magazine

住まい / 生活

2020.06.26

良いブリーダーになるには。資格の必要性や歩む道のりを解説

ブリーダーと聞いてどんなイメージがありますか?昨今、多頭飼育によるブリーダー崩壊や悪徳ブリーダーのニュースを様々な場面で見ることがあります。ここでは、良きブリーダーになることを目指す方に向けて、必要な資格や正しい道のり、活躍の場などを紹介します。

#犬にまつわる仕事/資格

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

ブリーダーって何をする人?

ブリーダーになるには

犬のブリーダーとは、犬の繁殖を行う人のことです。
ブリーダーには、ペットショップの犬を普及させるために繁殖を行っている人もいれば、犬質の維持向上に努めている人などと様々です。また、職業としてではなく趣味でブリーダーとして活動している場合もあります。

ブリーダーになるには資格が必要?

ブリーダーになるには

ブリーダーになるには特別資格は必要ありません。
しかし、資格を取得することで犬の繁殖に必要な知識を身に付け、犬舎の信頼度を高めることができます。ブリーダーを目指す人におすすめの資格を紹介していきます。

JCSA認定ドッグブリーダー

JCSA認定ドッグブリーダーは、ジャパンケンネルカレッジの通信講座を通して取得することができます。通信講座は自分のペースで勉強することができるので、自分のペースで知識を身に付けることが可能です。
また、実技もあるため、実際に子犬と触れ合いながら学ぶことができる点も魅力です。

JKC愛犬飼育管理士

一部の自治体では、JKC愛犬飼育管理士を必須の資格とされています。
ジャパンケンネルクラブは愛犬管理士になりたい人のための講演を毎年行っています。興味がある人は一度参加してみてくださいね。

ブリーダーになるまでの道のり

ブリーダーになるには

ブリーダーは命を扱う仕事なので、しっかりと責任を持って正しい道のりを辿りましょう。
ここでは、ブリーダーになるまでの道のりを解説していきます。

ブリーディングに関しての知識を身につける

実際に犬の繁殖を始める前に、出来るだけ多くの知識を身に付けましょう。自分が繁殖する犬種の犬種標準、遺伝疾患、歴史などを学び、自分の犬舎のビジョンを立てましょう。
また、独立しているブリーダーに弟子入りし、繁殖から出産まで立ち合わせてもらうのもとても効果的な方法です。他のブリーダーから直接学ぶのが困難なのであれば、なるべく多くの講座を受講し、情報をたくさん集めるようにしましょう。

自分の犬舎の台雌を探す

自分の犬舎の目標やビジョンが大体決まれば、次は台雌を探さなければいけません。台雌は犬舎のベースとなり、今後の繁殖や犬舎の方向性に大きく関わります。そのため、信頼できるブリーダーから健康で犬種標準に近い台雌を選ぶ必要があります。

自治体へ届け出を出そう

ブリーダーになるには資格は必要ありませんが、自治体に届け出を出す必要があります。必要な書類や資格は都道府県によって異なるので、自分の地域の役所に連絡し必要な書類を全て提出するようにしましょう。

ブリーダーの活躍の場は?

ブリーダーになるには

遺伝子検査を行い、犬質を証明するためにドッグショーや競技会へ参加しているのであれば、ブリーダーとして子犬を販売するだけでは生計を立てることは困難でしょう。実際にそれが困難だからこそ、最近ではお金を優先して犬のケアが怠ってしまうブリーダー崩壊の悲惨なニュースを見かけることもあります。

一方で、犬種向上への情熱があり、お金儲けが第一の目標でないのであれば、ブリーダーの活躍の場はたくさんあります。

犬質の維持向上に取り組む

ブリーダーになるうえで最も大切なのが、犬質の維持向上に取り組むということです。
犬質とは、犬の健康状態、体格、性格のことです。犬質が高い犬はペットとし飼育しやすく、より長くて健康な生活を楽しむことができます。質が高い犬を生み出すのはたくさんの飼い主を幸せにするだけではなく、新しい世代の犬の生活の質を高めるのにも繋がります。

優れた作業犬の繁殖

最近、様々な働く犬が注目を集めています。しかし、どんな犬でも警察犬や盲導犬に向いているわけではありません。優れた作業犬の繁殖に取り組むことで、たくさんの人を助けることができます。作業犬の繁殖に取り組む前に、どのような犬を必要としているかをよく研究し、実際にそのフィールドで学ばなくてはいけません。

ブリーダーを目指すならしっかりと考えよう

ブリーダーになるには

ここでは、ブリーダーになるためにしなければいけないことを紹介していきました。
資格を取得したからといって良いブリーダーになれるとは限りません。良いブリーダーになるには明確な目標とたくさんの労力や時間が欠かせないのです。ブリーダーは命を扱う仕事でもあり、責任は重大です。犬のブリーダーになる前に、自分は本当に向いているかどうかをしっかりと考えるようにしてくださいね。

ジャパンケンネルクラブ、american kennel club, ジャパンケンネルカレッジ、徳島県動物管理愛護センター

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.06.26

この記事をシェアする