magazine

犬種図鑑

2020.06.14

『ベルガマスコシェパード』を知ってる?犬種の特徴から育て方まで

日本ではほとんど見かける機会のないベルガマスコシェパードは、コード状の被毛が特徴的なイタリア原産の犬種です。元々は優れた牧羊犬として活躍しており、飼い主に従順で高い身体能力を持っています。
ここでは、世界的に見ても珍しい犬種であるベルガマスコシェパードの歴史から、性格、体重や被毛の特徴など基本的な情報を紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

ベルガマスコシェパードの歴史

ベルガマスコシェパード

ベルガマスコシェパードは、イギリス原産の牧羊犬です。正確な起源は明らかになっていませんが、2000年以上の歴史をもつといます。
牧草地を求めてイタリアに渡ったペルシア人が連れてきた牧羊犬が先祖と言われており、最終的にイタリアの都市「ベルガモ」に定住したことで、この犬種名がつけられました。羊毛と牧羊犬の需要の減少と第二次世界大戦によって絶滅の危機に陥りましたが、イタリアのブリーダー・マリア・アンドレオリの献身的な努力により、品種の保存と復活が成功しました。しかし、現在でも頭数は少ないため、世界的に見ても希少な犬種となっています。

犬種グループ

ベルガマスコシェパードは、正式な犬種としてジャパンケネルクラブ(JKC)に公認されていませんが、国際畜犬連盟(FCI)では「牧羊犬」の犬種グループに分類されています。
この犬種グループは、「牧羊犬」や「使役犬」「テリア」などの生存目的や用途によって10グループに分けられており、ジャパンケネルクラブで導入されている犬種グループと同じものです。「牧羊犬」の犬種グループには、家畜の群れを誘導し、保護する役割をもつ犬種が分類されており、コーギーやボーダーコリーなどもこのグループに属しています。

ベルガマスコシェパードの性格

ベルガマスコシェパード

ベルガマスコシェパードは、知的で賢く、穏やかです。飼い主に忠実で愛情深い性格をしていますが、牧羊犬としての名残から用心深く、見知らぬ人には警戒心を示すこともあります。普段は明るく落ち着いていますが、防衛本能が高いため、攻撃性を見せることもまれあるため、子犬の頃から多くの人や動物に触れさせ、社会性を身に着けさせる必要があります。

上手なしつけ方

ベルガマスコシェパードは、牧羊犬として活躍していた犬種のため、物事を洞察し、自分で判断する力も持っています。
しかし、この賢さゆえに飼い主がリーダーシップ性に欠けていて信頼できないと判断すると、言うことを聞かなくなるやや頑固な一面もあります。子犬の頃から家族全員が一貫した接し方、しつけ方を心がけることが大切です。

ベルガマスコシェパードの平均寿命と適正体重

ベルガマスコシェパードの適正体重や運動量、平均寿命を知り、健康的な生活をくれるようにしましょう。

適正体重

ベルガマスコシェパードの適正体重は、メスが26~32kg、オスが32~38kgです。皮膚が見えないほどの豊富な被毛に覆われているため、あまり分かりませんがとても筋肉質でがっちりとした体型をしています。

運動量

ベルガマスコシェパードは、広大な土地で羊を追いかけ守っていたため、運動量は豊富です。毎日最低でも1時間以上の散歩が必要になります。そのほかにハイキングやボール遊び、広い公園やドッグランなどで思いっきり走れる機会を作ってあげるといいでしょう。 知能が高く作業意欲に溢れているため、ドッグスポーツにも向いています。

平均寿命

ベルガマスコシェパードの平均寿命は、約10~15年とされています。日本の大型犬の平均寿命は12.5歳というデータがあるので、長生きの傾向にあるといえます。品種改良がほとんどされていないこともあり、遺伝性の疾患に悩まされることもありません。

ベルガマスコシェパードの被毛の特徴

ベルガマスコシェパードの特徴的なコード状の被毛は、珍しく3つの層で構成されています。防水性に優れたこのコートは、生後1年頃から生え始め全身がコード状の被毛に覆われるには、5~6年かかります。
抜け毛も少ないベルガマスコシェパードは、犬アレルギーがある方はアレルギー反応を起こさず、ウールとラノリンにアレルギーがある方は反応することがわかっています。

お手入れ方法

この特徴的な被毛を維持するにはかなり手がかかりそうですが、実のところお手入れはほとんどいらないのです。ブラッシングをする必要はなく、シャンプーは年2~3回程度で済むとされています。
カットする必要もないため、定期的なお手入れは耳掃除や爪切りなどで十分です。

インパクトのある外見の希少犬ベルガマスコシェパード

日本ではほとんど見る機会がないベルガマスコシェパードを迎えたい場合は、海外のブリーダーからお迎えする形になります。子犬をお迎えするのにもたくさんの手間がかかりますが、忠実で賢く愛情深いベルガマスコシェパードは、素晴らしいパートナーになってくれるでしょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.06.14

この記事をシェアする