magazine

犬種図鑑

2020.06.09

ダップーの平均寿命はどれくらい?かかりやすい病気や怪我・体重管理の方法を知ろう

日本で最も人気のある犬、「トイプードル」と「ダックスフンド」。この2つの犬種を掛け合わせて誕生した「ダップー」という人気のミックス犬がいることをご存知でしょうか。同じダップーでも被毛や体型に違いがあり、個性的あふれる可愛らしい小型犬です。
今回は、ダップーの寿命やかかりやすい病気、健康管理の方法についてご紹介します。

#ダップー / #ミックス犬

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

ダップーの寿命はどのくらい?

ダップー 寿命

小型犬同士を掛け合わせて作出されたミックス犬、ダップーの寿命はどのくらいなのでしょうか。

平均寿命

ミックス犬であるダップーの寿命に関するデータは少なく、両親犬の平均寿命から考えると12~15才くらいと考えられます。日本ペットフード協会によると2019年の犬全体の平均年齢は14.44才で、ダップーの寿命は平均的と言えるようです。

最高齢

ダップーの最高齢についてはわかっていませんが、両親犬であるダックスフンドとトイプードルにはギネス世界長寿記録があり、ダックスフンドの最高齢は21才、トイプードルは20才という記録があります。

ダップーに多く見られる病気や怪我とは

ダップー 寿命

犬は人よりも早く寿命を迎えてしまいます。少しでも長く一緒にいるため、ダップーがかかりやすい病気について知り、健康な生活を送ることでができる工夫をしてあげましょう。

椎間板ヘルニア

過度な運動などにより椎間板に変性が生じ、その内容物が突出することによって脊髄を圧迫・障害し、様々な神経症状をひきおこす病気です。ダックスフンドやコーギーなどに多く発症すると言われています。

膝蓋骨脱臼

犬の後肢にある膝蓋骨(膝のお皿状の骨)が正常な位置から内側、または外側に外れてしまう状態です。無症状な状態から歩くことが困難な状態まで症状は幅広く、程度によって4つのグレードの分けられます。トイプードルやチワワ、ヨークシャー・テリアなどの小型犬に多く見られる病気です。

外耳炎

ダップーは親であるトイプードルに似て耳毛が生える子が多く、垂れ耳ということもあり耳の中が蒸れやすくなっています。通気性が悪いと外耳炎を引き起こしやすくなるので、定期的に耳の中の健康状態をチェックしましょう。

ダップーの健康寿命を考える|大切なのは体重管理

ダップー 寿命

健康寿命と体重管理には密接な関係があります。痩せすぎていれば免疫力が低下し様々な感染症などにかかりやすくなり、肥満になれば糖尿病や心臓病、関節疾患など様々な病気を引き起こします。体重管理のポイントは、毎日の食餌や運動です。

ごはんの量

ドッグフードは栄養バランスの取れた「総合栄養食」を選びましょう。パッケージに記載された給与量を目安に与えますが、その子の運動量や生活環境などにより多少差があるので、パッケージの給与量どおりに食べなくても過度に心配する必要はありません。

お散歩時間の目安

ダップーは小さくて可愛らしい室内犬ではありますが、両親ともかつて狩猟犬として活動していた犬であるため、適度な運動が必要です。お散歩はできるだけ朝晩の2回15~20分ずつ行けると良いでしょう。外出することで気分転換になり、ストレス発散の効果も期待できます。

好きな運動

ダップーは両親犬とも狩りが得意な犬種であるため、動くものに興味があります。飼い主さんと楽しむボール投げは、飽きずにボールを追いかけて遊ぶでしょう。高くジャンプすると腰に負担がかかるので、転がすようにして遊びましょう。

ダップーにいつまでも健康で過ごしてもらうために

ダップー 寿命

ダップーを家族に迎え入れたら、一日でも元気に長生きしてもらいたいですよね。健康管理の基本は、毎日の食餌管理と適度な運動、病気の予防です。犬の様子をよく観察し、気になる様子が見られるようであれば早めに動物病院を受診しましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.06.09

この記事をシェアする