magazine

犬種図鑑

2020.06.09

狩猟や闘犬として活躍したシャーペイの性格は?個性あふれる魅力をチェック!

シワシワの皮膚が特徴的なシャーペイは、日本ではほとんど見かけることのない希少犬ですが、特徴的な外見に魅了される根強いファンシャーが存在します。
今回は、そんなシャーペイの性格的特徴に焦点を当て、上手なしつけ方や遊び方など一緒に暮らす際に知っておきたい情報を紹介します。

#シャーペイ

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

シャーペイの性格

シャーペイ 性格

シャーペイに適したしつけ方や遊び方、環境づくりを考えるにあたり、まず性格的な特性を知る必要があります。ここでは、シャーペイの性格から見る得意・不得意なことを紹介します。

ルーツは古く中国が原産

シャーペイは、中国原産のとても古い犬種です。
狩猟や家畜の保護、番犬として長い間中国の田舎で飼育されていました。その後に闘犬として活躍するようになり、剛毛でシワとたるみのある分厚い皮膚に改良されていきました。
ほんの50年ほど前まで現役の闘犬として活躍していたため、闘争心や警戒心の強さを現在のシャーペイも受け継いでいると言えます。

得意なこと

シャーペイは冷静で落ち着きがあり、信頼する家族には愛情深い犬種です。感情を表に出さず穏やかなため、子供の遊び相手にもなってくれます。
また、独立心が強くマイペースなため、ひとりでのお留守番は平気なコが多いでしょう。

苦手なこと

シャーペイは、闘犬としての気質を生まれ持っているため防衛本能が強く、知らない人には懐きません。散歩中にあった他の人や動物に攻撃性を見せる個体もいるため、幼い頃から社会性を身に着ける必要があります。
また、家族であっても小さな子供にしつこく構われると、反撃してしまうこともあるため注意が必要です。

シャーペイに適したしつけ方

シャーペイ 性格

シャーペイは賢く忠実な性格ですが、頑固な一面もあるためしつけにはスキルが必要な犬種だと言われています。頭がいい故に一貫性のあるしつけをしなければ、わがままに育ってしまうこともあります。家族で統一したしつけ方を心がけましょう。

社会性を身に着けることが大切

シャーペイには、闘犬としての気質が残っているということを忘れてはいけません。知らない人や動物には強い警戒心を抱いて攻撃的になってしまう可能性もあります。
そのため、子犬の頃から多くの人や動物と接する機会を与え、早期に社会性を身につけさせるのが吉でしょう。また、いざという時に愛犬をコントロールできるよう訓練をしっかり行う必要があります。

シャーペイの性格をふまえた上手な遊び方

シャーペイ 性格

シャーペイは、闘犬として気質を持つため他の犬や動物との接触は極力控えた方がいいと言われています。
特に初対面の相手には攻撃的な反応をしてしまうこともあるため、色んな犬がやってくるドッグランなどには十分に注意が必要です。また、暑さが苦手な犬種なので、夏場は早朝や日が暮れて地面の温度が下がってから出かけるようにし、室外で遊ぶ場合は室温と湿度に注意しましょう。そんなシャーペイにおすすめの室内で行える遊びを紹介します。

ノーズワークがおすすめ

室内で行うことのできるノーズワークは、犬の優れた嗅覚と頭を使う刺激的な遊びです。
おやつやおもちゃなどの”獲物”を嗅覚を使って探し出すので、犬の狩猟本能を発揮させることができ、体を激しく使うことはなくても満足感を得ることができます。シニア犬や障害のある犬を含め全ての犬が楽しむことができ、飼い主との絆を深める機会にもなるのでお勧めです。

シャーペイが快適に過ごせる環境づくり

シャーペイ 性格

シャーペイは頭部の肉づきが良いため、暑さに非常に弱いとされています。そのため、室内での飼育が好ましいでしょう。
特に夏場の高温多湿な環境は、熱中症を起こしかねないため、冷房器具などを使用した室温管理が大切です。犬にとっての快適な室温は25~26度、湿度は50%以下と言われていますので、この室温・湿度を目安に調節してあげましょう。

シャーペイの性格を理解して幸せな時間を過ごそう

シャーペイ 性格

シャーペイは、決して初心者向きの犬種とは言えませんが、たっぷり愛情を注いで信頼関係を築いてしつけをすれば忠実で愛情深いパートナーになってくれます。しつけを成功させる鍵は一貫性を持つことですから、お迎えする前から家族でしつけ方や接し方について統一できるようよく話し合ってみましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.06.09

この記事をシェアする