magazine

グッズ

2020.07.08

犬の虫除けグッズの選び方!夏のレジャーや草むらも怖くない

梅雨が明けたら本格的な夏。愛犬と夏のお出かけやレジャーを楽しみたい皆さま、虫さされ対策・虫よけはもう万全ですか?
犬にとって脅威となる危険な虫や、タイプ別の虫除けグッズ、そして虫除けスプレーの手作り方法までをチェックしていきましょう。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬の虫除け|注意すべき虫とは?

犬 虫除け

犬の全身を覆っている毛は「被毛(ひもう)」と呼ばれ、犬の身体や皮膚を暑さ寒さ、紫外線、虫などの外的刺激から守る重要な役割を果たしています。
そんな被毛があっても、残念ながら有害な虫にさされてしまうことがあります。場合によっては、虫を媒介して寄生虫や病原体に感染して深刻な問題に発展することもあります。

フィラリアを運ぶ蚊

フィラリア症は、蚊が媒介する犬の病気です。
犬フィラリアに感染した犬の血を吸った蚊が、別の健康な犬の血を吸うことでフィラリアの幼虫が入り込んで感染します。幼虫は皮下や筋肉の中で成長しながら進み、最後は心臓に寄生します。フィラリアはおよそ30cmもの長さまで成長して様々な身体障害を引き起し、放置しておくと死に至ることもある怖い病気です。

フィラリアの寄生サイクル

フィラリアにはオスとメスがあり、犬の心臓の右心室から肺動脈に両方が揃って寄生するとミクロフィラリアを産み出します。ミクロフィラリアは犬の血液に乗って全身に流れていき、このミクロフィラリアを蚊は血と一緒に吸血します。
蚊の体内に入ったミクロフィラリアは成長し、他の犬を吸血する際に犬の体内へ侵入します。その後、皮下組織や筋肉、脂肪などを通り血液に乗って心臓へ向かいます。そしてフィラリアへと成熟します。

マダニ

マダニは犬の皮膚に付くと吸血し、犬の血から栄養を得て成長する寄生虫です。血を吸うときに唾液を犬の身体に入れるのですが、この唾液に対してアレルギー性皮膚炎を起こして非常に強い痒みが伴うのです。
春から秋ごろにかけて活発に活動するマダニは、草むらなどに多くいて、お散歩で付いてしまうことが多いとされています。また、マダニの感染症は人にも感染するので注意が必要です。

ノミ

ノミには数千種類あり、そのほとんどがネコノミで犬にも寄生します。その増殖活動は驚異的で、メスが10匹いると30日後には2,000匹に増殖すると言われています。
気温が13度以上になると活動が活発になるため、5月~10月のあいだには大量に発生するのがノミです。草むらなどにいるノミが散歩中の愛犬に付いて室内に運び込まれると、室内で大量繁殖し始めます。

犬の虫除けグッズの選び方

犬 虫除け

完全に虫除けしようとすれば、予防薬を投与することが一番です。しかし、より手軽にできる虫除けなら、様々なグッズが販売されているので活用してみるのも良いでしょう。3つのタイプを紹介するので、ご家庭にあった方法で虫除けを選んでみてくださいね。

虫除けスプレー

愛犬に使う虫除けスプレーは、化学薬品を使用していない植物成分で作成されたタイプが安心です。ハーブやアロマオイルなど、自然の防虫効果を持つ成分を使用しているものが売っていますね。
ハーブでは「タイム」「パセリ」「ナツシロギク」などがあり、アロマオイルでは「ユーカリレモン」「ゼラニウム」「レモングラス」に虫除け効果があります。植物成分ですので犬にも安心して使用することができます。

商品情報

虫除け首輪

首輪のように着用するタイプの虫除けです。常時着用しておけるので、虫除けのし忘れや、緊急時でも安心です。さまざまな種類がありますので使いやすいタイプを探すことができます。

商品情報

虫除け線香

蚊取り線香と呼ばれるタイプの虫除けで、主に蚊を予防するのに使用します。犬用では安全性を考慮し火をつかわないタイプもありますので、ご家庭にあったタイプを選んでみてください。

商品情報

犬の虫除け|自作の虫よけスプレーにチャレンジするのも◎

犬 虫除け

アロマオイルを使用した虫除けスプレーは、自作することも可能です。

用意するのは、虫除け効果のあるアロマオイルと精製水、無水エタノールの3つだけです。スプレー容器に精製水57mlに無水エタノール3mlアロマオイル3滴入れてよく振って完成。2週間ほど使えるので、お出かけの際に活用してみてください。

犬によってはアレルギーとなる可能性もありますので、パッチテストで確認してから使用するようにしてくださいね。

  • 虫除けになるアロマオイル 3滴
  • 精製水 57ml
  • 無水エタノール 3ml

犬の虫除けで夏もお出かけを楽しもう!

犬 虫除け

この季節は虫除けや虫さされ対策が必須です。愛犬を守るために、安全性の高い虫除けアイテムを取り入れたり手づくりしたりして、愛犬との夏をたっぷりと楽しんでくださいね。

この記事をシェアする