magazine

グッズ

2020.07.02

愛犬の皮膚・被毛のお手入れに!

犬用ブラシの基本的な選び方|初めての方にも使いやすいブラシの種類とは?

愛犬のブラッシングは、被毛のもつれをほぐしたり、抜け毛を取り除いて皮膚の新陳代謝を促すものだけではありません。毎日のブラッシングは、飼い主さんと愛犬のスキンシップでもあり、愛犬にとってもリラックス効果の高い、癒される大切な時間なんですよね。今回は愛犬のブラッシング選びの参考にしていただきたい、使いやすい基本的な犬用ブラシ4種類をご紹介します。

Author :安田 ハル/ドッグライター

この記事をシェアする

愛犬に合ったブラシを選びたい!被毛に合うブラシの種類は?

犬 ブラシ

犬の被毛はその犬種によって様々です。そのため、短毛・長毛・カールした被毛・硬い・柔らかい毛など、その被毛に合わせたブラシを選ぶことが大切になります。ブラッシングが苦手な犬でも、ブラシの種類を変えてみると嫌がらなくなった、ということもよくあります。 愛犬が何か嫌がる素ぶりを見せるなぁと思うときは、ブラシの種類やメーカーを変えてみてはいかがでしょうか?

被毛別のブラシの選び方

それでは、被毛タイプ別に選ばれやすいブラシの種類をご紹介します。

被毛の長い犬におすすめのブラシ

被毛のもつれをほぐし、毛玉を防ぐためのブラシです。
・スリッカーブラシ
・ピンブラシ
・獣毛ブラシ(仕上げのツヤ出しに効果的)

被毛の短い犬におすすめのブラシ

抜け毛をきれいに取り除くために使いやすいブラシです。
・スリッカーブラシ
・ラバーブラシ
・獣毛ブラシ(仕上げのツヤ出しに効果的です)

使いやすい犬用スリッカーブラシとピンブラシとは?

犬 ブラシ

それでは、続いてブラシの種類毎の特徴の説明と、実際に販売されているオススメのブラシをご紹介します。まずは基本のスリッカーブラシとピンブラシです。

1.スリッカーブラシ

スリッカーブラシは、一般的に一番多く使われているブラシです。トリミングサロンでもこのブラシが使われていることが多く、比較的、どの犬種にも使いやすいブラシになります。細いピンが細かく並んでおり、柔らかい被毛のもつれもきれいにほぐすことができます。

また、抜け毛がピンの間にからまりやすいので、しっかり取り除くことができる優れものです。スリッカーブラシは被毛の短い犬用・長い犬用があり、体の大きさに合わせてブラシのサイズもS~LLとあります。

商品情報

2.ピンブラシ

ピンブラシはスリッカーブラシに比べピンの数が少ないため、被毛の引っ掛かりが少なくブラッシングがしやすいブラシになります。また、持ち手が握りやすいため、ブラッシングに慣れていない飼い主さんはピンブラシから使い始めることをおすすめします。

商品情報

使いやすくて便利!ブラッシング嫌いの犬にもおすすめのブラシ

犬 ブラシ

続いて、ブラッシングが苦手な愛犬にオススメのブラシの種類と、特殊なパターンで使えるブラシをご紹介します。

3.ラバーブラシ

ラバーブラシは、ゴム製の柔らかいブラシで、スリッカーブラシやピンブラシのようにもつれをほぐす目的で使用するものではありません。被毛が短いタイプの犬の抜け毛取りに使いやすく、ゴム製のため皮膚を傷つける心配もありません。シャンプーをする時に使うことで、抜け毛を取り除きながらマッサージの効果も期待できる優れものです。

ラバーブラシには手袋タイプもあり、その使いやすさから注目されている人気のブラシです。手の平の部分にプツプツのゴムが付いているため、飼い主さんがこれをはめて犬の体を撫でてあげるだけで抜け毛が簡単にとれるアイデア商品ですね。この手袋タイプは、ブラシを嫌がる犬の負担もかなり減らすことができます。また、両手を使ってブラッシングができるため、時間のかかる大型犬のブラッシングも楽にできますよ。

商品情報

4.獣毛ブラシ

イノシシやブタの毛で作られているブラシで、抜け毛を取り除くというより、被毛を整えたり、被毛にツヤを与える目的で使用するものです。 通常のブラッシングのあとの仕上げに使うブラシになります。

商品情報

愛犬に合ったブラシで楽しくお手入れ!

犬 ブラシ

今回は「犬に使いやすいおすすめのブラシ」についてご紹介しました。 毎日のブラッシングは、愛犬との大切なスキンシップになります。また、ブラッシングを通して、愛犬の体の変化にも気付きやすいものです。
皮膚に炎症はないか?
ケガをしていないか?
痛いところはないか?
愛犬の健康チェックをしながら、愛犬との大切な時間を過ごしてくださいね。

◎ライタープロフィール
安田ハル ドッグライター

安田 ハル/ドッグライター

愛犬のトイプードルと暮らす楽しい毎日。
家族に寄り添って生きてくれている、健気で愛おしいこの子のために「何かできることはないだろうか」これがドッグライターを始めたきっかけでした。
幼い頃から、小型犬・中型犬・大型犬と様々な犬種と暮らした経験を活かし、愛犬家の皆さんに役立つ情報や、楽しく共感していただける記事を発信していければと思っています。
さらに知識を深めるために、動物に関する看護学・栄養学などの資格取得を目指して勉強中です。

この記事をシェアする