magazine

犬種図鑑

2020.07.17

チワプーはどんな性格?人気犬種同士から生まれた奇跡のミックス犬

チワワとトイプードルは小型犬の中でも毎年犬種登録数が多く、日本中で広く愛されている代表的な犬種です。そんなチワワとトイプードルという純犬種同士のかけ合わせで生まれたミックス犬「チワプー」は、近年特に人気の集まっている種類と言えます。今回は、チワプーの性格や体型・被毛について、親犬の特徴と合わせてご紹介します。

#チワプー / #ミックス犬

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

チワプーは何と何のミックス?

チワワとトイプードル

チワプーは、チワワとトイプードルをかけ合わせて作られたミックス犬です。どちらの犬種も、人気のある犬種ですよね。ここでは、チワワとトイプードルのそれぞれの特徴を見てみましょう。

チワワ

世界の犬の中で一番小さい犬種と言われているチワワは、大きな目にアップルヘッドという丸い頭が特徴の犬種です。体重は1~3㎏ほどで、成犬になっても子犬のような姿をしています。チワワは気が強い面もありますが、小さい体で活発に動き回り、飼い主に忠実な犬種です。

トイプードル

クマのようなテディベアカットがかわいいトイプードルは、毛色のバラエティーも豊富です。レッドやアプリコットの茶色系は特に人気があります。サイズは3kgほどで、細身の体型をしています。性格は、活発で友好的です。ほかの犬や人とも仲良くすることができるので、多頭飼いにもおすすめな犬種と言えます。

チワプーの性格は?

チワプー

チワプーは、トイプードルの性格を受け継いでいる子が多いようです。チワプーがどのような性格をしているのか見ていきましょう。

陽気で活発

トイプードルの陽気で懐っこいところは、チワプーにも当てはまります。また、遊び好きで活発なところもあるので、散歩やドッグランなどで他の犬と仲良く遊ぶこともできます。

賢く飼いに従順

チワワとトイプードルの飼い主に従順で頭がいいところは、チワプーにも受け継がれています。しつけもしやすく、飼いやすい犬種です。チワワの警戒心の強い面も持っていますので、かわいさから甘やかさず、しっかりとしつけを行いましょう。

チワプーの体型・サイズ・体重

チワプー

ミックス犬は、親犬の特徴の出方によって、同じ兄弟でもまったく違う体型になります。どんな体型になるのか、成長を楽しむことができるのもミックス犬の魅力です。

チワプーの体型

チワワとトイプードルの体型は、3つのタイプに分けられています。チワプーは、どのタイプとどのタイプの掛け合わせによって誕生しているかによって、それぞれ違う体型になる傾向があります。

3つの体型
  • 足が短めのドワーフタイプ
  • 長めの足にスリムな体形のハイオンタイプ
  • 体高と体長が同じくらいの長さのスクエアタイプ

チワプーのサイズ・体重

チワプーは、体高20~30㎝、体重3kg前後で、チワワをひと回りほど大きくしたサイズになります。親犬が小さめのサイズの場合、子どものチワプーも小さめに仕上がることもあります。

チワプーの被毛・抜け毛

チワプー

性格はトイプードル、体型はチワワの要素が強く出ている子が多いですが、被毛にはどのような特徴が出ているのでしょうか。

トイプードルに似たカールした被毛

チワプーの被毛は、トイプードルに似た、ふわふわのカールしている被毛の子が多いです。カールした被毛は、ブラッシングを怠ると毛玉になってしまいますので、しっかりとお手入れが必要です。また、親犬が短毛のスムースチワワの場合、短毛になることもあります。

抜け毛は少なめ

ダブルコートのチワワは、抜け毛が多いですが、シングルコートのトイプードルは、抜け毛が少ないため長く伸びていきます。チワプーの被毛は、トイプードル寄りで抜け毛が少ないようです。

チワプーは動くぬいぐるみ

チワプー

今回は、人気犬種のチワワとトイプードルから生まれたミックス犬チワプーについてご紹介しました。飼い主に従順でしつけがしやすいところや、抜け毛が少ないところなど、見た目のかわいさだけではなく、飼いやすいところが人気の理由かもしれませんね。飼う前にはしっかりと飼育準備をして、そのコの一生を背負う心構えを忘れないでください。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

この記事をシェアする