magazine

食べもの

2020.06.01

愛犬にバジルを食べさせるなら|与え方や注意点・おすすめ手作りレシピをチェック

イタリア料理などでよく使われるバジルは、爽やかな風味と香りが特徴的な食材です。特にバジルソースはパスタに絡めるととても美味しいですよね。 栄養素がとても豊富ですし、最近は健康食材としても注目されています。しかしながら、人間が食べてもいいものでも犬に与えるのはNGな食材があります。果たして犬はバジルを食べても大丈夫なのでしょうか?ハーブやスパイスに分類されますから、ちょっと刺激などもありそう。そこで今回はバジルは犬も食べられる食材なのかを解説していきます。

Author :明石 則実/動物ライター

この記事をシェアする

犬がバジルを食べても大丈夫!犬にとっても健康食材

犬とバジル

結論から言えば、犬がバジルを食べても大丈夫です。健康維持に欠かせない豊富な栄養素が含まれていますし、害になるような成分が入っていないため安心して与えられます。まずはバジルに含まれている主な栄養素を見ていきましょう。

心臓や腎臓の働きをサポート【カリウム】

細胞が正常な機能を維持するために不可欠なミネラルで、神経伝達やエネルギー代謝に重要な役割を果たしています。 また余分な塩分を排出する効果が期待できるため、血圧の維持に役立ちます。

カリウムが不足すると心臓や腎臓の働きが弱まりますので、食餌による摂取が非常に大切になりますね。

皮膚の健康維持に最適【βカロテン】

犬は体内に特殊な酵素を持っており、βカロテンを摂取するとビタミンAに変換されます(プロビタミンA)。夜間の視力の維持に役立ったり、皮膚や粘膜の保護や再生を助ける役目を果たしています。

また抗酸化作用があり、免疫機能の維持やコレステロールの酸化を防いでくれる効果を発揮します。そして運動後の筋肉損傷や酸化ダメージも補修してくれると言われています。

筋肉の収縮を助ける栄養素【カルシウム】

カルシウムは骨や骨格の維持に必要な栄養素ですが、それだけではありません。筋肉の収縮弛緩には欠かせないもので、もし不足してしまうと筋痙攣を起こし立てなくなることすらあります。

骨にはカルシウムが貯蔵されていますから、不足してしまうと骨からカルシウムが流出してしまい骨がもろくなる可能性もあります。

愛犬にバジルを与える際に気を付けておきたいポイント

犬がバジルを食べる前に舌をペロッと出す様子

バジルは他の野菜などと違って風味や香りなどが特徴的です。人間には美味しく感じても、犬にとって食いつきが良いとは言えません。 そこでバジルを与える際に気を付けたいポイントを解説していきます。

バジルは細かくペースト状にした方が食いつきが良い

犬の個体差による好き嫌いはもちろんあります。葉のまま食べられる犬もいるでしょうし、独特な風味が苦手な犬もいるでしょう。 そこでより食べやすいようにフードプロセッサーなどを使って細かくペースト状にして与えることをオススメします。

ドライフードに混ぜたり、ヨーグルトに混ぜ込んだりしても良いですね。また加熱することでより栄養の吸収率が上がるので、バジル仕立てのスープを作って冷ましてから与えるという方法もあります。

バジルの保存は冷凍が最適

フレッシュバジルの風味や栄養素を損なわないために保存する際には冷凍しておきましょう。 ポリ袋に入れて少しだけ空気を含ませて口を結んでから冷凍庫へ。この方法で一ヶ月保存が可能です。 ペースト状のバジルもこの方法で保存できます。

バジルシードを与える際は水を含ませてから

最近、健康食材として注目されているバジルシード。食物繊維が豊富で各種ミネラルやアミノ酸などもたっぷりと含まれています。チアシードなどと同じくダイエット効果も期待できますが、犬に与える際には注意が必要です。

水を含むと30倍にまで膨らむため、必ず水でふやかしてから与えるようにしてください。そして与える量は少量で大丈夫です。 人間と犬の胃は基本的には違いますから、与えた後はしばらく様子を見るようにしてください。

バジルを使った美味しい手作り犬ごはん

犬が手作りご飯を与えてもらう前の様子

栄養たっぷりなバジルをどうやったら美味しく食べさせることができるでしょうか? 簡単に作れるバジルを使った犬ごはんをご紹介します。

愛犬のためのバジル入りガパオライス

ピーマン、パプリカ、バジルなどを刻んでおき、先にピーマン、パプリカを鶏ひき肉と一緒にオリーブオイルで炒める。 刻んでおいたバジルとナンプラーを混ぜて少し炒める。準備しておいたご飯に盛り付けて出来上がり。

犬の手作りおやつ|トマト&バジル入りクッキー

バジル・チーズをみじん切りにしておき、ボールにトマトペーストとオリーブオイルを混ぜ合わせておく。 さらにライ麦粉と薄力粉を入れてヘラで混ぜ合わせ、ある程度まとまったら手でまとめてビニール袋に入れ、冷蔵庫で30分寝かせる。

打ち粉をして15センチ四方(2~3mmの厚さ)に伸ばす。3センチ幅に縦・横に包丁で切ってフォークで穴を開ける。 170度に温めたオーブンで約12分焼けば出来上がり。

工夫ひとつでバジルも美味しい食材に

犬 バジル

犬にとって少し食べにくいイメージがありますが、ひと手間を加えたり、レシピをアレンジすることで、美味しく食いつきの良い食材となります。またご家庭のベランダでも簡単に栽培できる野菜ですから、愛犬だけでなく家族みんなでバジルを食べる習慣があっても良いかも知れません。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石 則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 更新日:

    2020.06.01

この記事をシェアする