magazine

食べもの

2020.06.28

【栄養士監修】犬にオレンジを食べさせる際の注意点|気になる栄養素も

ビタミンCが豊富に含まれるオレンジは、一年中手に入れることができる人気の高いフルーツです。オレンジは、与え方や与える量を気をつければ愛犬も一緒に食べることができます。ここでは、オレンジの栄養素や与える際の注意点、簡単につくれるオレンジを使った愛犬のためのデザートレシピなどを紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

犬はオレンジを食べても大丈夫!

犬 オレンジ

オレンジは犬が食べても大丈夫な果物のひとつです。水分が多く甘いオレンジは、犬も好んで食べることが多いため、夏場の水分補給にも役立ちます。ただ、与えすぎやアレルギーなどには注意が必要です。

オレンジの栄養素・成分を紹介

ここでは、オレンジの主な栄養素について紹介していきます。

ビタミンC

オレンジは、果物のなかでもトップクラスのビタミンC含有量であることで知られています。ビタミンCには、粘膜の保護や免疫力を高める役割などがあります。
犬は人間と異なり体内でビタミンCを合成することができるため、それほどビタミンCを必要としません。しかし、病気であったり高齢の場合は十分な量のビタミンCを合成することができない子もいるため、オレンジでビタミンCを補給するのもいいでしょう。

カリウム

カリウムは、神経刺激の伝達やエネルギー代謝に置いて重要な役割を果たすミネラル成分です。ナトリウムと相互に作用しながら、体内の塩分調節を行い水分量のバランスを一定に保つ働きをします。

食物繊維

オレンジには、水に溶けない不溶性食物繊維が含まれています。不溶性の食物繊維は水分を吸収して膨張し、排便量のカサが増すことで刺激を与え、腸の働きを活発化させる働きがあります。

犬にオレンジを食べさせる際の注意点

犬 オレンジ

ここでは、犬にオレンジを与える際に注意するポイントについて紹介していきます。

皮や種を取り除く

犬にオレンジを与える際は、消化に悪い外側の分厚い皮から房の薄皮まできれいにとりましょう。また、種も消化することができないため、すべて取ってから果実のみを与えるようにしましょう。

アレルギーに注意

オレンジにアレルギーを持っている子もいるため、初めて与える際はごく少量を与えるようにしましょう。食べた後に痒みや嘔吐、下痢などを起こした場合は、アレルギーの可能性があります。オレンジを食べた後に体調不良が見られる場合は、なるべく早く動物病院に相談してください。

与えすぎはダメ

オレンジは犬が食べても問題ありませんが、たくさん食べると果糖や水分量が多いため下痢や嘔吐などを引き起こす可能性があり、継続的に摂取すると肥満の原因にもなります。食物繊維も豊富なので、お腹が緩くなったり、消化不良を引き起こすこともあるため、与えすぎには注意が必要です。

愛犬のためのオレンジを使ったおすすめレシピ

犬 オレンジ

オレンジは生で食べても十分美味しいですが、愛犬のために少し手間をかけてオレンジを使ったデザート作ってみるのもいいですよね。ここでは、簡単につくれるオレンジを使ったおすすめレシピを紹介します。

オレンジゼリー

愛犬も大好き!シンプルなオレンジゼリーの作り方です。

材料

100%オレンジジュース:250cc
粉ゼラチン:5g

作り方

1.オレンジジュース50cc程度を耐熱容器に注ぎ、粉ゼラチンを加えて混ぜふやかす
2.(1)をレンジに入れて約30秒加熱して、ゼラチンを完全に溶かす
3.残りのオレンジジュースに(2)を加えてよく混ぜる
4.好みの容器に入れて冷蔵庫で冷やし固まったら完成

オレンジシャーベット

夏の暑い日に特におすすめしたいのが、オレンジを使ったシャーベットです。

材料

オレンジ:1~2個
レモン汁:少々
水:少々

作り方

1.オレンジの皮・薄皮をむいて、種を取り除いた状態でミキサーにかける
2.(1)にレモン汁と水を少量入れてよく混ぜる
3.型に入れて冷凍庫で凍らせれば完成

型はひとつが小さくできる製氷皿がおすすめですが、ジップロックなどに入れて凍らせて、与えるときに細かく砕く方法も簡単です。

犬にオレンジはおやつとして少量を与えること

犬 オレンジ

甘くて水分たっぷりのオレンジは、夏場の水分補給にぴったりです。今回紹介したデザートレシピは、暑い夏場の散歩後のおやつとしておすすめです。与える分量や与え方を守りながら、愛犬と一緒に旬のフルーツを楽しんでくださいね。

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.06.28

この記事をシェアする