magazine

お手入れ

2020.06.26

チワワにサマーカットは必要?夏を涼しく過ごす工夫を知ろう

日本で人気のチワワは、メキシコ原産の犬種です。暑い地域で生まれた犬種だから暑さには強いはず!と思われがちですが、実は違います。暑さが苦手なチワワに、夏を涼しく過ごすためにサマーカットをしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、チワワの被毛の特徴やサマーカットのメリット・デメリットについてご紹介します。

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

チワワの被毛のタイプと特徴

チワワ サマーカット

チワワというと、耳や胸元、しっぽにフサフサとした長い被毛がある子を想像する方も多いのではないでしょうか。チワワには、短い被毛のチワワと長い被毛のチワワの2つのタイプの被毛タイプがあります。

チワワのコートタイプ

チワワの被毛には「スムースコート」と「ロングコート」の2つのタイプがあります。チワワの歴史では、誕生した当初はスムースコートだけでした。その後、パピヨンなどの犬種と掛け合わされロングコートが誕生しました。

スムースコート

スムースコートとは、全身1~2cmほどの短い被毛のことを言います。やや太く硬めの被毛で、艶のある滑らかな触り心地です。
よく勘違いされがちですが、ロングコートのチワワがサマーカットをするとスムースコートのチワワになるわけではありません。スムースコートは生まれたときから大人になっても全身短い被毛です。

ロングコート

頭以外の全身が長い被毛のことをロングコートといいます。特に、耳の下、胸元、しっぽ、お尻などの飾り毛は長くなります。細く柔らかい被毛で、個体差はありますが、ある程度の長さになると伸びなくなります。

チワワの被毛の特徴

犬の被毛の構造には、シングルコートとダブルコートがあります。皮膚を守るために密に生えている上毛だけの被毛をシングルコート。上毛と体温を調節するための下毛の二重構造の被毛をダブルコートと言います。

チワワはシングルコート?ダブルコート?

チワワの場合、コートタイプによって被毛の構造に違いがあります。
スムースコートはシングルコート、ロングコートはダブルコートです。どちらの被毛も抜け毛がありますが、ロングコートよりスムースコートの方が抜け毛が多いと言われています。換毛期には特にたくさん抜けるため、こまめなブラッシングをしてあげる必要があります。

チワワにサマーカットは必要?

チワワ サマーカット

チワワにサマーカットは絶対に必要ではありません。スムースコートのチワワは、もともと被毛が短いのでサマーカットは必要ありませんが、ロングコートのチワワは、長い被毛に覆われているため、体の熱がこもりやすくなります。特に毛の量が多い子の場合は、被毛を短くすることで、涼しく過ごしてもらうことができます。

サマーカットをする意味・メリット

ロングコートのチワワは、季節に合わせて換毛期に生え変わりますが、それでも日本の夏は暑いです。被毛をカットすることで以下のようなメリットが得られます。

オーソドックス目次

  • 皮膚病の予防
  • 体の熱がこもりにくくなる
  • お手入れがしやすくなる
  • 見た目が涼しそうに見える

サマーカットのデメリット

必要以上に被毛を短くすることで、皮膚に悪影響を与えることがあります。犬の被毛は皮膚を守ったり、体温を調節する役割を持っているので、短くする場合は特に注意が必要です。

オーソドックス目次

  • 虫に刺されたり、傷つきやすくなる
  • 体温調節がしにくくなる
  • 皮膚に直接日光が当たると、熱中症になりやすくなる
  • 毛質が変わってしまう

サマーカット以外に夏を涼しく過ごす工夫

チワワ サマーカット

スムースコートのチワワ、子犬や高齢犬などのサマーカットができないチワワも、快適に過ごせる工夫をしてあげることで、夏の暑さを乗り切りましょう。

エアコンで室温を一定に保つ

夏のエアコンは人も必要不可欠ですよね。暑さや寒さが苦手なチワワは、温度差が負担となりやすいです。チワワがいるところが冷えすぎないよう設定温度を調節してあげましょう。また、エアコンであればお留守番のときにも安心して使うことができますね。

保冷グッズを活用する

暑い時期になると、涼しい場所を探しあちこちで床にお腹つけて寝ている犬の姿を見ることが多くなります。そんなときには、犬用の保冷グッズがおすすめです。 アルミプレートやジェルが入ったクールマットは、犬が上に乗ることで放熱したり、ひんやりと感じることができます。また、散歩やお出かけのときには、水分を含ませて着せるクールベストで熱中症対策をしてあげましょう。

チワワと夏を涼しく過ごそう

チワワ サマーカット

ロングコートチワワのサマーカットを考えられている方は、そのメリットとデメリットどちらもよく考えてからおこなうようにしましょう。
サマーカット以外にもチワワと夏を涼しく過ごせる工夫は沢山あります。それらを検討しながら、自分と愛犬にとってぴったりの方法を選んで今年の夏は涼しく過ごしましょう。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!