magazine

犬種図鑑

2020.07.26

アメリカンヘアレステリアの誕生は突然変異?希少犬種のルーツと特徴

アメリカン・ヘアレス・テリアは、名前の通りツルツルで体毛が一切ないのが特徴です。原産国であるアメリカでも頭数が少ないため、日本ではまず見かけることがない希少な犬種です。1980年代に誕生し歴史も浅いのでJKCにも公認されていない犬種ですが、この特徴的な外見をもつヘアレス犬のルーツには興味深いものがあります。
ここでは、今回はアメリカン・ヘアレス・テリアの歴史から、性格や体格、お手入れの仕方について紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

アメリカン・ヘアレス・テリアの誕生の歴史・ルーツ

アメリカン・ヘアレス・テリア

アメリカン・ヘアレス・テリアは、名前にある通りアメリカ原産の犬種です。
1972年に、ラット・テリアの同腹の中から体毛のない子犬が誕生したことが始まりです。突然変異により誕生した無毛の子犬は「ジョセフィーヌ」と名付けられ、無毛の犬を後世に残したいとブリーディングがスタートしました。それから、8年後に無毛の兄弟を出産し、アメリカン・ヘアレス・テリアの基礎犬が誕生しました。

2004年にはUKC(ユナイテッドケネルクラブ)に公認され、2016年にAKC(アメリカンケネルクラブ)にて認定を受けました。原産国であるアメリカでも希少犬であり、他の国ではほとんど飼育されていない珍しい犬種となっています。

犬種グループ

アメリカン・ヘアレス・テリアは、比較的新しい犬種であるためJKC(ジャパンケネルクラブ)に認定されておらず、どの犬種グループにも属していません。
しかし、AKCではテリアグループに分類されているので、JKCで認定された際も「3G:テリア」の犬種グループに属することが予想されます。

アメリカン・ヘアレス・テリアの性格

アメリカン・ヘアレス・テリア

アメリカン・ヘアレス・テリアは好奇心旺盛で人懐っこく、他の犬と遊ぶのも大好きな友好的な性格です。テリア気質も強いため、狩猟犬としての警戒心も持ちます。特に小動物を本能的に追いかけてしまうこともあるため、注意が必要です。

上手なしつけ方

アメリカン・ヘアレス・テリアは、訓練能力が高く賢いためしつけは難しくありません。しかし、テリア気質を受け継いでいるため、警戒心があり吠えてしまうこともあります。

フレンドリーな性格を伸ばしてあげるためにも、生後3~14週間の社会化期には、多くの人や犬と触れ合わせ様々なことを体験させてあげましょう。幼い子犬の時期に室内はもちろん、様々な外の匂いや音などに接することで、人間社会に順応しやすくなります。

アメリカン・ヘアレス・テリアの平均寿命と適正体重

アメリカン・ヘアレス・テリア

ここでは、アメリカン・ヘアレス・テリアの適正体重から運動量、平均寿命について紹介していきます。

適正体重

アメリカン・ヘアレス・テリアの理想体高は30~40cm、理想体重は5.5~7kg前後とされています。大きめの小型犬サイズで、滑らかで筋肉質な体型をしています。

運動量

アメリカン・ヘアレス・テリアは、とてもエネルギッシュな性格をしているので、毎日の散歩は欠かせません。一日最低30分程度の散歩を行いましょう。運動神経も高く、頭もいいためドッグスポーツなどを楽しむことも可能です。
ただ、被毛がないので暑さ寒さ共に弱い傾向にあります。寒さや暑さが厳しい時期には時間帯を調整したり、温度管理された室内で遊ぶなど対策が必要です。

平均寿命

アメリカン・ヘアレス・テリアの平均寿命は14~16年と言われています。全犬種の中でも長生きする傾向にある小型犬の平均寿命が14.2歳と言われていますから、長寿に分類されるでしょう。

アメリカン・ヘアレス・テリアの被毛の特徴

アメリカン・ヘアレス・テリア

アメリカン・ヘアレス・テリアには、全く体毛がないタイプと短く光沢のあるコートをもつ2種類が存在します。どちらの被毛タイプの場合でもお手入れは楽に行えます。

お手入れ方法

ヘアレスタイプの場合は、文字通り被毛がないため、ブラッシングの必要がありません。皮膚を紫外線から保護する被毛がないため、低刺激の日焼け止めを塗るなどのUV対策の他には、濡れたタオルで体を拭いてあげる程度で十分です。

スムースコートの場合でも抜け毛が非常に少ないため、お手入れは簡単です。週に1回程度毛先の柔らかい獣毛ブラシなどを使ったブラッシングと必要に応じてシャンプーを行いましょう。

原産国でも希少なアメリカン・ヘアレス・テリア

アメリカン・ヘアレス・テリア

アメリカン・ヘアレス・テリアは、歴史が浅く原産国アメリカでも飼育頭数は多くありません。アメリカ以外の国では飼育されていることはほとんどないため、日本で迎えるのであれば、アメリカのブリーダーから輸入する形になるでしょう。被毛のお手入れも楽ちんで、しつけも難しくない犬種ですが、アメリカン・ヘアレス・テリアの性質をよく理解し、十分に検討してからお迎えするようにしましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

この記事をシェアする