magazine

犬種図鑑

2020.06.10

北海道犬の性格が知りたい!得意なことを伸ばすしつけの方法とは?

別名「アイヌ犬」とも呼ばれ、ヒグマに立ち向かっていった歴史もある北海道犬ですが、その性格はどのようなものなのでしょうか。
得意なことや苦手なことなど北海道犬の特性や性格とともに、上手に暮らす方法を見ていきましょう。

#北海道犬

Author :明石則実/動物ライター

この記事をシェアする

北海道犬の性格の特徴

北海道犬 性格

北海道犬は、日本に古来から暮らしている日本犬在来種のうちの一つです。たくましい体躯とやや前傾したスタイルが、精悍な雰囲気を醸し出します。
まずは、北海道犬のルーツから性格の特徴を見ていきましょう。

北海道犬のルーツ

今から800年以上前、人類が東北地方や北海道に向かって南から移住してくるときに連れてきた犬たちが北海道犬の祖先だと考えられています。
やがて先住民族のアイヌ人が狩猟犬として北海道犬とともに暮らすようになり、キツネやウサギなどの小動物だけでなくヒグマや鹿に至るまで、その追跡本能と勇敢な性格で狩猟の重要な役割を果たしていますいた。

また、厳しい雪国で暮らしてきたことから寒さに強く、他の日本犬と比べても被毛が厚いのが特徴的です。狩猟犬として飼育されてきたものの、現代社会においても非常に飼いやすい犬種だとされています。

北海道犬の得意なこと

北海道犬は「二君に仕えず」とも表現されるほど、飼い主に従順で聞き分けの良い性格をしています。きちんとしつければ最高のパートナーとして家族を慕ってくれるでしょう。優れた帰巣本能を持っていて、家庭犬・番犬としての特性も持ち合わせています。
また雪国育ちで寒さや苦難に耐える体質は、粗食にも慣れているためスキキライがなく何でも食べます。

北海道犬の苦手なこと

飼い主さんに従順である反面、番犬気質の北海道犬は自分が主人だと認めていない人に対しては警戒心を抱く傾向があります。また他の犬に対しても同様で、安易に馴れ馴れしくすることなく緊張感をもって備えている場合が多いです。
子犬の頃から積極的に他の人や犬と触れさせることが重要で、社会性を学ばせることによって穏やかな性格に育つ可能性もあります。

北海道犬の性格を理解してしつける方法

北海道犬 性格

日本犬は独立心の強い傾向のある子が多いものですが、北海道犬の場合はどうでしょうか。

しつけのコツ

しつけのコツは、飼い主さんがリーダー然として振舞うことが何より大事です。子犬だからと甘やかさないことが肝心ですし、かと言って叩いたりするのは絶対にNGです。指示を聞けた時は大げさに褒めてあげましょう。
また家族みんなでしつけの方針を統一することも必要です。みんなの指示がバラバラだと子犬も混乱してしまいます。
また小さい頃から積極的に他の人や犬たちと接するようにしましょう。そうすることで社会性を学び、成犬になってからも暮らしやすい子に育ってくれます。

北海道犬との遊び方

北海道犬 性格

他の日本犬たちと同じく、北海道犬も遊ぶことが大好きです。その性格を踏まえたおすすめの遊びをご紹介していきましょう。

狩猟犬ならではの性格を生かしたボール遊びがおすすめ

かつて狩猟犬だった頃の性質から、動くものに対して俊敏に反応するためボール遊びやロープ遊びなどがおすすめです。
室内・屋外問わず遊べますし、ドッグランなどであれば思い切り走れますから最適ではないでしょうか。

ただし屋内で遊ぶ場合は、フローリング床ですと脱臼や関節を傷めるリスクもあるため、カーペットや滑り止めマットなどが必須です。
また独占欲が強い子もいますから、ボールを独り占めしないよう、きちんと持ってこられるようにトレーニングしましょう。

北海道犬が得意なスポーツ

北海道犬 性格

ドッグスポーツやアジリティに関しても、走り回ることが大好きな北海道犬は得意だと言えるでしょう。おすすめのドッグスポーツをご紹介します。

ドッグタイムレース

北海道犬は狩猟犬だったと言っても、欧米の狩猟犬のように獲物を回収したり穴を掘ったりなどは得意としていません。何より走ることが大好きな犬種ですから、タイムレースなどがおすすめです。
各地で開催されている記録会では50mのタイムを競うため、思ったより単純ですし、訓練もさして必要としません。ハンドラー(飼い主さん)と同伴で走るため歩調を合わせることが重要です。

アジリティ(障害物競走)

賢くて落ち着きのある北海道犬にとって、障害物競走も得意な種目の一つです。トレーニングさえ積めばボーダー・コリーにも負けないアジリティ・ドッグになることも夢ではありません。
北海道犬は持久力もあるため、向いている競技だと言えるでしょう。

北海道犬のための環境づくり

北海道犬 性格

北海道犬はキレイ好き

他の日本犬と同じように北海道犬もテリトリー意識が強く、自分の寝場所をキレイにしておきたい性質があります。そのためなかなか家ではトイレをせずに、外でしかしない子もまた多いのです。
あえてケージとトイレを離して置くことも一つの方法でしょう。

抜け毛ケアをしっかりしてあげること

北海道犬はダブルコートで、しかも被毛が分厚いために抜け毛の季節ともなれば家じゅうが毛だらけになるほどです。そうした場合、人にとっても犬にとっても過ごしやすい環境とは言えなくなるでしょう。
そのため抜け毛対策はしっかりしてあげることが大切です。毎日のブラッシングも欠かせなくなるでしょうし、お部屋の掃除も根気が要る作業となりますね。

北海道犬の性格を理解しよう

北海道犬 性格

多少頑固で警戒心の強い気質はありますが、ともに暮らしていくパートナーとして非常に適した性格だと言えるでしょう。
北海道犬の性格をよく知った上で、家族の一員としてお迎えすれば、きっと素晴らしい犬になることでしょう。

▼以下の資料を参考に執筆しました。
※北海道(ジャパンケネルクラブ)
※北海道犬の特質とは(一般社団法人北海道犬保存会)

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石 則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 更新日:

    2020.06.10

この記事をシェアする