品は食べさせられなくても、手作りすれば食べられるものもあります。今回は犬が食べられるソーセージとお魚蒸しパン(かまぼこ)の作り方をご紹介します。

ヤゲン入りコリコリ鶏ムネ肉ソーセージ

まずはヤゲン入りのソーセージからです。

  • 鶏ムネ挽き肉 200g
  • ヤゲン 4-5cmサイズ5本くらい(お好みで)
  1. 挽き肉を粘りが出るまでよくこねます。フードプロセッサーを使ってもOK。温度が上がり過ぎないよう氷を入れて使うのがベスト
  2. ヤゲンをみじん切りにする
  3. 1と2をよく混ぜる
  4. ラップに大さじ1くらいの3を乗せて、ソーセージ型に整形する。端をクルクル回してキャンディ包みにする
  5. 4の上からさらにラップを巻き、しっかり包み込む
  6. 一度沸騰させたお湯を弱火にして、低温で15分ほどゆでる
  7. 粗熱が取れるまで放置した後、ラップをほどいて出来上がり

コリコリした食感がほしくて鶏のヤゲンを加えてみましたが、すりおろし野菜やおからパウダーを入れても作ることができます。フライパンで焼いて焼き目をつけると、より一層美味しそうに見えますよ。

カマボコにもなるタラのお魚蒸しパン

そしてお魚蒸しパン(カマボコ)の作り方です。

  • 新鮮な生タラの切り身 3切れ
  • 卵白 1個分
  • 片栗粉 少々
  1. 生タラの皮と、大きな骨を取り除く
  2. フードプロセッサーまたは包丁でみじん切りにする
  3. 2に水を足し、2、3回水を変えながら上澄みを捨てる(身が流れ出すので注意!)
  4. すり鉢でよく身をすり込む
  5. 3に片栗粉と卵白を入れてさらにすり込む
  6. 4をカマボコ板、もしくはシリコンスチーマーに伸ばして、30〜1時間ほど常温で寝かせる。表面がベタつかなくなればOK
  7. 10~20蒸したら完成

薄く広げてレンジでチンすると蒸しパン状に、カマボコ型にして蒸せばカマボコになります。蒸しパンにするとパサパサしますが、こちらの方が日持ちし、少しの時間なら持ち歩きも可能です。

飼い主さんが作る安全・安心な人間の食べ物

本当に信頼できる人間の食べ物とは、知識のある飼い主さん自身が手作りした物ではないでしょうか。今日ご紹介したレシピは、調味料を加えれば人間用としても美味しく食べられます。作り分けて愛犬と一緒に同じものを食べるのも楽しいですね。

◎ライタープロフィール
ドッグライター さのさえこ

さの さえこ/ドッグライター

子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。
この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。

  • 更新日:

    2020.08.16

この記事をシェアする