magazine

犬にまつわる雑学

2020.06.03

ギネスに載っている世界最高年齢の犬は?日本にもギネス記録を持つ犬がいた!

愛犬に健康に長生きして欲しいと誰しもが願いますが、犬の寿命は人と比べるととても短いですよね。犬の平均寿命は大きさや犬種などによっても代わりますが、10~15歳ぐらいと言われています。しかし、世界にはそれを遥かに超える長生きの犬がいました。そこで今回は、ギネス世界記録に認定されている長寿犬たちについて紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

ギネスに認定された世界で最も長く生きた犬の年齢は?

ギネス記録を持つ犬

ギネス記録を持つ世界最高齢の犬は、オーストラリア・ビクトリア州にいたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイーです。 オーストラリアン・キャトル・ドッグとはオーストラリア原産の優れた能力をもつ牧羊犬のひとつで、ブルーイーも牧羊犬として活躍していました。

犬の世界最高齢のギネス記録は29歳5ヶ月

1910年に生まれたブルーイーは、約20年の間優れた牧羊犬として活躍し、1939年11月14日に安楽死によって亡くなりました。つまりブルーイーは、29歳5ヶ月まで生きていたのです。オーストラリア・キャトル・ドッグの平均寿命は、10~14年とされているため、それを遥かに超えていることが分かります。

また、人間年齢に換算するとオーストラリア・キャトル・ドッグは中型犬なので、158歳になります。

ギネス記録以外にも!30歳超えのオーストラリアン・ケルピーも!

長生きなオーストラリアン・ケルピー

実は、29歳5ヶ月で世界最高齢犬としてギネス記録を持つブルーイーの記録を超えるほど、長生きした犬もいます。ブルーイーと同じくオーストラリアのビクトリア州に暮らしていたオーストラリアン・ケルピーのマギーについて紹介していきます。

2016年まで在命していたマギー

酪農家の飼い主と共に暮らしていたオーストラリアン・ケルピーのマギーは、毎朝牧場までの道を歩き、農場を見回るの日課にしていました。
亡くなる前週まで日課を欠かさず行っていたマギーは、2016年4月の30歳のときに亡くなりました。30歳を人間年齢に換算するとオーストラリアン・ケルピーは中型犬なので、163歳という結果に。

しかし、ブルーイーのギネス記録が塗り替えてられていないのは、マギーの年齢を証明できる書類がなかったために、ギネス認定は惜しくも逃してしまったようです。ギネスに載らなくても飼い主とマギーは、幸せな30年を過ごしたことは容易に想像できますね。

日本にもギネス記録に認定された長寿犬がいた!

長生きな柴犬

先ほど紹介した2頭は、どちらともオーストラリアのビクトリア州に暮らしていましたが、実は日本にも平均寿命を遥かに超える長寿犬がいました。ギネス記録に認定されたことで、海外でも多く取り上げられており、知っている方も少なくないかもしれません。詳しく紹介していきます。

存命世界最長寿犬のギネス記録をもつプースケ

栃木県さくら市で暮らしていたオスの雑種犬プースケは25歳9か月のときに、生存する最高齢の犬としてギネス世界記録に認定されました。プースケがギネス記録に認定される前は、これまたオーストラリアに住むオーストラリアン・ケルピーの21歳3ヶ月の記録でしたが、大幅に塗り替えたことになりますね。

プースケは、2008年に交通事故に遭って生死の境をさまよったこともありましたが、命を取り留めて元気に家族のアイドルとして暮らしていました。 残念ながら存命している世界最長寿犬としてギネスに載った約1年後の26歳8ヶ月で亡くなりました。

目指せギネス記録?健康で充実した愛犬ライフを!

長寿犬を目指すダックス

紹介してきた長寿犬たちを見ると、牧羊犬として活躍してきた犬が多いようです。 人間も定年退職して役割を失うと、鬱になってしまったりと健康被害が起こることがあります。 逆に自分の役割や仕事を持っている方の方が、生き生きと活力に満ちて生活できると言われますが、犬も同じで年をとっても自分の役割がしっかりとあることが、健康で長生きできる秘訣なのかもしれませんね。 シニアになったからと行動を制限するのではなく、伸び伸びと愛犬が楽しく暮らせる環境作りを心がけていきましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.06.03

この記事をシェアする