magazine

住まい / 生活

2020.07.18

ドッグシッター資格取得者・体験談ブログ|ニーズ急増中のシッター資格

愛犬家の方は『大好きな犬たちと一緒に仕事ができたらいいな』と一度は考えた事があるのではないでしょうか。そのためにはまず、何か資格を取ろうと考える方も多いはず。ですが、ペットにかかわる資格は多すぎてどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、最近ニーズが高まりつつある『ドッグシッター』について詳しくご紹介したいと思います。実際にドッグシッターの資格を持つ私が視覚取得者目線でお伝えしていきます!

#犬にまつわる仕事/資格

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

ドッグシッターってどんな資格?

ドッグシッター ブログ

ペットホテルが苦手なコの飼い主さんが旅行に行く際や、突然の入院などでどうしても愛犬のお世話ができなくなってしまった時に活躍するのがペットシッターです。その中でも犬のお世話に特化した資格が今回ご紹介する『ドッグシッター』です。

ベビーシッターのドッグ版と言えば分かりやすいと思いますが、ドッグシッターがお客様のお宅にうかがい、お客様の愛犬のお世話をするという仕事になります。ごはんをあげたり、お散歩に行ったり、トイレのお掃除などをおこないます。

試験をおこなっている団体

ドッグシッター資格は『一般社団法人日本ペット技能検定協会』が認定している民間資格です。通信教育大手『ヒューマンアカデミー』の通信講座を受講し、添削課題をクリアすることで取得することができます。

ただし、このドッグシッターの資格だけでは動物取扱業の登録はできないので、開業する場合には『動物取扱責任者』として認められる資格の取得が別途必要になります。

詳しくはこちら

試験項目

テキストやDVDなどで「動物看護・介護学」「トレーニング学」を自宅で学習します。そこに添付されている添削課題を解いて、提出し、すべての課題が合格基準をクリアすればライセンスの取得を申請できます。

試験の頻度

ドッグシッター資格試験は、毎年決まった日時におこなわれるというものではなく、通信講座のため、自分のペースで添削課題に取り組むことができます。

ある程度学習が進んだら、添削課題に取り組んでみましょう。わからない部分はテキストに立ち戻って確認し、理解を深めていけば大丈夫!資格を取得した後に、希望者は実技講習を受けられるプログラムもあるので、知識だけでなく実践形式でのスキルも身につけられます。

【体験談】ドッグシッター取得までの道のり

ドッグシッター ブログ

ここからは、私が実際にドッグシッターの資格を取得しようと思ったきっかけや取得してみてよかったことなどを具体的にご紹介していきます。

取得したきっかけ

犬が好きすぎて、いつかは犬にかかわる仕事をしたいと思っていました。さらに、犬と人との幸せな生活のお手伝いができればいいなとの思いから、まずはドッグトレーナーの資格を取ることを決めました。そして、自分が開業した時に併せて持っていると便利な資格として、ドッグシッターの資格も取ろうと思い、並行して資格を取得しました。

取得してみてよかったこと

この先、愛犬も飼い主さんも高齢化し、ペットホテルにあずけるのも難しいという方が増えていくと思います。そんな時にお客様のご自宅で愛犬のお世話のお手伝いができれば、面倒が見られず保健所などへ連れて行かれるコも減らせるのではないかなと思っています。

動物愛護団体の方たちとは別の方向から、命をつなぐお手伝いができるお仕事だと思うので、その結果として1つでも多くの命をつなぎとめられたらいいなと思います。

こんな人におすすめ

ドッグシッターに必要な要件はズバリ『信頼感・安心感』です。自分がお客様になった立場で考えると、信用できない人には自宅の留守や大切な愛犬を任せられませんよね?どれだけ犬に関する知識を持っていても、お客様からの信頼を得られなければこのお仕事は成り立ちません。

書類仕事もコミュニケーションもきちんとできる方におすすめ

ドッグシッターのお仕事は、犬のお世話だけではありません。契約書類やチェックリストをしっかりと作成し、お客様と一緒に項目の1つ1つを確認していくことも大切なお仕事です。そこをきちんとすることで、お客様の不安を取り除き、安心して愛犬をお任せいただけるスタートラインに立てます。

人とのコミュニケーションが苦手な方や、性格的におおざっぱな方には向かないお仕事です。

ドッグシッターはこの先ニーズの増えるおすすめ資格

ドッグシッター ブログ

私たち人間の世界でも訪問介護などのニーズが高まっているように、ペット業界でも自宅で愛犬のお世話をして欲しいというニーズも徐々に増えてきています。さらに、ドッグシッターと併せて動物看護士や動物介護士などの資格を取得しておけば、お客様のご自宅へうかがってシニア犬などの介護もできるようになるので仕事の幅もグンと広がります。

ドッグシッターは、お客様の留守中に大切な愛犬の命をあずかるという責任重大なお仕事です。気軽な気持ちではなく、しっかりとした覚悟を持って資格取得にのぞみましょう!

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

この記事をシェアする