magazine

ハアハアと呼吸が荒い犬
健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.07.30

犬の呼吸が荒い・早い!ハアハアと苦しそうな原因と対処法【獣医師監修】

愛犬がハアハアと苦しそうな呼吸をしていたり、ガーガーと大きな音のする呼吸をしていると、飼い主さんはとても心配になりますよね。呼吸が荒くなる原因は、生理的なものから命に関わる病気まで様々です。ここでは、犬の呼吸が荒いときに考えられる原因や病気、対処法についてご紹介します。

江野 友紀/認定動物看護士(監修:加藤 みゆき/獣医師)

犬の呼吸が荒い・早い原因とは?

カーペットの上で横になる呼吸が荒い犬

犬の呼吸が荒くなる原因は多岐に渡り、生理的に呼吸が荒くなることもあれば、病気により呼吸が早くなることもあります。

体温調節

人間は汗をかくことで体温調節をしますが、犬の皮膚には汗腺がありません。
犬の肉球には汗腺がありますが、発汗しても体温調節にはあまり影響しないといわれています。犬が体温を下げるときには、ハアハアと開口呼吸をすることで体温を調節しているため呼吸が荒いように見えます。

精神的なもの

犬は緊張したときや不安なとき、興奮したときなど、交感神経が優位に働いている場合に呼吸が荒い状態になることがあります。
原因が排除されれば、荒い呼吸はもとに戻ります。

病気や痛み

犬が何らかの病気にかかっているときや、怪我や腹痛による痛みが原因で呼吸が早くなることもあります。
呼吸が早くなる病気の中には、早急に対処できなければ命を落としてしまう病気もあるため、適切な処置が求められます。

犬の呼吸が荒いときに考えられる病気

呼吸が荒い犬が床に寝そべってぐったりとしている

犬の呼吸が荒いときには、呼吸器系や循環器系の病気、熱中症、胸水や腹水、重度の貧血などが疑われます。ここでは、3つの病気についてご紹介します。

熱中症

犬は暑いとき、体温調節のために舌を出してハアハアと呼吸しますが、それでも下げられないほど体温が上昇してしまっているときには熱中症に陥る危険性があります。
犬の熱中症は命に関わるので、呼吸が荒いときにはタオルでくるんだ保冷剤で内股や脇の下を冷やし、動物病院で治療を受けましょう。

この記事もチェック!

肺炎

犬の肺炎は細菌やウイルス、誤嚥(ごえん)などにより肺が炎症を起こした状態です。
状況によっては急激に悪化することがあるので、呼吸が荒いなど初期の兆候を捉えることが大切です。

僧帽弁閉鎖不全症

犬の心臓病の中で最も多い病気が、僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)です。高齢の小型犬に多く見られますが、例外としてキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは若齢から発症します。
僧帽弁は左心室と左心房の間に位置する弁ですが、この弁が変性し上手く閉じなくなることで、血液が逆流してしまいます。

この記事もチェック!

犬の呼吸が荒い場合の対処法

強い日差しの中で呼吸が荒い犬が辛そうにしている

呼吸困難の原因を取り除くための対処が必要です。

原因によって処置をする

犬の呼吸が荒い原因が単純に暑さによるものであれば、涼しい場所に移動させたり保冷剤で冷やすことによりで呼吸が改善されますが、気管支炎や肺炎が原因であれば抗炎症剤などの投与が必要です。犬に胸水や腹水が溜まっていれば、利尿剤の投与や、胸水・腹水を針などで抜き取る処置をすることもあります。
呼吸が荒い原因がわからない場合は、愛犬の症状や経過をメモして受診する際に伝えましょう。

犬が呼吸が荒いときに注意すべき症状

呼吸が荒い犬が草むらの中で動けないでいる

犬に元気・食欲がない、少しの運動で息切れする、安静時でも呼吸が荒いといった場合は、何らかの病気にかかっているか可能性があります。

起座呼吸やチアノーゼ

犬は呼吸が荒い状態で胸を圧迫すると苦しいときには、おすわりをした状態で前足を開き、首を伸ばして呼吸します(起座呼吸)。また、血中の酸素が低下すると舌が紫色になる「チアノーゼ」の状態になります。チアノーゼは犬にとっても非常に危険な状態なので、すぐに動物病院を受診しましょう。

犬の呼吸が荒い・早いときには異常のサインかも

散歩中に呼吸が荒くなった犬が飼い主の方を振り返っている

いかがでしたか?犬の呼吸は通常、小型犬で1分間に約20回、大型犬では15回くらいです。30回を越えると異常のサインといわれているので、呼吸が荒い状態や早いと感じたら、1分間の呼吸数を数えてみましょう。
呼吸が荒いときは、病気や怪我の可能性もあります。異常があれば、早めに動物病院を受診しましょう。

  • 公開日:

    2020.07.11

  • 更新日:

    2021.07.30

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。