magazine

犬種図鑑

2020.07.02

ブラッドハウンドの歴史・特徴・性格のこと|犬種図鑑|嗅覚の凄さは全犬種No.1?

ブラッドハウンドは、全犬種のなかでも最も嗅覚の優れた犬とも言われており、現在では警察犬として世界中で活躍している犬種です。非常に優れた嗅覚をもつブラッドハウンドの起源はとても古く、はるか昔からその嗅覚を使い人間と共に生活をしてきました。今回はそんなブラッドハウンドの歴史から特徴・性格までご説明していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

ブラッドハウンドの歴史

ブラッドハウンド

嗅覚がとても鋭いブラッドハウンドの起源は大変古く、ベルギーの修道院にて飼育されていた猟犬が先祖犬とされています。ここでは、ブラッドハウンドの古い歴史について詳しく紹介していきます。

高貴な血を継ぐ純血の犬

ブラッドハウンドは、7世紀にベルギーのサン・テュベール(セント・ヒューバート)修道院で修道僧達によって飼育されていた黒い毛色のセント・ヒューバート・ハウンドが先祖犬とされています。11世紀にはウイリアム征服王によりイングランドへと渡り、「高貴な血を継ぐ純血の犬」という意味のブラッドハウンドとして改良され、固定されました。13世紀頃になると狩猟が娯楽として人気になりと共にブラッドハウンドも狩猟のお伴として人気が出ました。

フランス革命により数が激減する

しかし、1978年のフランス革命によりブラッドハウンドの個体数もかなり激減し、戦後残ることができたのはブラック・アンド・タンの個体のみだったようです。その後この血統がイギリスから各国へと輸出され広まりを見せました。19世紀頃にはアメリカでもその嗅覚の良さが広まっていき、農場から逃亡した奴隷を探す犬として用いられていました。現在は、世界中でその嗅覚を存分に活かし、行方不明者や犯罪者を探す警察犬として活躍しています。

ブラッドハウンドの特徴

ブラッドハウンド

大型犬のブラッドハウンドは、とてもがっしりとした体格をしており、丈夫な体を持っています。ここでは、ブラッドハウンドの様々な特徴について紹介していきます。

体型、体質

ジャパンケンネルクラブが定めたブラッドハウンドの理想の体高はオスが68cm、メスが62cmで上下4cmまでは許容されているようです。体重は、オスが46~56kg、メスが40kg~48kgとされています。体高より体長の方が長い長方形型です。力強く、骨太で頑丈、筋肉質で調和のとれたバランスのいい体型をしています。頭と顎には噛みつかれてもケガをしないように伸びる柔らかい皮膚が垂れており、深いシワを作ってユーモアのある顔をしています。

毛色・毛質

毛色には、2カラーの「ブラック・アンド・タン」及び「レバー・アンド・タン」と単色の「レッド」があります。マズルから頬、目の上、前胸、四肢、肛門の周囲にタンが配置されますが、場所や境界線に厳密なルールはないようです。単色のレッドは明るいレッドから濃いレッドまであります。毛質は少し硬めで滑らかなスムースコートをしています。

寿命・かかりやすい病気

ブラッドハウンドの平均寿命は8~12歳とされています。たれ耳のため外耳炎などの耳の疾患にかかりやすいので、週1回程度の耳そうじを行いましょう。また、遺伝子的要因が大きいと言われる大型犬特有の股関節形成不全になりやすいため、股関節の状態を確認するようにしましょう。皮膚のシワに雑菌が繁殖し、皮膚炎も起こりやすいため、毎日シワの間を拭いてあげて清潔な状態を保ってあげましょう。

ブラッドハウンドの性格

ブラッドハウンド

ブラッドハウンドという怖そうな名前に反して穏やかで攻撃性はありません。過去には、ブラッドハウンドという名前によって「血に飢えた凶暴な犬」という偽りの噂が広まってしまったこともあったようですが、実際の性格は優しい性格をしています。ここでは、そんな心優しいブラッドハウンドの性格について紹介していきます。

優しく社交的

ブラッドハウンドは、小さな子どもや他の動物に対しても優しく社交的で、飼い主には愛情深い性格です。ただ、機敏に動くタイプではないので、子どもの遊び相手としては物足りなさもあるかもしれません。一度気になる臭いを見つけてしまうと飼い主が声をかけても夢中になりすぎて、やめさせることが難しいということもあります。警察犬や狩猟犬として活躍するほどの賢さもありますが、頑固な一面もあり、力も強いためしつけがしやすい犬種ではありません。

ブラッドハウンドと過ごす幸せな時間

ブラッドハウンド

怖そうな名前とどっしりとした外見をしているブラッドハウンドですが、性格は穏やかで心優しい犬種です。小さな子どもや動物がいる家庭でも飼育可能な犬種ですが、運動量も多く力も強いため初心者向きの犬種ではありません。しかし、しっかりと訓練して主従関係を築いていけば飼い主の役にたつことが好きな犬なので、賢くて頼もしい最高のパートナーになってくれるでしょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

この記事をシェアする