magazine

犬種図鑑

2020.07.05

犬種図鑑|ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーとは?性格・特徴・かかりやすい病気まで

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーという犬種は、ノルウェー原産の大型犬です。日本ではあまり馴染みがありませんが、身体能力が抜群で勇敢、頭も良い優秀な犬種です。今回は魅力的な要素がたっぷり詰まっているノルウェジアン・エルクハウンド・グレーについて、その歴史・性格・特徴、かかりやすい病気などを詳しくご紹介します。

Author :安田 ハル/ドッグライター

この記事をシェアする

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの歴史

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

古代犬種といわれるノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの歴史はとても古く、先祖犬は6000年前のバイキングの時代から既に存在が認められています。8世紀頃にはノルウェーのスカンジナビア山脈でヘラジカやトナカイの狩りをする狩猟犬として活躍。また、勇敢なノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは熊やオオカミから家畜を護る役割もしていました。

ヘラジカ(エルク)の狩りをしていたことから、エルクハウンドという名で呼ばれるようになり、現在でもスカンジナビア半島でヘラジカの狩猟犬として活躍しています。国犬として指定されているノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは、由来のあるノルウェーでは大変人気の高い犬種となっています。

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの特徴は?

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは、体高47~52センチ、体重22~23キロの大型犬です。がっしりとした骨格で、筋肉質な体つきが特徴になります。そして、上に向かってクルリと丸まった尻尾と、ピンと立った耳もノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの大きな特徴です。

寒い地域で暮らしていたこの犬種は、密集したアンダーコートとオーバーコートのダブルコートの被毛に被われています。また、厚い被毛だけでなく皮下脂肪も多いので、ノルウェーの極寒の環境にも適応できる犬種です。

好奇心旺盛×猟犬としての警戒心を持ち合わせた性格

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは飼い主さんに従順で、好奇心旺盛な性格です。大型犬ですが、甘えん坊の可愛い一面もあります。しかし、猟犬として働いていた犬ですので、警戒心が強い一面も持ち合せています。 そのため、子犬の頃に家族以外の人にたくさん触れ合わせておくことで、しっかりとしつけをして警戒心の強さを抑えておくことが大切です。

また、大型犬は引っ張る力が強いので、リードワークのしつけは必須になりますね。

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーのかかりやすい病気

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーのかかりやすい病気は【股関節形成不全】と【皮膚に関する病気】です。

股関節形成不全

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは、【股関節形成不全】いう股関節に炎症が起こる病気になりやすい傾向があります。通常は、骨盤のくぼみに大腿骨というボール状の骨が収まっています。しかし、これが正常な位置に収まらないことで、股関節内に炎症をおこしてしまう病気を股関節形成不全と言います。

遺伝が関係する先天性の場合は、成長期に発症する例が多く、後天性の場合は、肥満により股関節に負担がかかることが原因となることが多いようです。

皮膚の病気

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは、皮膚の病気にも注意が必要になります。寒さには強い犬種ですが、日本の夏のような湿度の高い暑さは苦手です。また、ダブルコートの被毛は蒸れやすいため、皮膚の炎症を悪化させてしまう可能性もあります。そのような理由からも、ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは室内の涼しい環境で育ててあげることが必要となってきます。

飼い主さんの体力、そしてたっぷりの愛情が必要

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

日本では珍しい犬種の、ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーをご紹介しました。飼い主さんに従順でとても魅力的な犬ですが、たくさんの運動量が必要な犬種です。1日に2回、最低でもそれぞれ1時間以上の散歩が必要です。また、それにプラスして体を使った遊びなども取り入れてあげることが理想になりますので、飼い主さんにも体力と時間が必要になってきます。体を動かすことが好きな犬種なので、工夫してたくさん遊んであげてくださいね。

◎ライタープロフィール
安田ハル ドッグライター

安田 ハル/ドッグライター

愛犬のトイプードルと暮らす楽しい毎日。
家族に寄り添って生きてくれている、健気で愛おしいこの子のために「何かできることはないだろうか」これがドッグライターを始めたきっかけでした。
幼い頃から、小型犬・中型犬・大型犬と様々な犬種と暮らした経験を活かし、愛犬家の皆さんに役立つ情報や、楽しく共感していただける記事を発信していければと思っています。
さらに知識を深めるために、動物に関する看護学・栄養学などの資格取得を目指して勉強中です。

  • 更新日:

    2020.07.05

この記事をシェアする