magazine

クリーム色の毛の犬がしいたけの入った器を持ってきた飼い主を見つめている
食べもの
鉛筆アイコン

2021.11.25

犬にしいたけを与えても大丈夫!栄養素や与え方、手作りレシピを紹介【獣医師監修】

きのこの中でも、トップクラスの栄養価を誇るしいたけ。しいたけを使った料理はたくさんあり、しいたけが好きという人もいるのではないでしょうか。実は、犬にしいたけを上手に与えれば、犬の健康維持に役立ちます。とはいえ、与え方にはいくつか注意しておきたいことがあります。
今回は、しいたけに含まれる栄養素や与える際の注意点、しいたけを使ったおすすめレシピをご紹介します。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:新井 絵美子/動物ライター)

犬はしいたけを食べても大丈夫!

犬に与えるためのしいたけ

しいたけは栄養豊富な食材の1つで、犬が食べても大丈夫です。傘の部分だけでなく石づきも与えて問題ありません。ただし、しいたけは消化しにくい食材なので、細かくカットしてから食べさせましょう。

また、しいたけを調理する際は、水洗いする必要はありません。水洗いするとしいたけの栄養や風味が損なわれてしまいます。軽く叩いて汚れを落とせばOKです。

干ししいたけも与えて大丈夫?

干ししいたけも犬に与えて大丈夫です。水に浸して柔らかくし、細かくカットしてから与えましょう。また、戻し汁にも栄養素が溶け出しているので、愛犬のごはんを作るときはもちろんのこと、ドッグフードをふやかすのに活用するのもおすすめです。

犬の健康をサポート!しいたけの栄養素・成分

クリーム色の毛の犬が芝生の上でお座りをしている

しいたけには、犬の健康をサポートするさまざまな栄養素が含まれています。

ビタミンD(エルゴステール) 

しいたけには、ビタミンDが豊富に含まれていると言われていますが、これはビタミンDの元となるエルゴステロールが豊富に含まれていることが理由です。ビタミンDは、カルシウムの代謝に大切な役割を果たす栄養素で、カルシウムやリンの吸収をサポートし、体内のカルシウム濃度の調整に役立ちます。

なお、生しいたけに含まれるビタミンDは、100gあたり0.4μgに対し、乾燥しいたけには12.7μgも含まれています。

エリタデニン

しいたけ特有成分であるエリタデニンは、リン脂質やリノール酸の代謝に影響し、血中コレステロールを低下させる作用があります。

βグルカン

キノコ類に多く含まれているβグルカンは、グルコースという小さな糖が連なった多糖体の1つで、食物繊維の仲間です。βグルカンには、免疫の活性力を高める働きが期待できます。

食物繊維

不溶性の食物繊維が豊富に含まれており、腸のぜん動運動を活発にすることから便秘対策にも役立ちます。

カリウム

カリウムは、細胞内液の浸透圧を調整して維持する役割を担うミネラルの1種です。また、筋肉の収縮や神経刺激の伝達などにも関与しています。(※1)

犬にしいたけを食べさせる際の注意点

犬に与えるために小さくカットしたしいたけ

犬にしいたけを食べさせる場合には、いくつか注意したいことがあります。

加熱してから与える

しいたけは、蒸す・煮る・焼くなど加熱してから与えましょう。生の状態だと消化不良を起こす可能性があります。

また、加熱して細かくカットして、一度冷凍したものを解凍してから与えると、消化しやすくなります。さらに、一度冷凍するとしいたけの栄養価が上がるのも嬉しいポイントです。

一度にたくさん与えない

しいたけには、食物繊維が豊富に含まれているため、たくさん与えてしまうと下痢を起こす原因になります。そのため、特にお腹が弱い体質の犬は注意が必要です。

健康を損なわないようにするために、一度にたくさん与えないようにしましょう。

アレルギーに注意する

犬のアレルギーの中で、しいたけがアレルゲンとなるケースは少ないですが、アレルギーを起こす可能性はあります。食物アレルギーを引き起こしたときは、主に以下のような症状が見られます。もし、これらの症状が出た場合は、それ以上与えるのをやめて動物病院を受診しましょう。

  • 体の痒みや赤み
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 脱毛

愛犬に作ってあげたいしいたけを使ったおすすめレシピ

犬に与えるために水に浸したしいたけ

しいたけを使った犬用のごはんは、バリエーション豊富です。ここでは、初心者でも簡単に作れるおすすめのレシピをご紹介します。なお、レシピの分量は、愛犬に合わせて調節してください。

キノコのマリネ

しいたけは油分と一緒に調理すると、効率よく栄養素を摂取できます。マリネは、作り置きもできる簡単レシピで、しいたけの他にしめじやエリンギをプラスして作ることも可能です。

材料

  • しいたけ:3個
  • エクストラバージンオイル:小さじ2
  • レモン汁:小さじ1

作り方

  1. エクストラバージンオイルにレモン汁を入れ、マリネ液を作る。
  2. しいたけの水分をペーパータオルで拭き取り、適当な大きさにカットする。
  3. 電子レンジで2分程度加熱し、熱いうちにマリネ液に浸ける。

しいたけの卵とじスープ

しいたけ、小松菜、卵を使った栄養満点のスープは、食欲のないときにもおすすめです。

材料

  • しいたけ:1個
  • ササミ:1本
  • 小松菜:1株
  • 卵:1個
  • オリーブオイル:少々
  • しいたけの戻し汁:1カップ

作り方

  1. しいたけ、ササミ、小松菜を愛犬が食べやすい大きにカットする。
  2. 卵をときほぐしておく。
  3. しいたけと小松菜をオリーブオイルでさっと炒める。
  4. 3にしいたけの戻し汁とササミを入れる。
  5. ササミに火が通ったら、卵を回し入れて火を通す。

しいたけ入りのミートローフ

愛犬の誕生日やうちのコ記念日などの特別なときにおすすめなのが、しいたけ入りミートローフです。鶏肉や豆腐、パプリカなども入っており、動物性・植物性タンパク質をはじめとした、さまざまな栄養素が摂取できます。

材料

  • 鶏ムネ肉のひき肉:200g
  • 水切りした木綿豆腐:120g
  • 卵:1個(溶き卵)
  • しいたけ:1/2個
  • パプリカ:1/4個
  • カボチャ:パプリカと同量程度

作り方

  1. しいたけ、パプリカ、カボチャを粗みじん切りにする。
  2. すべての材料をボールに入れ、なめらかになるまでよく混ぜてこねる。
  3. 2をラップに包み、直径4cm程度の棒状にする。
  4. 3の両端をキャンディ包みのようにしてきつく絞る。
  5. 電子レンジで3分程度加熱する。
  6. 粗熱が取れたら、愛犬が食べやすい大きさにカットする。

犬に栄養豊富なしいたけを与えてみよう

犬に食べさせるために小さくカットしたしいたけを使ったお吸い物

しいたけには、ビタミンDや食物繊維など、犬の健康をサポートしてくれるさまざまな栄養素が含まれています。ただし、消化しにくいので、細かくカットしてから与えるようにしましょう。

また、栄養価が高いといえども一度にたくさん与えると、下痢を起こすことがあるほか、ビタミンDの過剰摂取になりかねないので少量にとどめましょう。今回ご紹介したレシピはどれも簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

参考文献
  • 公開日:

    2020.06.04

  • 更新日:

    2021.11.25

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。