magazine

食べもの

2020.06.24

【栄養士監修】犬にも嬉しいドラゴンフルーツの栄養素とは?与える際はココに注意!

普段はあまり見かけないかも知れませんが、トロピカルフルーツとして知られる「ドラゴンフルーツ」はサボテン科の一種で、皮の表面がウロコのようなので「ドラゴン」と名がついています。
あっさりとした甘味が特徴ですが、果たして犬が食べても大丈夫なのでしょうか?含まれている栄養素や、食べさせる際の注意点などを解説していきます。

Author :明石則実/動物ライター(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

犬はドラゴンフルーツを食べても大丈夫!

犬 ドラゴンフルーツ

米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、ピタヤ(ドラゴンフルーツの別名)は無毒に分類されているため、犬に食べさせても特に問題はありません。

ドラゴンフルーツの栄養素・成分を紹介

ドラゴンフルーツに含まれている栄養素は、犬にとって有益なものです。主なものを解説していきましょう。

抗酸化作用があるビタミンC

犬は体内でビタミンCを生成できますが、代謝が落ちてきたり、シニアに差し掛かってくると生成が不十分になってきます。そこで食べ物で摂取することで不足分を補うことが大切です。
特に加齢に伴う酸化ストレスや関節の摩耗に関する疾患に対して予防効果があります。また、ビタミンEの再生を可能とするため、抗酸化成分として働きます。

細胞を活性化させ健全に保つカリウム

人間を含む動物にとっての必須ミネラルで、細胞の浸透圧を適切に調整し、pHバランスを保つ役割があります。ナトリウムを排出する効果もあるため、塩分の摂り過ぎを抑制するためにも役立ちます。
カリウムが不足すれば、食欲不振や筋無力症を引き起こすことも考えらえるため、適度に摂取することが重要です。

豊富に含まれている食物繊維

ドラゴンフルーツは低カロリーですし、食物繊維が非常に豊富です。食物繊維は腸内で消化はされませんが、強い整腸作用があって第6の栄養素と呼ばれているほどです。
適度に摂取することで、便通を整えて便秘や下痢を防ぐ効果もありますし、何より腸内の善玉菌を増やすため腸の健康維持に欠かせないものなのです。

犬にドラゴンフルーツを食べさせる際の注意点とは?

犬 ドラゴンフルーツ

犬にとって有益な栄養素が含まれているドラゴンフルーツですが、食べさせる際にいくつかの注意点があります。代表的なものを紹介していきますね。

腎疾患がある場合は与えない

ドラゴンフルーツにはカリウムが多く含まれていますが、過剰に摂取すると高カリウム血症となる可能性があります。健康な犬の場合、体に不必要なカリウムは排出されるため問題はありませんが、腎疾患を抱えている場合は適切に体外に排出されず、体内に留まってしまう危険性があります。
腎臓からカリウムの排出が阻害されるために、血中カリウム濃度が上がってしまい、筋力低下や麻痺、心停止などを引き起こす原因となります。

与えすぎると肥満に

確かに低カロリーであることは魅力ですが、完熟したドラゴンフルーツの与えすぎは肥満の元となります。
日本で出回っているほとんどのドラゴンフルーツは、日持ちさせるために未熟の状態で出回りますが、まれに完熟した状態で手に入ることがあります。その場合の糖度は20度を超えることもあるからです。(プリント同じくらいの甘さ)

与える品種は選ぼう

ドラゴンフルーツには主に2種類あるのをご存じでしたか?果肉が白っぽいホワイトピタヤと、果肉が真っ赤なレッドピタヤです。
レッドピタヤのほうをそのまま犬に食べさせると、とんでもないことになりかねません。口周りや被毛が真っ赤に染まってしまうからです。もし与えるのであれば、食べやすいように小さくカットするようにしましょう。

愛犬のためのドラゴンフルーツを使ったおすすめレシピ

犬 ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツを食べさせる際に気を付けたいことは、皮を除いた果肉だけを、なるべく食べやすくすることです。
愛犬のための、おすすめレシピをご紹介していきますね。

サクッと簡単!ワンちゃんスムージー

ドラゴンフルーツを細かくカットしても食べやすいですが、ミキサーなどを使ってスムージーにすれば、ヨーグルト感覚で食べてくれますよ。
カリカリフードの上にかけてあげても良いですし、ワンちゃんに食欲がない時など食いつきが良くなります。

ドラゴンフルーツを使ったパウンドケーキ

ドラゴンフルーツの甘味だけを使ったパウンドケーキを作ってみましょう。

作り方

ドラゴンフルーツは細かくカットしておきましょう。(ミキサーにかけても可)

ボウルに小麦粉(薄力粉)、牛乳、卵、ベーキングパウダー、カットしたドラゴンフルーツを入れ、さっくりと混ぜましょう。それぞれの分量は調節してみて下さい。ちなみにホットケーキミックスは砂糖が入っているため避けます。

パウンドケーキ型に生地を流し入れ、170度のオーブンで40分ほど焼きます。愛犬も安心して食べられる甘くないパウンドケーキの完成です。

愛犬にドラゴンフルーツを与えるなら夏の暑い時期がおすすめ

犬 ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの旬といえば、やはり暑い夏の時期が旬ですね。手に入りやすいのは、沖縄県産もしくは台湾産でしょう。
今年の夏は、愛犬といっしょに栄養たっぷりなドラゴンフルーツを味わってみてはいかがでしょうか。

▼参考文献
※Pitaya(ASPCA)
※カリウム、食物繊維(e-ヘルスネット)
※高カリウム血症(MSDマニュアル)

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石 則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 更新日:

    2020.06.24

この記事をシェアする