magazine

グッズ

2020.07.31

犬用のノミ・ダニ取り器具を使って愛犬を痒みから守る!室内で使える人気商品も

犬に寄生しているノミやダニは、人間の生活にも影響を及ぼすもの。愛犬がノミ・ダニに寄生されてしまうと痒みだけでなく、病気を併発することもあるので注意が必要です。ノミ・ダニに寄生されないよう愛犬に対して駆除用の経口薬やスポット駆除剤を使うのも1つの解決策ですが、中には耐性を持ってしまったノミ・ダニなどもいて大変厄介ですよね。そこで今回は駆除薬だけに頼らない+αのノミ・ダニの駆除方法を説明していきたいと思います。室内用のノミ・ダニ取り器具の人気商品も要チェックです。

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師(文:明石 則実)

この記事をシェアする

愛犬を守るために|ノミ・ダニの性質に合わせた駆除方法を知ろう!

犬 ノミ・ダニ取り器具

ノミとダニはそれぞれ種類も大きさも違いますし、もっと言えばライフスタイルも異なります。従って、駆除方法も違うアプローチで行わなければなりません。もちろん使う器具も変わってきますね。

ノミの駆除方法

イヌノミやネコノミは非常に小さく、卵を産む数も多くて爆発的にその数を増やします。卵の状態で、すぐに犬の体から落ち、恐ろしいことにハウスダストに紛れて家のあちこちに潜むことになりますね。

成虫になってから犬の体に飛び移りますが、雑菌やウイルスを媒介するため非常に厄介な存在になるのです。できればハウスダストを残さないこまめな掃除などが必要になってきますが、実際に駆除するには捕獲器を置くか、電動吸引機などがあれば、効率的に排除することができます。

ダニの駆除方法

ノミよりも体長が大きいのがダニですが、血を吸うと大きく膨らむため、発見するのは比較的容易と言えます。しかし、ダニの口が刺さったままだと、いくら引き抜こうとしてもダニの口が犬の体に残るので、衛生的に良くありません。

動物病院で駆除してもらうのがベターですが、万が一に備えて、ダニ取り専用のピンセットを使うという手もあります。

犬のノミ・ダニ取り器具の人気商品とは?

犬 ノミ・ダニ取り器具

ここからはノミ・ダニ取り器具の中でも人気の高い商品をご紹介していきます。

1.光に誘引されるノミをまとめて吸着!置き型タイプ

今は犬に付くノミは、ほとんどがネコノミだと言われています。ネコノミは光に誘引される性質を持つため、誘い出したノミを粘着シートで捕獲するわけですね。ただし犬に付いてしまったノミは捕獲できないため、あくまで部屋に潜むノミの駆除用としてお使いください。

商品情報

2.ブラッシングついでにノミ取りを!

愛犬の身体に使うノミ取り用の電動吸引機です。被毛をすいて電動モーターで吸引しながら、ノミを強力にすくいとっていきます。ブラッシングではノミが逃げてしまいますが、こちらのノミ取り吸引機を使えば、取れたノミを機体のケース部分に閉じ込められるので、ノミが飛び散ることなく、安心して処理できます。

商品情報

3.マダニ対策として1つ持っておくと安心

山や草むらに入った際に携帯しておくと便利。マダニを引っ張って取ろうとすると、口の部分だけが残ってしまうので衛生的によくありません。このティックスターはピンセットではなく、二股になった部分で引っかけてクルクル回転させるだけ。簡単にマダニの駆除ができます。大と小の二つのセットですから、マダニの大きさに応じて使い分けできるので便利です。ただし、不慣れな場合には愛犬の皮膚を傷つける可能性もありますので、十分に注意しながら使用しましょう。

商品情報

4.最先端は超音波?カラーに着けてもOKのノミ・ダニケア

ダニを取る器具というわけではありませんが、人には聞こえない超音波を発生させてノミやマダニの寄生を防ぐことができる器具です。カメリーノ大学感染症研究所で、特殊な超音波がマダニ・ノミよけ効果が高いことが実証されました。サイズが小さいので首輪やハーネスに付けても良いですね。内蔵電池の交換は不可で使い切りとなりますが、約1年近くは使用できますよ。

商品情報

自然が大好きなコは特に気を付けたいノミ・ダニ

犬 ノミ・ダニ取り器具

暑くなる夏には、ノミやダニといった害虫は爆発的に発生します。特に外に出る機会が多い犬にとっては注意したい季節なのですね。そんな時は飼い主さんが注意深く観察し、万が一、害虫に寄生された時にはきちんと対処してあげてください。

◎監修者プロフィール
加藤みゆき 獣医師

加藤 みゆき/獣医師

日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。
日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。

この記事をシェアする