magazine

食べもの

2020.07.01

犬はしめじを食べても大丈夫!手作りレシピ・食べさせる際の注意点と栄養素とは?

私たちにとって身近な存在であるキノコ「しめじ」。お鍋に入れても、炒め物にしても美味しいですよね。料理にも使いやすい「しめじ」は、健康的な犬であれば食べさせても大丈夫な食材です。しかし、与え方には注意が必要になります。まずは「しめじ」に含まれる栄養素・成分をチェックしてから、「しめじ」を使った愛犬のためのレシピを見ていきましょう。

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

犬は「しめじ」を食べても大丈夫!

犬 しめじ

食用キノコに分類される「しめじ」「しめじだけ」は、犬に与えても問題のない食材です。

ぶなしめじ以外にも「〇〇しめじ」と名の付くきのこは存在しますが、現在食用として最も浸透しているのは「ぶなしめじ」となりますので、ここでは「ぶなしめじ」に含まれる栄養素や成分について解説していきます。

ぶなしめじに含まれる栄養成分は大変豊富で、「ビタミンC」「ビタミンD」「ビタミンB1・B2・B6」「ナイアシン」「カリウム」「鉄分」「食物繊維」「アミノ酸」などがあります。特筆すべき栄養素を紹介します。

しめじに含まれる栄養素|1.オルニチン

オルニチンはアミノ酸の一種であり、しじみに多く含まれる成分として有名ですが、しめじにはオルニチンがしじみの5倍以上含まれると言われています。肝臓の働きをサポートする効果が期待できます。

しめじに含まれる栄養素|2.食物繊維(※)

食物繊維は消化管内で消化されない成分で、適度に摂取することで体内で整腸作用などの有用な働きをします。便秘を防ぎ、脂質や糖を吸着して体外に排出する働きがあるため、人間の場合、肥満や高脂血症、糖尿病などの予防や改善の効果も期待できると言われています。

しめじに含まれる栄養素|3.グルタミン・グルタミン酸

しめじに含まれるグルタミンとグルタミン酸は、代謝にかかわる栄養成分なので疲労回復をサポートするとされています。免疫力の強化もできるので病気に負けない体づくりに最適と言われています。

愛犬にしめじを食べさせる際の注意点とは?

犬 しめじ

栄養豊富な食材「しめじ」ですが、どんな食材にも愛犬に食べさせる際の注意点があります。ポイントを押さえていきましょう。

与えすぎに注意

犬はしめじを食べすぎると消化不良を起こし、嘔吐や軟便、下痢を起こす可能性があります。特に初めてしめじを食べたときにはお腹の調子が不安定になりやすいので、まずは少量与え、与えた後は様子に変化が現れないかよく観察しましょう。

加熱し、細かく切って与える

消化しやすいよう、しめじの食物繊維を断ち切るように刻んだり、フードプロセッサーで細かくして与えましょう。生のしめじは消化不良の原因になります。必ず加熱してから与えましょう。

古くなったものは与えない

しめじはあまり日持ちしないので、新鮮なうちに調理して与えましょう。長期間使わない場合は冷凍保存がおすすめです。いったん冷凍すると、栄養価が上がるだけでなく消化しやすくなり、酵素の働きによって加熱後の香りや旨味が増すと言われています。

愛犬のためのしめじを使ったおすすめ手作りレシピ

犬 しめじ

愛犬のための、しめじを使った簡単レシピをご紹介します。

1.しめじと牛肉のごはん

簡単に作れる満足度の高い手作りレシピです。

<材料>しめじ、牛肉、白米、生姜汁
<作り方>
1.牛肉としめじを細かく切り、ラップをして電子レンジで1分ほど加熱します。
2.そこへ微量の生姜汁と白米を入れて混ぜ合わせれば完成です。

2.しめじとわかめの酢の物

ちょっとしたオヤツにオススメのレシピです。

<材料>しめじ、わかめ、酢
<作り方>
1.しめじはいしづきを取り、みじん切りにしたのちラップをして電子レンジで3分加熱します。
2.水で戻したわかめを細かく刻み、しめじと混ぜ合わせます(乾燥わかめを水で戻したものでも大丈夫です)。
3.微量の酢と混ぜ合わせて完成です。

3.きのこのスープ

たっぷりの栄養素と水分補給を同時に叶えるレシピです。冷ましてから与えましょう。

<材料>まいたけ、しめじ、しいたけ、えのき、エリンギなどのきのこ類
<作り方>
1.全ての材料をみじん切りにするか、フードプロセッサーで細かくします。
2.鍋にきのこを入れて水を注ぎます。
3.沸騰してから20~30分煮込めば完成です。

しめじは刻んで加熱してから愛犬に与えましょう

犬 しめじ

与え方に注意すれば、しめじは愛犬に与えても大丈夫な食材です。食べさせる際には細かく刻み、加熱して与えましょう。慣れないうちは栄養バランスのとれたドッグフードを中心に与え、しめじを食べさせる場合には少量を与えるように心がけるといいでしょう。

【参考文献】
厚生労働省 e-ヘルスネット

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.07.01

この記事をシェアする