magazine

住まい / 生活

2020.06.07

愛犬のための保険の選び方とは?比較するポイントを理解して納得できる保険を

愛犬にもしものことがあったときのためのペット保険。加入しようと思っても、かかる保険金はもちろんのこと補償内容も様々で、どの保険会社のどのプランを選んだら良いかわからない、と迷う飼い主さんは多いと聞きます。なかなか未来のことを想像するのは難しいことですよね。ここでは、そもそも保険に加入できる条件や、ペット保険の種類や内容をご紹介します。ぜひ未加入でお悩み中の方は、愛犬のための保険の選びのポイントをチェックしてみましょう。既に加入中の方も見直すチャンスかもしれません。

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

犬の保険の選び方|加入条件を確認しておく

犬の保険の選び方

ペット保険には各社加入条件があり、その条件に合わない場合は該当する保険に加入することができませんので、まずは条件からチェックしていきましょう。

原則、健康体であることが大切

保険会社により加入条件には違いがありますが、共通の前提として「健康体」であることが重要になります。健康体の定義も各社違いがあり、過去に病気や怪我があっても加入する半年~数年罹患歴が無ければ健康体とする保険会社もあります。保険会社が指定する病気を過去に患っていた場合、加入するための条件が厳しくなったり、加入することができないことがあります。

契約可能年齢による条件があることも

ペット保険は、人間の保険と同じように加入できる年齢に上限があります。おおむね7才前後に設定している保険会社が多く、8才以降になると選択肢が限られてきます。この年齢は人間の中高齢期に当たり、病気や怪我のリスクが高まるとされています。

犬の保険の選び方|かかりやすい病気を把握しよう

犬がこっちを見ている様子

犬のペット保険の請求理由で多い例には、外耳炎や皮膚病、歯周病などがありますが、犬の種類や年齢によってもかかりやすい病気があります。かかりやすい病気を把握することでどんな診療が必要か確認し、必要な補償内容を確認しましょう。

犬種による違い

ダックスフンドは椎間板ヘルニアになりやすい、キャバリアやチワワは心臓病になりやすい、ゴールデンレトリバーは外耳炎になりやすいなど、犬種によってかかりやすい病気に違いがあります。

年齢による違い

1才未満の子犬は環境の変化によるストレスや、寄生虫などが原因で下痢や嘔吐での通院が多い傾向にあります。高齢になると、心臓病など慢性的な病気が多くなります。

犬の保険は種類や年齢により保険料が異なる

犬の保険の選び方

ペット保険の保険料は、ペットの種類や品種、年齢などにより変わってきます。犬の場合の多くは小型犬・中型犬・大型犬などで分類され、混血種(ミックス)の場合では体重によって保険料が決められることが多くなっています。

これらの分類と加入時の年齢により保険料が決められることが一般的で、人間と同じように高齢になるにつれ病気や怪我のリスクが高まるため、それに伴い保険料も高く設定されるケースが多い傾向があります。

犬の保険の保証プランを比較する

犬 保険 選び方

ペット保険は、保険会社や選ぶプランにより、どこまでの内容が保証されるかは様々です。

保証内容

通院から入院や手術まで幅広く保証している保険や、高額になりがちな手術に特化したものなど、ペット保険の保証内容は多岐に渡ります。日帰り入院や短期間の入院に対応したものもあります。また、通院に対する保証が無期限のプランや、20日までと制限が設けられたものもあります。

保証割合

保証割合はペットが治療を受けたときに実際かかる費用に対して、何%の保険が支払われるかを示したものです。50%や70%、会社によっては100%などのプランがあります。

オプションで付けられる特約

特約も保険会社によって様々です。愛犬が他人に咬みついてしまったり物損事故を起こしてしまったときに損害賠償責任を保証してもらえる特約や、ペットが亡くなったときの葬儀代や仏具などにかかる費用を保証する特約、事故や病気で断脚した犬のための車いすの費用の保証などがあります。

愛犬のための保険の選び方|ポイントを押さえて徹底比較

犬 保険 選び方

犬の保険に「これなら正解!」というものはなく、どの保険がベストかはケースバイケースです。しかし、犬種によってはかかりやすい病気がある程度予測できたり、子犬は病気よりも怪我や誤飲の危険性が高いということが分かります。保険の保証内容をよく確認し、愛犬に必要な保証が何かを見極めた上で最適な保険を選ぶことが大切です。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.06.07

この記事をシェアする