magazine

食べもの

2020.07.25

アレルギーに配慮したドッグフード10選|こだわり別に商品をご紹介

人と同じように、犬も体質によってアレルギーを起こします。アレルギーの原因にはハウスダストやノミ、食餌などがありますが、食物アレルギーの場合にはアレルギー用のフードが有効です。ただし、同じ食物アレルギーでもアレルゲンは個体によって異なるため、犬に合ったフードを選ぶ必要があります。
ここでは、アレルギーに対応したドッグフード10選をご紹介します。

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

獣医師がすすめる確かなドッグフード4選

ドッグフード アレルギー 10選

獣医師の指導のもとで与えるフードを「療法食」と言いますが、療法食にはアレルギー用以外にも心臓病や腎臓病、尿路結石などの目的に応じた様々な製品があります。まずは獣医師がすすめる、信頼度の高いアレルギー用フードをご紹介します。

嗜好性の高いアレルギー対策フードなら

日清ペットフードの「ダイエティクス アレルゲンセレクトカット」は、魚由来のたんぱく源を使用し、製造工程におけるアレルゲンの微量な混入にも配慮した安心の国産フードです。ドライタイプとセミモイストタイプの2種類から選ぶことができ、嗜好性に配慮して作られています。
動物病院専用のフードです。

商品情報

動物病院で最も選ばれている「ロイヤルカナン」のフードなら

ロイヤルカナンの「低分子プロテイン」は、食物アレルギーの原因になりにくい加水分解されたタンパク質を使用しています。
体重が気になる犬には、低カロリータイプの「低分子プロテイン ライト」がおすすめです。

商品情報

アレルギーを引き起こしにくいフードを選ぶなら

同じくロイヤルカナンの「アミノペプチドフォーミュラ」は、身体がタンパク質をタンパク質と認識できないよう、アレルゲンの原因になりやすいアミノ酸まで細かく加水分解したフードです。
理論上、アレルギーを起こしにくいフードですが、炭水化物源としてコーンスターチを使用しているため、とうもろこしでアレルギーを起こす犬には使用できません。

商品情報

定番のアレルギー対策フードなら

日本ヒルズ・コルゲート株式会社のプリクション・ダイエット「Z/d Ultra」は、アレルギーの原因となりにくい加水分解タンパク質と、単一の炭水化物(コーンスターチ)を使用したフードです。
小粒で小型犬でも食べやすく、酸化防止成分として自然派成分を使用しています。

商品情報
  • 商品名:【療法食】 プリスクリプション・ダイエット ドッグフード z/d ULTRA ゼッドディー ウルトラ プレーン
  • Amazon商品ページはこちら

安心の国産!低アレルギードッグフード3選

ドッグフード アレルギー 10選

国産の低アレルギードッグフードをご紹介します。

羊の肉を使用したフードなら

ニュートロの「ナチュラルチョイス 成犬用 ラム&玄米」は、ビタミンB群と亜鉛を豊富に含むラム肉を第一主原料に使用しています。
ラム肉は犬のアレルゲンになりにくいといわれており、超小型犬~小型犬でも美味しく食べられるよう、小さい粒設計になっています。

商品情報
  • 商品名:ニュートロジャパン ナチュラルチョイス [超小型犬-小型犬用] 成犬用(生後8ヶ月以上) ラム&玄米
  • Amazon商品ページはこちら

小分けで使いやすいフードなら

メディコート「アレルゲンカット 魚&えんどう豆蛋白」は、アレルギーを起こしにくいえんどう豆やコーンスターチ、魚介類を原料に使用しています。
500g、3㎏、6㎏がありますが、どの商品も小袋で分けられているため酸化しにくく新鮮さが保たれ、いつでも美味しく食べられます。

商品情報

無添加で嗜好性の高いフードなら

株式会社利他フーズの「馬肉自然づくりドッグフード」は、高い衛生管理水準にある熊本中央食肉センターを通過した馬肉を使用しています。作り置きせず注文後に作られており、鮮度が高く品質の良いフードです。
総合栄養食の栄養基準を満たしていないので、多くのエネルギーを必要とする子犬には不向きかもしれませんが、食欲が低下している犬などには最適なフードです。

商品情報
  • 商品名:健康いぬ生活 馬肉自然づくり ドッグフード 馬肉 シニア 犬 アレルギー 無添加 国産 1kg
  • Amazon商品ページはこちら

アレルギーが起きにくいとされる、魚を原料としたドッグフード3選

ドッグフード アレルギー 10選

食物アレルギーの対策として、今までに食べたことのない新しい原料(新奇原料)を与える方法がありますが、アレルギー対策フードには牛肉や鶏肉の代替タンパク源として魚を使用した低アレルギーフードが数多く存在します。

新鮮な丸ごとイワシを使用したフードなら

「アカナ パシフィックピルチャード」は、太平洋で獲れたイワシのみを動物性タンパク源としており、オメガ3により皮膚の健康をサポートします。
アカナには他にもラム肉・鴨肉・豚肉を主原料とする製品もあるので、犬の体質に合わせて選ぶことができます。

商品情報

子犬から高齢犬まで対応したフードなら

「オリジン Six Fish」は、動物性タンパク質として新鮮な魚(サバ、ニシン、カレイ、レッドフィッシュ、アンコウ、シルバーヘイク)を使用しています。
子犬から高齢犬まで、全ライフステージに対応しています。

商品情報

最高品質のサーモンを原料としたフードなら

フィッシュ4ドッグのファイネストシリーズ「サーモン」は、最高品質の養殖サーモンを原材料に使用しています。抗酸化素材の一つと言われるアスタキサンチンや、魚由来のオメガ3・オメガ6をバランスよく摂取できます。
シリーズにはサーディン(イワシ)、オーシャンホワイトフィッシュ(タラ・スズキ・ニシンの白身魚)などがあります。

商品情報

アレルギーに配慮したドッグフードをご紹介しました

ドッグフード アレルギー 10選

アレルギーに配慮したドッグフードは種類が多く、選び方に迷ってしまうかもしれません。まずは愛犬がどの原料に対してアレルギー反応を起こすのかを知ることが大切です。
まずは動物病院でアレルギー検査を行い、獣医師にドッグフードに関して相談すると良いでしょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.07.25

この記事をシェアする