magazine

健康管理 / 病気

2020.07.13

【獣医師監修】犬の目の透明の膜がいつもと違う?原因と考えられる病気

愛犬とコミュニケーションを取るとき、多くの飼い主さんはまず犬の目を見るのではないでしょうか。愛犬のきれいな目がショボショボしていたり、目の透明な膜が濁っていたら、何かの病気にかかっているのではと心配になりますよね。ここでは、犬の目の透明な膜に異常があるときに考えられる原因や、病気についてご紹介します。

Author :江野 友紀/認定動物看護士(監修:加藤 みゆき/獣医師)

この記事をシェアする

犬の目の透明の膜に異常が!考えられる原因とは?

犬 目 透明の膜

黒目の部分の一番外側にある無色透明な膜のことを「角膜」と言います。角膜がいつもと違うと感じたときに考えられる原因には次のようなものがあります。

生理的なもの

人と同じように、犬も目ヤニが出ることがあります。目ヤニは古くなった細胞や組織、老廃物を体外に出すために出たり、散歩で目にゴミが入ったときに出ることもあります。
目ヤニが角膜に付着していると、いつもは透明な目の膜が濁って見えたり、目に傷が付いているように見えることがあります。
少量の目ヤニは正常な代謝反応ですが、量が増えたときは何らかの病気の疑いがあります。

怪我や病気によるもの

散歩で目に花粉や砂が入って角膜を傷つけたり、異物を気にした犬が自分で掻いて傷つけてしまうことがあります。逆さまつげやドライアイ、何らかの目の病気などにより目の透明の膜に異常が見られることがあります。

犬の目の透明の膜に異常が!こんな症状を併発していたら要注意

犬 目 透明の膜

目を開きにくそうにする、涙や目ヤニが増える、結膜(白目)が充血する、瞬膜が出る(目頭方向から白い膜が出てくる)、結膜が腫れるなどの症状を伴う場合には、病気の疑いが強くなります。目に痛みを感じることで、元気がなくなったり食欲が低下することもあります。
その他、目を気にして前足でこする、床に目をこすりつけるなど行動に変化が現れることもあります。

犬の目の透明の膜に異常が!考えられる病気とは?

犬 目 透明の膜

犬の目にある透明の膜に異常があるときに考えられる病気を3つご紹介します。

角膜炎

外傷や感染、涙の減少やアレルギーなどが原因で、角膜が炎症を起こしている状態を角膜炎といいます。
犬が角膜炎になると、結膜が赤くなる、角膜に血管が伸びる、目の表面が白く濁るといった症状が現われます。

角膜潰瘍

角膜の組織が欠けてしまう状態が角膜潰瘍です。犬では多くの場合外傷が原因となり、強い痛みを伴います。
パグやシーズー、フレンチブルドッグなどのいわゆる短頭種は目を傷つけやすいため、発症が多くみられます。

角膜穿孔

角膜潰瘍が進行したり、酷い外傷を受けて角膜の傷が内側まで貫通してしまった症状を角膜穿孔と言います。角膜穿孔の場合は、早急な処置が必要で、早ければ完治させることもできます。
自己血清点眼、抗菌薬やヒアルロン酸点眼の他、外科手術が必要な場合も少なくありません。

犬の目の透明の膜に異常が!取るべき対処法とは?

犬 目 透明の膜

目の透明の膜がいつもと違って見える原因が目ヤニであった場合には、付着した目ヤニを取ってあげましょう。水で湿らせたガーゼや綿棒を使い、丁寧に除去します。ティッシュやペーパータオルは繊維が粗く、目を傷つけてしまう可能性があるので使わないようにしましょう。
目ヤニが増える、結膜が充血するなど他の症状を伴う場合には病気の疑いがあるので、早めに動物病院を受診しましょう。

犬の目に異常が見られたら、様子を見ずに動物病院へ

犬 目 透明の膜

目は身体のほかの部位と比べ、飼い主さんが異常に気付きやすい部位です。毎日観察することが病気の早期発見・早期治療に繋がるので、目ヤニが増えた、目を開きにくそうにしているなど、いつもと違う様子が見られたら動物病院を受診しましょう。

◎監修者プロフィール
加藤みゆき 獣医師

加藤みゆき/獣医師

日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。
日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

この記事をシェアする