magazine

犬種図鑑

2020.07.19

コッカープーってどんな犬?性格・見た目・お手入れ方法|犬種図鑑

「コッカープー」とは、アメリカン・コッカー・スパニエルとプードルを掛けあわせた犬種のことを言います。愛嬌があって人懐っこい性格をしているコが多く、優れた両親の容姿や性格のDNAを引き継いでいるとされ、アメリカを中心に人気が高く、コッカプー・クラブ・オブ・アメリカ等の犬種クラブも存在しています。 最近、日本でも純犬種同士を掛け合わせた、いわゆるミックス犬と呼ばれる犬種たちを見かけることも増えてきました。今回は、意外と歴史も長い「コッカープー」にまつわる情報をご紹介します。

#ミックス犬

Author :安田 ハル/ドッグライター

この記事をシェアする

ミックス犬の『コッカープー』ってどんな犬?

コッカープー

コッカープーは、アメリカン・コッカー・スパニエルトイプードルの間に生まれた、アメリカで人気の犬種です。どちらかと言えば見た目はプードルの雰囲気に似ていますが、華奢なトイプードルに比べて、アメリカン・コッカー・スパニエル似の、がっしりとした体格の子が多い傾向があります。 ミックス犬ですので、親犬のどちらに似るかでその体格も違ってきますが、おおよそ、体高25~38センチ・体重5~11キロ程度になります。

「アメリカンコッカースパニエル」はこんな犬

アメリカン・コッカー・スパニエルはアメリカ原産の中型犬です。 猟犬として活躍していた犬種なので、長い被毛の下は意外に筋肉質でしっかりとした骨格をしています。

「トイプードル」はこんな犬

トイプードルはフランス原産の小型犬です。 フワフワやクルクルの巻き毛が特徴で、ぬいぐるみのような可愛らしい外見ですが、水鳥の猟犬として活躍していた犬種ですので、機敏で運動神経も抜群です。

『コッカープー』の誕生の歴史

コッカープーの交配は1960年代から始まりました。最初は単なる雑種とされていましたが、次第にアメリカで人気が高まり、コッカープー同士の交配が行われ、コッカプー・クラブ・オブ・アメリカ等の犬種クラブも設立されていきました。同クラブでは犬種の維持にあたって、容姿を統一することよりも性格の安定化を目指すとされています。

「コッカープー」は性格が優しくてフレンドリーな犬種

コッカープー

アメリカン・コッカー・スパニエルトイプードルも、家庭犬として人気が高く、育てやすい犬種として知られています。 その間に生まれたコッカープーは、両親のDNAを引き継ぎフレンドリーで優しい性格の子が多いため、初めて犬を飼う方や子供がいるご家庭でも安心して飼える犬種と言われています。

一方、好奇心が旺盛で元気な一面もありますので、子犬期はイタズラをすることがあるかもしれません。どの犬種にも言えることですが、子犬のうちにしっかりとしつけをしておくことが大切になります。頭の良い犬種なので覚えが早く、比較的しつけはしやすいです。

親犬の頭の良さは全犬種の中でも上位

トイプードルは頭が良いことでも知られていますね。全犬種の中で頭が良いと言えば、第1位がボーダーコリー、第2位がトイプードルになります。 アメリカン・コッカー・スパニエルは上位20位ほどではありますが、全犬種の中でいうと上位と言えます。

コッカープーの「被毛・抜け毛」のお世話は?

コッカープー

コッカープーはトイプードルの被毛の特徴が出る傾向が高く、フワフワの巻き毛の子が多い傾向があります。 抜け毛が多いアメリカン・コッカー・スパニエルに対し、トイプードルは非常に抜け毛が少ない犬種ですので、コッカープーも抜け毛は少なめになります。 フワフワの巻き毛は、放っておくともつれて毛玉ができてしまいますので、毎日丁寧にブラッシングしてあげてくださいね。

また、トイプードルの被毛を受け継いだコッカープーは、様々なカットスタイルを楽しむことができます。

コッカープーと暮らす穏やかな毎日

コッカープー

今回は、アメリカン・コッカー・スパニエルトイプードルの掛け合わせによって誕生した「コッカープー」をご紹介しました。 見ための可愛さや飼いやすさから、日本でもコッカープーを迎える飼い主さんは増えてきています。 一方で出回っている情報が少ない分、初めての方が育てる上では少しハードルがあるかもしれません。 コッカープーの寿命は他の小型犬と同様に、約12~18年くらいだと言われています。 犬を飼うことは楽しいことだけではないので、最期までお世話することができるのかをしっかり見極めた上でお迎えしてあげるといいですね!

◎ライタープロフィール
安田ハル ドッグライター

安田 ハル/ドッグライター

愛犬のトイプードルと暮らす楽しい毎日。
家族に寄り添って生きてくれている、健気で愛おしいこの子のために「何かできることはないだろうか」これがドッグライターを始めたきっかけでした。
幼い頃から、小型犬・中型犬・大型犬と様々な犬種と暮らした経験を活かし、愛犬家の皆さんに役立つ情報や、楽しく共感していただける記事を発信していければと思っています。
さらに知識を深めるために、動物に関する看護学・栄養学などの資格取得を目指して勉強中です。

  • 更新日:

    2020.07.19

この記事をシェアする