magazine

犬を迎える

2020.06.11

シャーペイの子犬の成長スピードは?初めてのことを始めるタイミング

皮膚がシワ寄っている個性的な外見がかわいいシャーペイ。日本ではほとんど見かけない希少な犬ですが、そのユーモアたっぷりの外見から世界中で人気のある犬種です。今回は、そんなシャーペイの子犬がどのように大きくなっていくのか、成長過程から育て方について紹介していきます。

#シャーペイ

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

シャーペイの子犬が生まれるまで

シャーペイ 子犬

ここでは、シャーペイの子犬がどのように生まれてくるのか説明していきます。

妊娠期間

犬の妊娠期間は、約63日程度です。
この期間は、小型犬でも大型犬でも変わることはなく、早産になるケースは稀です。交配から22~30日程度で妊娠を確認でき、それから約1ヵ月後には子犬が生まれてきます。

生まれる頭数

シャーペイが1度の出産で産む子犬の頭数は、平均4~6頭と言われています。お腹のなかに胎児が何頭いるのかは、交配から22~30日後に確認できます。

シャーペイの成長スピード

シャーペイ 子犬

ここでは、シャーペイの子犬がどのように大きくなっていくのか体重と外見の変化について紹介していきます。

体重の変化

シャーペイの出生時体重は、約200~300gと言われています。生後25~30日後には出生時体重の4倍になり、生後3ヵ月頃には7~9kg程度まで成長します。生後6ヵ月には13~18kgになり、生後約10~12ヵ月齢頃まで緩やかに成長していき、成犬時の体重に到達します。

成長に伴いシワが減少

シャーペイの最大の特徴である皮膚のシワは、子犬のうちは全身を覆っています。
全身シワシワだったのが、成長に伴って体のシワがなくなり、首より上の頭部のみに見られるようになります。

シャーペイの子犬を迎えたら

シャーペイ 子犬

ここでは、シャーペイの子犬を家族に迎えてからのお世話の仕方について紹介していきます。

ごはんの与え方

子犬を迎えてすぐの時期は、ペットショップやブリーダーからそれまで与えていたフードの種類、回数や与える時間帯などを聞いて、聞いた通りに与えましょう。

また、子犬は胃が小さく消化器官が未発達なため、一度にたくさんの量のごはんを消化することができません。そのため、1日分の給与量を生後6ヵ月頃までは、1日3回に分けて与えるのが好ましいです。しかし、仕事や用事などで1日3回与えるのが難しい場合は、ぬるま湯でしっかりとフードをふやかすなど子犬が消化しやすいよう工夫して与えるといいでしょう。

子犬とのはじめての体験のタイミング

新しい家族がやってきたら、すぐにでもいろんなことを一緒に行いたいとワクワクすることでしょう。しかし、子犬はとてもデリケートなため、散歩やシャンプーなどを始めるタイミングには注意を払う必要があります。

散歩を始めるタイミング

子犬を散歩に連れて行けるようになるのは、2回目のワクチン接種を終えてから1~2週間後です。免疫力のない子犬が様々な感染症への抗体を完成させるために2回のワクチン接種が必要になると言われているからです。
しかし、接種したワクチンの種類によってや獣医師の判断で3回目のワクチン後と言われることもあるため、その場合は指示に従いましょう。

シャンプーを始めるタイミング

シャンプーを始めるタイミングは、ワクチン接種前後の1週間を避ければ、いつからでも可能です。
しかし、おうちに迎えてすぐの時期は環境と飼い主に慣れていない状態なため、必要以上にストレスや水への恐怖心を抱かせてしまいます。体調を崩したり、シャンプー嫌いにならないためにも、子犬が落ち着くまでは蒸しタオルなどで拭くだけにするなどシャンプーは避けた方がいいでしょう。

しつけを始めるタイミング

しつけは、なるべく早いうちから始めた方がいいため、子犬を迎えたその日から行いましょう。
ただ、お迎えした子犬が生後3ヵ月未満の子犬なら、3ヵ月になるまではしつけよりも愛情をたっぷりと注いで精神的に安定させてあげることを優先してあげてください。

気を付けたい病気

シャーペイは、遺伝性疾患が起こりやすいと言われています。
特に緑内障や眼瞼内反症、チェリーアイ、まつ毛乱生などの眼病が多いとされています。
また、シワシワの皮膚は汚れが溜まりやすく皮膚疾患も起こりやすいため、予防のためにこまめなお手入れが必要です。

シャーペイの子犬と楽しい日々を送ろう

シャーペイ 子犬

子犬の成長スピードはとても早いので、お迎えしてから数ヶ月間の間は急激に成長していきます。子犬との楽しい日々はあっという間に過ぎていくので、後悔の無いよう迎える前から家族でしつけ方を統一させたり、お手入れ方法、環境などをしっかりと整えてお迎えすることを心がけましょう。シャーペイは、頑固な一面もあるためしつけには根気が必要ですが、幼いうちから主従関係を築きながら楽しくトレーニングしてあげてくださいね。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!