magazine

住まい / 生活

2020.06.18

小型犬にだって散歩は必要!頻度や時間、楽しく散歩するコツを紹介するよ

小さくて体力の少ない小型犬でも散歩に行くことは、愛犬の心と体の健康に役立ちます。散歩に行くことで脳が活性化され、長生きの秘訣にもなると言われてもいるため、小型犬であっても積極的に散歩などを通じて愛犬とコミュニケーションを図るべきです。とは言え、愛犬が疲れてぐったりしてしまう散歩はNG。適度な散歩が求められます。そこで今回は、小型犬に適した散歩の時間や頻度、散歩を楽しむコツから便利グッズまでご紹介します。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

小型犬に適している散歩の頻度・時間は?

小型犬の散歩

チワワやポメラニアン、ヨークシャーテリアなどの超小型犬に分類される犬種の運動量は少なく、室内で遊ぶだけでも事足ります。

しかし、それでも散歩が必要なのは気分転換や社会性を身に着けたり、飼い主とのコミュニケーションの時間になるからです。超小型犬の場合は、運動をするための散歩というよりも外の世界に出て、リフレッシュしたり社会化を身につける機会と考えましょう。

小型犬の散歩時間の目安

超小型犬の場合は、1回に15~20分程度を朝晩の2回、小型犬は1回に30~50分程度を朝晩の2回を目安に行いましょう。とは言え、小型犬といっても犬種や個体によって散歩時間は大幅に異なります。

トイプードルやミニチュアシュナウザー、ミニチュア・ピンシャーなど活発な犬種だと1回に40~50分、特に活発なジャックラッセルテリアは、1回に60分以上と大型犬並の散歩時間が必要な犬種もいます。

毎日、散歩に出かけているのに、日中無駄吠えが多かったり、走り回りイタズラをするようなら散歩時間が足りないのかもしれません。日頃の様子を確認しながら愛犬にあった散歩時間を見つけてあげましょう。

小型犬との散歩をより楽しくするコツ

小型犬が散歩しに外に出ている様子

最近では、散歩嫌いの子も多くなっており、快適な室内で暮らしている小型犬には特に多いようです。折角毎日散歩に出かけるなら、愛犬に楽しんでもらいたいものです。散歩を特に嫌っていない子でも、より散歩を楽しめるコツを紹介します。

散歩コースを変える

愛犬が散歩の基本的なルールを覚え、外の世界に慣れるまでは同じコースを散歩するのがいいですが、慣れてきたら他の道を歩いてみましょう。

毎日同じ道を歩いていてはマンネリ化してしまい、飼い主も犬も退屈になるかもしれません。散歩を嫌がる子の中には、ある特定の場所で怖かったり、嫌という理由もありますから、その原因を取り除くことにもなります。

また、違うコースを散歩することで脳が刺激を受け、若さを保ち認知症予防にもなると言われています。少し違う道を通ったりと変化を付けた散歩をすると新鮮な風景や匂いを感じることができ、徐々に散歩を楽しく感じてくれるようになるでしょう。

飼い主自身が愛犬との散歩を楽しむこと

毎日仕事で疲れている状態で、散歩に行くのはなかなか大変で面倒…という方も少なくないでしょう。愛犬との散歩が”義務”になっていると散歩を楽しめなくなるものです。犬は飼い主の気持ちを敏感に読み取ります。飼い主が楽しくなく、面倒くさそうに散歩するなら愛犬も散歩が楽しいものではなくなるでしょう。

愛犬とアイコンタクトをとったり、話しかけたりしながら散歩してみてください。散歩は愛犬とのコミュニケーションの時間でもあります。また、犬は、飼い主が話しかけることによって安心感や幸福感を得られると言われており、散歩が苦手な犬も気持ちを落ち着かせて散歩できるようになるかもしれません。

小型犬と散歩を楽しむためのおすすめ便利グッズ

小型犬が散歩

愛犬の散歩に出かけるとき、より愛犬との散歩に集中し楽しめるおすすめの便利グッズを2つ紹介していきます。

散歩中のうんちの匂いも気にならない!まるごとトイレに流せるフン処理パック

うんちを袋に入れたまま、トイレに流すことができる便利なうんち袋です。水溶性分解フィルムを使用しているため、全て水に溶けて水洗トイレが詰まる心配がありません。袋から出すこと無くうんちを処分できるので、手間が省けて手が汚れる心配もなく衛生的です。

商品情報

両手がフリーで愛犬との散歩がもっと楽しい!犬用 ウエストポーチ

携帯や財布、愛犬のおやつやマナー袋などを入れることができる大容量のウエストポーチです。両手があくので、愛犬を抱っこするのにも邪魔になりません。片手があけば、おやつをさっと与えることができたり一緒に走ってみたりと、いろんな動作がスムーズに行えて愛犬との散歩がさらに楽しめます。

商品情報

愛犬との散歩をもっと楽しもう!

小型犬が元気にこっちを見ている様子

体の小さな小型犬であっても毎日の散歩は欠かせません。ただの義務のように出かけるのではなく、散歩を愛犬も飼い主も楽しめるようになるのは、素晴らしいことです。長生きの秘訣にもなるため、少しの時間でもいいので毎日楽しく散歩にでかけましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.06.18

この記事をシェアする