magazine

食べもの

2020.06.15

犬はさやいんげんを食べてもいい?愛犬に嬉しい栄養素って何だろう?

鮮やかな緑が食欲をそそるさやいんげんは、脇役として料理に華を添える野菜です。日本中で栽培されているため年間を通じてスーパーで手に入りますが、旬は6〜9月です。主役にならないことから栄養素についてはあまり注目されませんが、あの細いさやいんげんの中には犬にもうれしい栄養がたくさん詰まっています。今回は、さやいんげんの栄養素や犬に食べさせるときの注意点、オススメレシピなどをご紹介します。

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

この記事をシェアする

犬はさやいんげんを食べても大丈夫!

犬 さやいんげん

1年に3回収穫できることから、地方によっては三度豆と呼ばれることもあるさやいんげんは、緑黄色野菜の仲間です。夏が旬の夏野菜は紫外線による酸化を防ぐために、カロテン、ポリフェノール類、ビタミンCなど、犬にも嬉しい栄養素がたくさん詰まっています。

さやいんげんの栄養素が知りたい!

さやいんげんは、あの細い1本の中にたくさんの栄養素が詰まっています。薬膳では、暑さによる食欲不振や下痢など胃の機能改善に使われます。

アミノ酸

さやいんげんには、たんぱく質を構成するアミノ酸が含まれています。特に注目したいのは、体内で合成することができない必須アミノ酸である「リジン」や「アスパラギン酸」が含まれていること。必須アミノ酸のリジンは、糖の代謝やカルシウムの吸収を促進する働きがあります。また、アスパラガスに多く含まれていることでも知られるアスパラギン酸は、エネルギー代謝に関係する栄養素で、エネルギー源として利用されるアミノ酸として、ドリンク剤などにも使用されています。

βカロテン

夏野菜に豊富に含まれているβカロテン。さやいんげんにはレタスの約3倍以上のβカロテンが含まれています。免疫向上の役に立つβカロテンは、体内でビタミンAに変換される栄養素で、皮膚や粘膜の健康を維持する役割を果たしています。

ビタミンK

さやいんげんに含まれているビタミン類の中で、最も多いのがビタミンKです。脂溶性のビタミンKは、血液を凝固させる役割や骨の形成を促す役割があります。犬の体内で合成されるビタミンですが、抗生物質を服用している場合は不足しやすいと言われています。

ビタミンB2

水溶性のビタミンであるビタミンB2は、エネルギー代謝に関わる栄養素で、成長促進にも役立ちます。また、皮膚や粘膜、被毛、爪などの細胞の再生に欠かせないビタミンです。

カリウム

カリウムも夏野菜に多く含まれているミネラルで、塩分を排出し利尿効果のある成分です。また、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を調整し、心臓や筋肉機能の調節を助ける役割があります。

葉酸

ビタミンB群の一つである葉酸は、赤血球の形成やDNA、たんぱく質などの合成に関わっている水溶性ビタミンです。発育には欠かせないビタミンであり、ビタミンB12と共に赤血球を作ることから「造血のビタミン」とも呼ばれています。

犬にさやいんげんを食べさせる際の注意点

犬 さやいんげん

犬にとって嬉しい栄養素が豊富なさやいんげんですが、食べさせる時には次の点に注意しましょう。

腎臓の機能が低下している場合には注意

さやいんげんにはカリウムがたくさん含まれています。犬の体に嬉しい効果のあるカリウムですが、腎臓の機能が低下している場合は、カリウムが体内で溜まってしまい高カリウム血症を発症する可能性があるため注意が必要です。

与え過ぎに要注意

栄養価の高いさやいんげんには、食物繊維が豊富に含まれています。適量の食物繊維は、犬の胃腸の働きに有効に作用しますが、食べ過ぎてしまうと下痢の原因ともなります。欲しがるからといって、たくさん与えないようにしましょう。

生では与えないで

通常、下茹でを必要としているさやいんげんは、生では硬くて消化しにくい野菜です。消化されないとせっかくの栄養素が吸収できない可能性もあるため、与えるときは必ず加熱しましょう。

愛犬のためのさやいんげんを使ったおすすめレシピ

犬 さやいんげん

栄養豊富なさやいんげんは、トッピングご飯にぜひプラスしてあげたい食材です。水溶性の栄養成分が多いさやいんげんは、効果的に栄養を摂取するために2?3分固めに下ゆでし、水で冷ますのではなく、ザルなどに広げて冷ますのがおすすめです。また、βカロテンは油と合わせることで効率よく摂取できます。

さやいんげんの胡麻和え

ゴマは、犬にとっても嬉しい栄養素が詰まっている食材です。すりごまやペースト状にすることで、犬も消化吸収できます。

材料

さやいんげん、ごま、椎茸のだし汁

作り方

・さやいんげんは両端のヘタを切り落として下ゆでし、食べやすい大きさにカットする。
・すりごまをに椎茸のだし汁を加えて、茹でたさやいんげんと和える。

さやいんげんのチキン巻

電子レンジでお手軽に作れるメニューです。手作りご飯のレパートリーに加えてみてはいかがですか。

材料

さやいんげん、鶏胸肉またはささみ

作り方

・鶏肉を厚みが均等になるように開く。
・下ゆでしたさやいんげんを広げた鶏肉の上に置き、くるくると巻いていく。
・撒いた鶏肉をラップで包み、電子レンジで約5?6分。(電子レンジに入れる時は、ラップの巻き終わりが下に来るように)
・冷めるまでそのまま置いておき、冷めたら食べやすい大きさにカットする。

さやいんげんのオリーブオイル炒め

下ゆでなしの時短メニューです。さやいんげんと一緒に、他の野菜を炒めるとさらに栄養価がアップします。一緒に炒める野菜は、さやいんげんと大きさを揃えるようにカットすると、均一に火が通ります。

材料

さやいんげん、オリーブオイル、かつお節、昆布のだし汁(水に昆布をつけて作ったもの)
*昆布を水につけておくだけの簡単だし汁は、犬にとっても有効な栄養がたっぷり。昆布を水に浸して一晩冷蔵庫でねかせて完成ですが、昆布は消化できないので必ず出汁のみ使用しましょう。

作り方

・さやいんげんを食べやすい大きさにカットし、オリーブオイルでさっと全体に油が回るように炒める。
・昆布のだし汁とかつお節を加え、弱火で汁けがなくなるまで炒め煮する。

緑黄色野菜のさやいんげんには犬にもうれしい栄養がいっぱい!

犬 さやいんげん

さやいんげんは、インゲン豆を若いうちに収穫した野菜です。インゲン豆などマメ科の食材には、生で摂取すると毒性のあるレクチンが含まれていますが、さやいんげんにはレクチンはほとんど含まれていません。さやいんげんもインゲン豆も生で摂取することはないですが、まれに下痢や嘔吐などのアレルギー症状が出ることがあるようです。
初めてさやいんげんを与える時には、まずは少量から与えて様子を見ましょう。特に、旬の夏に収穫されたさやいんげんは栄養価が高いので、ぜひ食べさせてあげてくださいね。

◎ライタープロフィール
西村 百合子

西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士、犬の東洋医学生活管理士2級

ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。
現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。

  • 公開日:

    2020.06.04

  • 更新日:

    2020.06.15

この記事をシェアする