magazine

食べもの

2020.06.15

【栄養士監修】犬は梅を食べても大丈夫?与える際は注意が必要な食材

日本の伝統的な食材である梅は、夏場の疲労回復や食欲増進などにも役立ちます。梅干しとして食卓にあがる機会が多いのですが、実は犬も少量であれば食べることができる食べ物です。ただ、与える時の注意点がいくつかあるため、注意が必要。
ここでは、梅の栄養素や犬に与える際の注意点、梅を使った手作りごはんレシピを紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

犬は梅を食べてもOK。でも生や種はNG!

犬 梅

梅は犬が食べても大丈夫な食べ物ですが、種や生梅は毒性があるため与えていはいけません。つまり梅を塩漬けして天日干しにした梅干しなら与えても大丈夫なのです。
生梅よりも梅干しの方が家にあるという家庭が多いと思いますので、手軽に与えることができそうですね。

梅の栄養素・成分を紹介

ここでは、梅の主な栄養素について紹介していきます。

梅ポリフェノール

梅干し由来のポリフェノールである梅ポリフェノールが含まれています。梅ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、体内の細胞などを酸化させることで健康被害を及ぼす「活性酵素」の働きを抑えます。

クエン酸

クエン酸はレモンなどの柑橘類などに多く含まれる酸味成分のことです。ミネラルの吸収を助ける働きや抗酸化物質の働きをサポートするなど、エネルギー生成や疲労回復に役立つと言われています。また、クエン酸の酸味によって唾液の分泌を促すことで、食欲増進にも繋がります。

犬に梅を食べさせる際の注意点

犬 梅

ここでは、犬に梅を食べさせる際の注意点について紹介していきます。

種はとって与える

梅の種は消化できないだけでなく、「アミグダリン」と言う青酸を含む天然有毒成分が含まれています。また、熟していない青梅もこのアミグダリンが高濃度に含まれています。

種を噛み砕いて呑み込んでしまうと、有毒物質による呼吸困難や痙攣などのショック状態が起こり、麻痺状態になると死亡する危険性もあります。もしも愛犬が誤って呑み込んでしまった場合は、中毒症状が起こらない場合でも腸閉塞などの原因になることもあるため、すぐに獣医師に相談しましょう。

ではなぜ梅干しはOKなのかと言うと、加工されることでアミグダリンが分解されて大幅に減少することが分かっているためです。

与えすぎはNG

犬が食べれる梅干しは、塩漬け加工されているため塩分が非常に多く含まれています。そのため、一粒与えるだけで一日の推奨摂取量をオーバーしてしまい健康によくありません。ごく少量を与えるようにしてください。

無理に与えない

犬は酸味を敏感に感じ取ることができます。そのため、酸っぱい梅干しをそのまま与えると食べてくれないこともあります。梅干しは犬に必ず与えなければいけない食材ではないので、酸味を嫌がって食べない場合は無理して与えないようにしましょう。

愛犬のための梅を使ったおすすめレシピ

犬 梅

梅干しは、人間でも酸っぱさから苦手な方も多い食べ物です。普段酸っぱいものを食べ慣れていない犬は、そのまま与えると食べてくれないことが多いようです。無理に与える必要はありませんが、夏バテにより食欲が落ちた時などごはんのアクセントとして与えるといいかもしれません。
ここでは、梅干しを使った愛犬のための手作りレシピについて紹介していきます。

納豆と梅の鶏肉パスタ

材料(体重10kgの一食分)

パスタ 適量
納豆 半分
鶏肉 70g
にんじん 適量
梅干し 適量
片栗粉 適量

作り方

1.パスタは袋の表記通りの時間茹でて冷ます
2.鶏肉とにんじんを食べやすい大きさに切り、微量の梅干しを包丁で叩く(にんじんはすってもOK)
3.鍋に水を入れて、沸騰してきたら(2)の鶏肉とにんじんを入れて茹でる
4.(3)に火が通ったら、水溶き片栗粉を入れてとろみを出す(水が多い場合は捨てる)
5.(4)に(1)と(2)を入れて混ぜたら完成

梅を犬与える際は梅干しを少量

犬 梅

梅は犬が食べても大丈夫な食材ですが、生梅や種は毒性があるため、梅干しを少量だけ与えるようにしましょう。酸味の強い梅干しは好き嫌いが大きく分かれる食べ物でもあるため、愛犬の様子を見ながら無理せずに与えるようにしてくださいね。

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.06.15

この記事をシェアする