magazine

犬種図鑑

2020.07.18

ポルスレーヌってどんな犬種?犬種図鑑|犬種のルーツ・身体的特徴・育て方まとめ

フランス原産の気品に溢れたスタイルの良い外見と狩猟犬として高い能力を持っているポルスレーヌ。持久力とスピードのある脚と鋭い嗅覚で、シカやイノシシを狩る有能な狩猟犬として活躍していたポルスレーヌは、現在は家庭犬として世界中で愛されています。世界的に見ても個体数は少なく、日本での飼育数も少ないため聞き慣れない名前だという方も多いと思います。今回は、そんなポルスレーヌの歴史から特徴、育て方について紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

ポルスレーヌの歴史

ポルスレーヌ

ポルスレーヌは、フランス原産の嗅覚を使って獲物を追跡するセントハウンドとして作出された古い歴史をもつ犬種です。ここでは、ポルスレーヌのルーツについて詳しくご説明していきます。

フランス原産の有能な狩猟犬

ポルスレーヌの起源は17世紀頃と古く、フランス王室で飼育されていたキングス・ホワイト・ハウンドが先祖犬と言われています。キングス・ホワイト・ハウンドを元に、タルボット・ハウンドやビリー、ハリアーなどを掛け合わせて誕生。シカやイノシシを狩る狩猟犬として活躍し、団体や単独での狩りを行っており、優れた嗅覚とスピードのでる脚力によって、獲物を仕留める能力に優れていました。

1800年代までフランスで最も人気の高い犬種でしたが、フランス革命によって絶滅寸前まで個体数が減少しました。しかし、人気のあったスイスの個体とフランスの個体を使って繁殖し、絶滅の危機は逃れ、そこから1975年にFCI(国際畜犬連盟)によって犬種として認められました。

ジョージ・ワシントンへの贈り物

フランス国王からジョージ・ワシントン大統領への贈り物としてアメリカにポルスレーヌが渡ったと言われています。その後猟犬としてではなく、温厚な性格から多くの国でペットとして飼育されていますが、世界的に見ても頭数は少なくアメリカ・カナダでの頭数は300頭未満となっています。

ポルスレーヌの身体的特徴

ポルスレーヌ

ポルスレーヌはフランス原産の犬種らしい優雅で誇り高い気品のよさと、体躯構成のすべてにおいて高いクオリティーを持っています。ここでは、ポルスレーヌの体格や毛色、寿命などの特徴について説明していきます。

体格・体質

ポルスレーヌの体高はオスが55~58cm、メスが53~56cmとなっています。すらりと伸びた脚はスピードがあり、長距離を走ることができて険しい道も難なく登る脚力があります。そのため、小型の獲物を人間に撃たせるために追い立てる役割を担うのに適していまいした。耳は大きく付け根から垂れているペンダント耳を持ち、鞭状尾(むちじょうお)という鞭のように細長くしなやかで、背中と水平の尻尾を持っています。

毛色・毛質

毛色はホワイトをベースにオレンジのスポットが入っています。耳の広範囲にオレンジのティッキングがあるのがポルスレーヌの特徴になります。被毛はなめらかで光沢のあるスムースコートです。そのため、ポルスレーヌの被毛のお手入れは簡単でブラッシングは週1程度、時折シャンプーをしてあげることで清潔さを保てます。

寿命・かかりやすい病気

ポルスレーヌの平均寿命は約12~13歳です。ポルスレーヌのかかりやすい病気としては大型犬・中型犬に多い、股関節形成不全を引き起こすことが懸念されます。これは、成長期の過剰な栄養摂取など環境要因での発症もありますが、遺伝的要因が大きく影響することが多いため、骨の形成が完成する1~2歳の間に股関節の状態を確認しておくようにしましょう。加えて、外耳炎や皮膚炎なども起きやすいため、定期的なお手入れを心がけて清潔な状態を保ち、細菌繁殖を防ぎましょう。

ポルスレーヌの育て方

ポルスレーヌ

ポルスレーヌは、狩猟犬として活躍してきた犬種ではありまあすが、温厚で穏やかな性格をしており、ペットとしても十分に飼育することが可能です。しかし、環境面や運動量の確保など飼育するにあたり注意点もあります。ここでは、ポルスレーヌの育て方について説明していきます。

環境|広々とした空間で

ポルスレーヌはしつけが入りやすい賢い犬で、温厚なため家庭犬としても人気があります。愛情深く人懐っこい犬種なので、家族のそばにいられる室内での飼育が好ましいですが、とても活動的なためアパートのような狭い空間でも飼育はおすすめできません。小さなこどものいる家庭でも飼育可能ですが、狩猟犬としての本能が働いてしまうこともあるため猫や小動物がいる家庭で迎える際には注意が必要です。

運動|散歩中は匂い嗅ぎができるように

ポルスレーヌは、運動量が非常に多いため単に歩く散歩だけでなく、一緒にランニングするような散歩を1日に数回行う必要があります。ポルスレーヌのストレス発散方法として、臭いを嗅ぎ追跡するということがあげられるため、散歩では犬が満足できるまで臭いを嗅がせてあげましょう。加えて、家族と共にアクティブに活動するのが好きなため、一緒にキャンプやハイキングなどの様々なアクティビティに愛犬を参加させることで犬の運動量と満足感を満たしてあげることができます。

ポルスレーヌと過ごす幸せな時間

ポルスレーヌ

ポルスレーヌは、近年のジャパンケンネルクラブの犬種別犬籍登録頭数に登場しないほど日本ではかなり珍しい犬種です。日本で見かけることはほとんどない犬種ですが、ハンター犬としては珍しく温厚で落ち着いた性格のため、家庭犬としても優れたパートナーになってくれるでしょう。しかし、活動的なポルスレーヌを満足させれる運動量と時間、そして広めの生活環境などさまざまなポイントを抑える必要もあります。ポルスレーヌを迎えるとなるとブリーダーを見つけるのにも苦戦しますが、迎えてからのことも考えてしっかりと検討するようにしましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

この記事をシェアする