magazine

健康管理 / 病気

2020.07.20

【獣医師監修】犬の鼻炎とは?症状・原因・治療法・予防法まとめ|犬の病気大事典

犬が鼻水を垂らしていたり、くしゃみをしていたら「風邪かな?」と心配になりますよね。人と同じように、犬もアレルギーなど様々な原因によって鼻炎になることがあります。犬にとってニオイを嗅ぎ分ける鼻はとっても重要な器官。ここでは、犬の鼻炎の原因や治療法、予防法についてご紹介します。

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀/認定動物看護士)

この記事をシェアする

犬の鼻炎とは?

犬 鼻炎

鼻の中の粘膜が炎症を起こした状態を「鼻炎」といいます。

犬の鼻炎の症状

鼻炎の主な症状はくしゃみ、鼻水です。さらさらとした鼻水が出ることもあれば、粘り気の強い鼻水が出たり、鼻詰まりにより口を開けて呼吸することもあります。鼻は鼻涙管(びるいかん)という管で目と繋がっているため、鼻涙管も炎症を起こし涙が増えたり、目ヤニが出ることもあります。

他の犬や人にうつる?

鼻炎自体がうつることは考えにくいですが、鼻炎の原因がウイルスや細菌などの感染によるものであった場合は他の犬にうつる可能性があり、うつされた犬が鼻炎を発症することがあります。鼻炎を引き起こすウイルスや細菌は人に感染するものとは異なるため、人にうつることはありません。

犬の鼻炎の原因とは?

犬 鼻炎

ウイルスや細菌、真菌などの感染によるものや、アレルギー、鼻腔内の腫瘍、口腔内疾患の波及によるものなど多岐に渡ります。慢性で原因のわからないものも多く、特発性鼻炎と呼ばれます。またほとんどの症例で、二次的に細菌感染を伴います。

原因|1.犬ジステンパー感染症

強い伝染力をもった犬ジステンパー感染症は、感染犬の鼻水や目ヤニ、唾液、尿、血液などに接触することで感染し、近距離で空気感染することもあります。成犬や免疫力の強いワンちゃんは軽症で済むことも多いですが、子犬や免疫力の低下した犬が感染するとくしゃみや鼻水、嘔吐、下痢などの症状を呈し、重症化すると痙攣などの神経症状が現われます。 怖い病気ではありますが、ワクチン接種による予防が可能な病気です。

原因|2.アレルギー

人と同じように、犬にもアレルギー体質の子がいます。アレルギーの症状としては皮膚や耳に炎症が起こることが多いですが(アレルギー性皮膚炎)、くしゃみや鼻水(アレルギー性鼻炎)、目の痒みなどの症状が現われることもあります。アレルギー性鼻炎は、アレルゲンと呼ばれるアレルギーのもととなる原因物質が、鼻の粘膜を刺激することでアレルギー反応が起こります。

かかりやすい犬種や年齢

鼻炎を発症する年齢は様々で、ウイルス性鼻炎であれば子犬や免疫力の低下した犬が発症しやすく、口腔内疾患からの波及によるものであれば高齢犬に多く見られます。犬種としては、ダックスフンドやウィペットなど、比較的鼻の長い犬種が発症しやすいといわれています。

犬の鼻炎の治療法とは?

犬 鼻炎

犬の鼻炎の治療法は原因によって様々です。鼻腔内に腫瘍があれば腫瘍の治療、口腔内疾患によるものであれば抜歯などの治療が必要です。抗生剤や消炎剤などを投与することもあります。

治療にかかる費用

鼻炎の原因にもよりますが、診察や薬の処方など一回の治療で4,000~5,000円くらいかかります。

犬の鼻炎の予防方法とは?

犬 鼻炎

犬の鼻炎は原因によって、予防できるものとできないものがあります。 ウイルス感染症に関しては定期的なワクチン接種、アレルギー性鼻炎の疑いがあればアレルゲンとの接触を避けます。歯周病によるものは、歯磨きなど日頃のケアが予防に繋がります。

再発する可能性

犬の鼻炎は治ったと思っても再発したり、慢性化することも少なくありません。薬が処方されていれば、症状が改善したとしても途中で投薬をやめたりせず、獣医師の指示に従いきちんと投薬しましょう。

犬の鼻炎との向き合い方

犬 鼻炎

人と同じで、犬も鼻炎になると辛いものです。犬ジステンパー感染症や歯周病など、鼻炎の原因によっては予防できるものもあるので、可能な限り予防してあげましょう。そして、鼻炎が疑われる症状が見られれば、早めに動物病院を受診しましょう。

◎監修者プロフィール
加藤みゆき 獣医師

加藤 みゆき/獣医師

日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。
日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。

  • 更新日:

    2020.07.20

この記事をシェアする