magazine

健康管理 / 病気

2020.07.22

【獣医師監修】犬も想像妊娠をするって本当?原因や症状を解説

交配をさせたわけでもないのに、愛犬のお腹が膨れてきたり乳汁が出るようになった・・。そんな場合は、想像妊娠をしていることが考えられます。なぜ想像妊娠をしてしまうのか、その原因や主な症状、飼い主さんにできることを理解しておきましょう。

Author :新井 絵美子/動物ライター(監修:加藤 みゆき/獣医師)

この記事をシェアする

犬の想像妊娠とは?

犬 想像妊娠

犬の想像妊娠とは、メスの犬が妊娠していないのに、妊娠しているような状態になることで、正式には「偽妊娠」と言います。発情後1?2ヶ月で起こることが多く、想像妊娠をすると以下のような症状が見られます。

偽妊娠の主な症状とは

軽度の想像妊娠の場合は、乳腺が少し腫れる、透明な乳汁の分泌といった様子が見られる程度です。ただし個体差があり、症状がほとんど見られない場合もあります。

想像妊娠の主な症状としては、以下が挙げられます。どれも一目で分かる症状なので、想像妊娠をしていたら比較的気づきやすいです。

  • 乳腺が発達し白色の乳汁が出る
  • 乳房を舐める
  • お腹が膨らむ
  • 食欲不振
  • 怒りっぽい
  • 巣作り行動
  • ぬいぐるみなどを子犬のように扱い、子育てをしているような行動

他の犬や人にもうつる?

犬の想像妊娠は感染症ではないので、他の犬や人にはうつりません。

犬の想像妊娠の原因

犬 想像妊娠

ここでは、犬の想像妊娠の原因について見ていきます。

性ホルモンのメカニズムが原因

犬の想像妊娠は、性ホルモンのメカニズムと深く関係しています。

犬の身体が妊娠すると、妊娠を維持するためにプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。この女性ホルモンは妊娠していないメス犬も発情後に分泌されます。そして、プロゲステロンの分泌が下がったころに、乳腺の発育や母乳の生成に関与するホルモンであるプロラクチンの分泌が活発になると、想像妊娠の状態になるのです。

人間の想像妊娠のように、「妊娠したい」という願望による精神的な要因で引き起こるものではありません。

想像妊娠しやすい犬種や年齢はある?

上記のようなホルモンの分泌が行われる体の状態であれば、年齢や犬種を問わずどのメス犬にも起こり得ます。妊娠経験のないメス犬だけでなく、出産経験をしているメス犬でも想像妊娠をすることがあります。

犬の想像妊娠の治療法

犬 想像妊娠

想像妊娠は病気ではなくメス犬の生理的な現象なので、数週間で自然に症状がなくなり元の状態に戻ります。しかし、乳腺炎などが起きている場合は、薬物療法が必要なこともあります。

通院にかかる費用

犬の想像妊娠に対して1回の通院でかかる費用は、2,000円程度です。乳腺炎などにより投薬が必要な場合は、その分の薬代もかかります。

犬の想像妊娠を予防する方法はある?

犬 想像妊娠

避妊手術をすれば、想像妊娠を確実に予防できます。また、避妊手術には、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などの発症リスクを大幅に減らせるといったメリットもあります。

ただし、避妊手術は全身麻酔をして行うので、麻酔のリスクが伴います。麻酔の耐性には個人差があり、事前検査で異常がなかったとしても100%安全という保証はありません。このようなメリット・デメリットを踏まえ、家族やかかりつけの獣医師と相談して、避妊手術をするかどうかを決めるのがよいでしょう。

再発する可能性

発情のたびに想像妊娠を繰り返す可能性はあります。想像妊娠を繰り返していると、体にも精神状態にも負担をかけてしまいます。子犬を産ませる予定がないのであれば、避妊手術をして犬の負担を軽減するのも1つの選択肢です。

犬の想像妊娠との向き合い方

犬 想像妊娠

犬の想像妊娠は、病気ではなく生理的な現象なので、予防するには避妊手術をする必要があります。避妊手術をすれば子犬の出産はできなくなってしまいますが、想像妊娠による愛犬の身体的・精神的な負担をなくしてあげられます。ただし、避妊手術には麻酔のリスクなどがあるのも事実です。

どの選択肢がベストなのかは、それぞれの飼い主さんの考え方によって異なります。そのため、家族で話し合うのはもちろんのこと獣医師にも相談して、どのようにするのが愛犬にとってベストなのかを決めることが大切です。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

この記事をシェアする