magazine

しつけ

2020.07.04

愛犬がお手をしない3つの理由とは?簡単に学ぶ「お手」のしつけ

犬のしつけの代表的なものとして「お手」「おすわり」や「伏せ」が挙げられますよね。 その中でも犬を飼い始めたら誰しもが簡単にトライしてみるのが「お手」というコミュニケーションではないでしょうか?お手は比較的簡単に犬に教えることが出来ると言われていますが、他のコマンドはしてくれるのに、どうしても「お手」だけはしてくれないということがある奥深いしつけの1つです。愛犬がお手をしない理由と共に、簡単にできる「お手」のしつけ方法を学んでいきましょう。

Author :南 健汰/ドッグライター

この記事をシェアする

犬がお手をしない3つの理由とは?

お手をしない犬

犬がお手をしないのは、教え方に問題があるのでしょうか?まずは本題である、犬がお手をしない理由についてご説明します。

犬がお手をしない理由|1.人に足を触られるのが嫌

犬がお手をしない理由のひとつとして、人に足を触られるのが嫌だからということが挙げられます。これは、子犬の頃から犬の足を触ることに慣れさせていなかったためであり、人に足を触られることを嫌がる犬は、シャンプーをするときにも苦労するかもしれません。特に前足は苦手なコも多いので、まずは愛犬の身体を触れるようになるところからコミュニケーションを始めてみるといいでしょう。

犬がお手をしない理由|2.コマンドが統一されていない

犬のしつけにおいて、コマンドは特に重要だと言えます。コマンドとは、犬に対する命令のことです。例えば、ひとりが犬に「お手」と教えているのにも関わらず、もうひとりが「ハンド」と言っていれば、犬は混乱してしまいます。そのため、基本的にはひとつのコマンドにひとつの動作であることを教えましょう。

犬がお手をしない理由|3.反抗期によるもの

実は人間と同じく、犬にも反抗期が訪れることがあります。犬は生後半年から1歳になるころに反抗期を迎えることが多い傾向が見られます。これまで覚えてくれたお手以外のしつけもなかなか出来なくなった場合、それは反抗期が理由のひとつかもしれません。

犬の「お手」の簡単なしつけ方法とは?

お手をしている犬

お手のしつけは、コマンドの中では難易度が低く、基本的なものになります。とは言え、基本が大事。手順とポイントを押さえておきましょう。

1.コマンドをはっきり言う

犬のお手は「犬の右手」を「飼い主の左手」の上に置くことを指します。まずは「お手!」とはっきりコマンドを出しましょう。はじめのうちは、犬はまったく理解をしていないため、飼い主が犬の手を持ち、強制的にお手の姿勢にさせます。

そこで思い切り褒めてあげます。まずはこれを繰り返し行います。

2.お手を誘導させる

強制的にお手をすることにより、犬はお手の姿勢を「お手」と学ぶようになります。 そこで次に「お手」のコマンドを出し、左手を犬の前に差し出します。まだ犬にお手が染みついていないため、次は犬を誘導してあげましょう。犬の右手を少し持ち上げたり、お手の姿勢になるまで誘導を繰り返しましょう。

3.成功したら思い切り褒める!

犬のしつけで一番大切なことは、「成功したら思い切り褒める」ことです。少し大袈裟だと感じるくらいに犬を褒めてあげることにより、犬は褒められていることを理解します。そのため、お手の誘導を何度かした後には、犬が自主的にお手の形になるまでじっと待ち、お手を一度でも成功したら思い切り褒め、その後ご褒美を与えましょう。

犬が「お手」をしない|そもそもお手は教えるメリットはあるの?

お手をしない犬

結論から言うと、犬にお手は必ずしも教えなければいけないしつけではありません。 しかし、もちろん愛犬にお手を教えるメリットもあります。どんなメリットがあるのでしょうか?説明していきます。

簡単に成功体験をすることが出来る

お手は簡単なしつけであるため、気軽に犬にしつけの成功体験をさせることが出来ます。 犬のしつけで失敗続きであれば、犬は自信喪失してしまいます。ですが、お手により成功体験をすることが出来れば、犬はほかのしつけにも自信を持って取り組んでくれるでしょう。ほかにも足を触られることに慣れさせたり出来るというメリットもありますが、これが一番のメリットと言えます。

お手は覚えさせておいても損のないしつけ

お手をしている犬

以上のように、犬がお手をしない理由は様々ありますが、基本的にほとんどの犬はしつけによりお手をすることが出来るようになります。生後半年頃から簡単にお手を教えることが出来るため、犬に自信をつけさせるために、お手は“うってつけ”と言えるでしょう。ぜひこの記事を参考にし、犬と「お手」のコミュニケーションをしてみてくださいね。

◎ライタープロフィール
南健汰

南 健汰/ドッグライター

大自然溢れる北海道でドッグトレーナーとして犬を訓練した経験を活かし、2012年より執筆活動を開始。ボーダーコリー2頭、サモエド2頭、猫2頭と暮らしている。犬との生活で大切にしているのは、犬も自分も思い切り楽しむこと。訓練士協会A級ライセンス保持。

この記事をシェアする