magazine

お手入れ

2020.06.30

イエロー系の毛色を持つ犬はどのくらいいる?細かな色別に該当犬種を見てみよう

犬の毛色にはたくさんの種類がありますが、イエロー系といえば、どんなカラーを思い浮かべますか?黄金色と称されるゴールデンレトリーバーのふさふさの毛並み?短毛で滑らかな肌触りで複数カラーが混ざることの多いビーグルでしょうか?イエロー系の毛色とは、犬の場合、主にクリームや薄茶色・金色などを指すのですが、今回はそれぞれのイエロー系のカラーに合わせた犬種をたくさん紹介していきます。

Author :明石 則実/動物ライター

この記事をシェアする

犬の毛色「イエロー系統」ってどんな色?

イエロー系の犬の毛色

犬の被毛のカラーは主に、ホワイト系統・ブラック系統・ブラウン系統・レッド系統・グレー系統・イエロー系統と大きく6系統に大別されます。

今回のテーマ「イエロー系統」については、ホワイトとレッドの中間的な位置づけとなり、同じイエロー系統といってもタイプは様々です。ホワイトに近いくらい色が薄いクリームや、まるで金色に輝くかのようなブロンドだったりします。またセーブルやフォーンのような複雑な色のパターンを見せることもありますね。ここからはイエロー系統をさらに細分化して犬の毛色毎に該当する犬種をご紹介します。

イエロー系統「ブロンド」の毛色を持つ犬種とは?

ブロンドとは金色や、それに近い色調を帯びた被毛のことを指します。日光に透かしてみるとキラキラと輝くように美しく、優雅でエレガントな印象を与えますね。特に長毛の犬種に似合うカラーだと言えるかもしれません。

イエロー系統「ブロンド」の毛色を持つ犬種|1.ゴールデン・レトリーバー

イエロー系の毛色を持つゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの毛色はブロンド(ゴールデン)またはクリームとなっており、わずかなホワイトの部分は胸にだけ許容されていて、まさしく全身が金色に輝くような優美なスタイルが特徴です。過去にはフラットコート・ゴールデンや、イエロー・レトリーバーと呼ばれていた時期もありましたが、1920年にゴールデン・レトリーバーという犬種名に統一されています。

イエロー系統「ブロンド」の毛色を持つ犬種|2.プーリー

イエロー系の毛色を持つプーリー

寝そべっていると、まるでモップのようだと言われるプーリーですが、被毛のカラーにはブラック、フォーン、ホワイトとプラチナブロンドがあります。プラチナブロンドとは、いわゆるプラチナ(白金)とイエローの中間色のこと。豊富で長い被毛はカール状や縄状になっていて、お手入れは大変であるものの、独特の存在感が人気の犬種です。

イエロー系統「ブロンド」の毛色を持つ犬種|3.ヨークシャー・テリア

イエロー系の毛色を持つヨークシャー・テリア

光沢があって艶やかな被毛が特徴のヨークシャー・テリアですが、子犬の頃は身体全体の毛色が黒っぽく覆われていて「漆黒」とも呼ばれます。その後、成長を経て毛色が七変化すると言われており、2歳を過ぎた頃にちょうどJKC公認カラーでもある「ダーク・スチール・ブルー&タン」が後頭部から尾の付け根まで入ってきます。顔周りや首周りのブロンドとのアクセントがちょうど良く、ヨークシャー・テリアらしい品格を醸し出していますね。

イエロー系統「ブロンド」の毛色を持つ犬種|4.ミニチュアダックスフンド

イエロー系の毛色を持つミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドの代表的なカラーであるブラウン色よりもちょっぴり赤みの少ない色をイエローやブロンドと表現することがあります。イエローのなかにもいくつかの種類があり、比較的赤みが強いカラーを「レディッシュ・イエロー」、少し黒色っぽい毛が混ざっているイエローを「シェイデッド・イエロー」と呼びます。数ある認定色からクリーム色が外されてイエローに移行することで、今後はイエローの登録数が伸びてくるかもしれませんね。

イエロー系統「レモン」の毛色を持つ犬種とは?

レモン色の被毛とは、少し薄い明るいイエローのことで、被毛全体がレモン色をしていることもあれば、犬種によってローンと呼ばれる斑模様の場合もあります。

イエロー系統「レモン」の毛色を持つ犬種|1.ビーグル

イエロー系の毛色を持つビーグル

ビーグルの毛色は一般的に、ホワイト地にブラックやタンの斑があるハウンドカラーです。しかし稀にタンの部分がレモンになる場合があり、レモン・ビーグルと呼ばれています。淡いレモンとホワイトの色合いが優しげな感じで、最近人気のあるパターンとなっています。

イエロー系統「レモン」の毛色を持つ犬種|2.イングリッシュ・コッカー・スパニエル

イエロー系の毛色を持つイングリッシュ・コッカー・スパニエル

ブラックやレッドといった単色がある一方で、ローンと呼ばれる斑模様があるのもイングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴です。
ブラウン・ローンやオレンジ・ローンの他にはレモン・ローンもあり、ホワイト地に薄いレモン色の被毛が混じった淡い色彩となっています。

イエロー系統「レモン」の毛色を持つ犬種|3.イングリッシュ・セター

イエロー系の毛色を持つイングリッシュ・セター

ボディに大きな斑がなく、細かい斑模様が入ります。イングリッシュ・セターだけが例外的にローンではなく、ベルトンという呼び方をします。
ホワイト地に細かなレモンの斑が混じっているのをレモン・ベルトンと言いますが、他のカラーと比べれば頭数が少ない毛色と言えるでしょう。

イエロー系統「クリーム」の毛色を持つ犬種とは?

ピュアホワイトではなく、少し黄色みがかったホワイトのことをクリームと呼びます。最後にクリームの毛色を持つ犬種をご紹介していきましょう。

イエロー系統「クリーム」の毛色を持つ犬種|1.ラブラドール・レトリーバー

イエロー系の毛色を持つラブラドール・レトリーバー

ラブラドール・レトリーバーの場合、スタンダードではイエローとなっていますが、明るいクリーム色から赤みの強いレッドフォックスまで許容されています。落ち着いた性格の子はクリームに多いと言われることもあり、盲導犬にクリームの子が多いのも、そのためなのかもしれませんね。

イエロー系統「クリーム」の毛色を持つ犬種|2.フレンチ・ブルドッグ

イエロー系の毛色を持つフレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグには多くのカラーやパターンが存在しますが、クリームの子もよく見かけるカラーです。ただし2019年9月以降にジャパンケネルクラブのスタンダードが変更となり、クリーム&ブラック・マスク(マズルの部分が黒い)がスタンダードの範囲内となりました。

イエロー系統「クリーム」の毛色を持つ犬種|3.プードル

イエロー系の毛色を持つプードル

プードルはきれいな1色の毛色が望ましいとされており、斑やマーキングなどは許容されていません。また同色内に濃淡があるのが特徴で、クリームの子の場合は特に濃淡が際立つ傾向にあります。

イエローの毛色を持つ犬はまだまだたくさん!

イエロー系の毛色の犬

イエローの毛色を持つ犬をご紹介してきましたが、まだまだほんの一部にしか過ぎません。また同じイエロー系統といっても様々な色の濃淡があり、犬種によって異なるパターンがあるものです。街中で何色の毛色だろう?と思うコがいたら飼い主さんに聞いてみるのもいいかもしれませんね。決して犬を突然直接触って驚かせないようにしましょう。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石 則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 更新日:

    2020.06.30

この記事をシェアする