magazine

お出かけ / 遊び

2020.06.01

愛犬の七五三を祝おう!愛犬と一緒に祝える全国各地の神社巡り

今や家族以上の存在と言っても過言ではない愛犬たち。誕生日はもちろんですが、そのほかの節目にも一緒にお祝いしたいですよね。 初詣などに愛犬と一緒に行ける神社も増えてきていますが、愛犬の七五三のお参りができる神社もあるのをご存知でしょうか? 今回は、愛犬と一緒に行ける全国の神社をご紹介します。

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

愛犬の七五三を祝う前に|そもそも七五三とは?

犬 七五三

そもそも七五三とはどんなお祝いなのか、正確に知っている方は少ないのではないでしょうか。ここで一緒におさらいしていきましょう。

昔から日本には『七つまでは神のうち』という言葉がありました。7歳までこどもは神様からの預かりものだという考え方で、特に3歳までは病気やケガでなくなってしまう子が多く、7歳まで無事に育って初めて人間として受け入れられ、その喜びを盛大に祝うという風習が今の七五三の起源だと言われています。

平安時代~鎌倉時代の儀式

当時のこどもは将来豊かな髪になるようにと髪を剃っていたのが一般的で、3歳になると男女ともにその髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」をおこない、そして男の子は5歳で初めて袴を身につける「着袴の儀(ちゃっこのぎ)」を、女の子は7歳になると帯を締め始める「帯解の儀(おびときのぎ)」という儀式を行う風習がありました。

明治時代に変化する七五三

明治時代にはそれらの儀式を総称して『七五三』と呼ぶようになり、庶民にもそのお祝いが広がり始めました。 一般的には11月15日に参拝する七五三ですが、なぜこの日になったかというと、徳川家光が自身の子である徳川綱吉の健康を祝った日に由来していると言われています。

関東・中部・甲信越で愛犬の七五三ができる神社

市谷亀岡八幡宮

東京都新宿区にある『市谷亀岡八幡宮』では、ペット祈祷に力を入れています。初詣や祈祷などは予約をすれば愛犬と一緒にお祓いをしていただけます。
さらに、こちらの神社では七五三だけでなく『ペットの成人式』ができる事でも有名です。

武蔵御嶽神社

東京都青梅市にある武蔵御嶽神社では、一年を通して愛犬と一緒の祈祷が可能です。こちらの神社の神様は、「大口真神(おおぐちまがみ)」といって昔から近所の方たちには「おいぬ様」と呼ばれ親しまれています。実際には犬ではなく白狼の神様なのですが、おいぬ様の愛称で親しまれる神社でのご祈祷はご利益がありそうですよね。

近畿・四国・中国地方で愛犬の七五三ができる神社

小野住吉神社

兵庫県小野市にある住吉神社では、愛犬の通常祈祷に加え11月には3日間限定で特別祈祷が受けられます。特別祈祷では『犬幸の舞』という神楽が披露され、目でも楽しめるイベントとなっています。

不二山観音寺

和歌山県にある『不二山観音寺』は、なんとオシャレなダイニングが併設されている珍しいお寺なんです。おいしいランチをいただいた後に愛犬と一緒にご祈祷も受けられるので、飼い主さんも愛犬も満足できること間違いなし!

東北・北海道で愛犬の七五三ができる神社

宮城県護国神社

宮城県にある護国神社でも愛犬の七五三のご祈祷が受けられます。こちらの神社には天皇家の方々もお参りにいらっしゃったことがあるほど由緒ある神社です。

寒河江八幡宮

山形県寒河江市にある寒河江八幡宮には『たけゆき君』という看板神社犬がいます。県内屈指のパワースポットでもあり、秋には流鏑馬(やぶさめ)も行われるので、愛犬と一緒に参拝してみてはいかがでしょうか?

愛犬の七五三祝いで健康長寿を願おう!

犬 七五三

愛犬の七五三は、犬年齢で祝っても人年齢で祝ってもどちらでもOK!あるいは、そこの神社へ何回参拝したかを数えて七五三のお参りとしてもいいという神社もあります。とにかく、愛犬の健康と健やかな成長を心から願う気持ちさえあれば、どのタイミングでお祝いしても大丈夫なので、着物でかわいくキメた愛犬と一緒に七五三参りに出かけてみるのも楽しい旅になりそうですね。

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

  • 更新日:

    2020.06.01

この記事をシェアする