magazine

食べもの

2020.06.02

【栄養士監修】犬にアイスを食べさせても大丈夫?与えるときの注意点3つ

甘くて冷たいアイスクリーム。アイスを食べていると、愛犬が物欲しそうな顔で見ることもあるのではないでしょうか。特に暑い夏は愛犬と一緒にアイスを食べてクールダウンしたいところですが、犬にアイスを与えてもいいのでしょうか?
今回は、アイスを与えるときの注意点や安心して与えられる犬用アイスを紹介します。

Author :関 ゆりな/ドッグライター(監修:望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー)

この記事をシェアする

犬にアイスクリームを与えてもいいの?

犬 アイス

結論から言うと、人間用のアイスは与えないに越したことはありません。私達が食べているアイスには様々な成分が入っており、アレルギー反応や下痢を引き起こしかねないからです。

しかし、それでも見つめられると与えたくなるのが親心。どうしても人間用のアイスを与えたいというときは、これからご説明する注意点を踏まえて、ごく少量を与えるようにしましょう。

また、最近では犬用アイスも販売されているで、犬用を与えるのが一番安心ですね。

犬にアイスを与えるときの注意点3つ

犬 アイス

アイスは犬に絶対に与えてはいけない食べ物ではありませんが、犬に与えるときには様々な注意点を念頭に置く必要があります。
ここでは、人間用のアイスを与える際の注意点について紹介します。

成分を必ず確認する

人間用のアイスにはフレーバー付けするために、様々な成分が入っています。例えば、アイスに入っていることが多いチョコレートやレーズン、ぶどうなどは、犬にとって中毒性がありとても危険です。
また、シュガーレスのアイスには、甘味料として犬にとって危険なキシリトールが含まれている物もあります。目には見えなくても、人間用に作られたアイスには様々な成分が含まれているので、犬にとって危険なものが含まれていないか、必ず成分表を確認してください。

乳製品に注意

人間用のアイスに関しては、乳製品にも注意が必要です。アイスクリームには、乳糖といわれる糖分が含まれていますが、離乳期を過ぎた犬はこの乳糖を分解するための「消化酵素ラクターゼ」が減少するので、乳糖を体内で分解できない犬が多いのです。これを「乳糖不耐症」と呼び、乳糖が分解せずに大腸に運ばれると、大腸の菌により発酵。下痢や嘔吐を中心に、消化器系症状を引き起こす原因になります。
なかには乳製品を口にしても平気な犬もいますが、少量を口にしただけでお腹を壊してしまう犬もいますので、与えないのが無難ではないでしょうか。

糖分に注意

アイスには大量の糖分が含まれており、バニラ味のアイスには実に角砂糖7個相当の砂糖が含まれているのです。
甘味が大好きな犬は多く、アイスを与えるととても喜びますが、人間と同様に摂りすぎると肥満の原因になります。肥満は万病の元であり、糖尿病や股関節疾患の原因になったり、心臓や呼吸器など様々な器官に負担をかけやすくなります。人間用のアイスをどうしても与えたいなら味見させる程度の少量にしましょう。

安心して食べられる犬用アイスを紹介!

犬 アイス

犬にアイスを与えたい方におすすめなのが、犬用のアイスクリームです。自宅でバナナやスイカなどのフルーツを凍らせて、フードプロセッサーでシェイク状にしてあげる手作りアイスもおすすめです。
自宅で作るのはちょっと面倒・・。という方におすすめの犬用アイスクリームを紹介します。

愛犬家へのプレゼントにも人気のセット!

こちらは、豆乳ホイップとヨーグルトを使った犬用の無添加アイスクリームです。クッキー&クリーム、いちごやバナナに加えて、ビタミンやミネラルが豊富な馬肉やシカ肉、煮干しの6種類フレーバーがセットになっています。添加物を使用していないので、安心して与えることができ、愛犬家へのプレゼントとしても人気があります。

商品情報

犬の健康を考えながら一緒に楽しもう

犬 アイス

甘くて犬も大好きなアイスですが、犬にとって好ましくない成分が含まれているものも多くあります。与える場合は、手作りアイスや犬用アイスがおすすめ。犬の健康を第一に考えながら与えるといいですね。

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.06.02

この記事をシェアする