magazine

しつけ

2020.06.22

グレートピレニーズは穏やかな性格?しつけ方法・得意な遊びとは

大きくて真っ白なグレートピレニーズは迫力があり、とても美しいですよね。そんなグレートピレニーズの姿に憧れて、グレートピレニーズ を迎えようと考えている人もいるのではないでしょうか?しかし、美しい容貌に魅了されてグレートピレニーズを迎える前に、しっかりと性格を知っておくことが非常に大切です。ここでは、グレートピレニーズの活躍の歴史や得意不得意を解説していきます。また、性格を踏まえた飼育のコツも紹介していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

グレートピレニーズの性格の特徴は?

グレートピレニーズ 性格

グレートピレニーズは忍耐強くて穏やかな性格をしています。しかし、時には勇敢な姿を見せ、躊躇なく危険に立ち向かいます。また、独立心が強く、自分から率先して行動することが多いです。

グレートピレニーズの活躍の歴史

グレートピレニーズはフランスとスペインの国境であるピレネー山地で羊を守る番犬として活躍していました。グレートビレニーズは羊を狼や熊などのから守らなければいけなかったため、力強くて勇敢な性格をしています。また、何日も羊を見守り続けても退屈しない忍耐の持ち主です。

グレートピレニーズが得意なこと

グレートピレニーズは羊を守るための犬種だったので、現在でも防衛本能が根強く残っています。そのため、番犬として家や家族を守ることが得意です。また、危険には立ち向かうものの、家族には愛情深く、優れた家庭犬になりますよ。

グレートピレニーズが苦手なこと

グレートピレニーズは独立心が強く、自分で考えて行動するのが得意です。その反面、頑固で人の指示にしたがって行動するのは苦手な場合があるので、忍耐を持ってしっかりとコミュニケーションをとるように心がけましょう。

グレートピレニーズはしつけがしやすい性格?

グレートピレニーズ 性格

グレートピレニーズは非常に知能が高いので、新しいことを覚えるのは得意です。しかし、自分で判断して行動をするのが大好きな犬種なので、飼い主の指示にしたがって行動するのは苦手な傾向があります。また、とても頑固な面もあるので、個体差はありますが、しつけはやや困難な犬種です。

グレートピレニーズの性格を踏まえたしつけのコツ

グレートピレニーズのしつけのコツは、しつけに関心を持たせるということです。飼い主が一方的に指示するのでは、グレートピレニーズは無関心になり、反応も悪くなります。グレートピレニーズは自分が「したい」と思うことをするので、しつけを「したい」と思わせることで、スムーズにトレーニングに取り組むことができます。おもちゃやおやつを用いてグレートピレニーズと遊びながらしつけに取り組むようにしましょう。

グレートピレニーズの性格に合った遊び方とは?

グレートピレニーズ 性格

グレートピレニーズとしっかりと遊ぶことは非常に大切です。グレートピレニーズと遊ぶことはリフレッシュをして体を動かすのに効果的なだけではなく、飼い主とのコミュニケーションをとるのに効果的な方法です。

自分で考えるのが好きな性格を活かした遊びがおすすめ

グレートピレニーズは自分で考えて行動をするのが大好きなので、飼い主が隠したおやつを探させる「おやつ探しゲーム」がおすすめです。グレートピレニーズは自分でしっかりと考えながらマイペースにおやつを探しますよ。 また、飼い主とボール遊びや引っ張りっこなど飼い主との協調性を高める遊びもおすすめです。

グレートピレニーズの性格に合ったドッグスポーツは?

グレートピレニーズ 性格

グレートピレニーズにドッグスポーツに取り組むことで、体と頭をしっかりと動かし、さらに充実した生活を楽しむことができます。ここでは、グレートピレニーズの性格に合ったドッグスポーツを紹介していきます。

ノーズワーク

ノーズワークは犬が嗅覚の力を使って、隠されたアロマの匂いを探し出すドッグスポーツ です。ノーズワークでは、犬が自分で考えてアロマの匂いを探さなければいけないので、自分で考えるのが大好きなグレートピレニーズにぴったりのドッグスポーツ です。

ラリーオビディエンス

ラリーオビディエンスは犬と飼い主が楽しく取り組めることを最優先に考えられた訓練競技です。ラリーオビディエンスはオビディエンスと違って、競技中に犬を褒めたり誘導したりすることが許可されているため、犬も飼い主も負担が少ないのがメリットです。グレートピレニーズは訓練に無関心な面がありますが、競技中にご褒美を与えることができれば、楽しんで気軽に取り組めるでしょう。

グレートピレニーズの性格に合った環境づくりのコツ

グレートピレニーズ 性格

グレートピレニーズの性格をしっかりと理解し、性格に合った環境づくりを心がけることは非常に大切です。ここでは、グレートピレニーズの性格に合った環境づくりのコツを紹介していきます。

子犬から成犬までしっかりと社会化を行うように

グレートピレニーズは警戒心が強く、見知らぬ人や犬を簡単に信用しません。そのため、子犬の頃からしっかりと社会化のトレーニングを行い、知らない人や犬にしっかりと慣らすようにしましょう。また、子犬の時期だけに限らず、成犬になってからもしっかりと社会化トレーニングを続けるようにしてくださいね。

ゆっくりと寛げるスペースを

グレートピレニーズはとにかくゆっくりと寛ぐのが大好きな犬種です。それほど活発な犬種ではなく、家族や家をのんびりと見守るの傾向があります。グレートピレニーズが快適に過ごせるように、犬用のベッドやシートを準備するなどして心地よい環境を整えるようにしましょう。

グレートピレニーズの性格に合った環境づくりを!

グレートピレニーズ 性格

ここでは、グレートピレニーズの性格について詳しく解説していきました。グレートピレニーズは穏やかで落ち着きのある性格をしています。家族を見守るのが大好きで、素晴らしい家庭犬になってくれるはず。しかし、頑固な面もあるので、忍耐を持ってしっかりと向き合うようにしてくださいね。また、グレートピレニーズの性格を知り、グレートピレニーズの性格に合った環境づくりに取り組みましょう。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.06.22

この記事をシェアする