magazine

犬を迎える

2020.06.17

イタリアングレーハウンドの子犬の飼い方は?散歩やシャンプーの時期を知りたい

イタリアングレーハウンドは、古代エジプトでファラオの宮廷に存在していたグレーハウンドの末裔です。ハウンド系の中では最も小型で、古くからヨーロッパで愛されていますが日本でも高い人気を誇ります。ここでは、イタリアングレーハウンドの子犬がどう育っていくのか?その魅力やエサの量、散歩やシャンプーを始める時期についてご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

イタリアングレーハウンドの魅力とは

イタリアングレーハウンドの子犬

凛とした立ち姿が印象的なイタリアングレーハウンドは、表情が豊かで多くの魅力にあふれています。

スマートで美しいシルエット

体つきが美しいイタリアングレーハウンドは、古代エジプトの壁画や多くの美術品のモチーフにもなりました。丸く美しい線を描く腰やバランスのとれた四足は、気品に満ちています。

滑らかな被毛

イタリアングレーハウンドの艶のある短毛は手触りがよく、シルクのように滑らかです。抜け毛も少なくシャンプーなどのお手入れも手間がかかりません。ジャパンケネルクラブ(JKC)では、ブラック、グレー、イザベラの単色が規定色です。

特徴的な歩様

イタリアングレーハウンドは足が速く、他の犬種とは比較にならないほどの速度で走ることができます。前足と後足を揃えて動かし、背中を使って走る「ダブルサスペンスギャロップ」と呼ばれる走り方が特徴的です。

イタリアングレーハウンドの子犬のエサの量は?

イタリアングレーハウンドの子犬

イタリアングレーハウンドの引き締まった筋肉質な光沢のある美しい被毛を維持するには、その子に合った良質なフードを選び、適正な量を与える必要があります。基本的には子犬用・小型犬用と記され、必要な栄養素を満たした「総合栄養食」と記載された製品であれば問題ありません。

フードを急変すると体調を崩す原因になるので、それまで与えていたものから他の製品へ切り替えるときには少量ずつ混ぜて徐々に切り替えます。

エサの量は与えるフードの種類や生活環境によって異なる

子犬用のフードは通常、成犬用よりも高カロリーに作られています。これは子犬期は成犬よりも必要なエネルギー量が多いためです。フードのカロリーは製品ごとに異なるため、パッケージに記載された給与量を目安にしましょう。

また、与える子の骨格の大きさの違いや運動量の違いなど、生活環境によって必要になるカロリーは異なり、食べるエサの量にも個体差があります。平均的な給与量通りに食べないからと、心配し過ぎる必要はありません。

子犬の軟便はエサの問題?

子犬はしばしば軟便になることがありますが、その原因にエサが関係していることがあります。考えられる原因としては、与えるエサの量が多い、エサの種類の急変、食物アレルギーなどが挙げられます。エサ以外が原因の軟便には感染症や寄生虫症、ストレスなどが考えられます。軟便が続くと脱水になることもあるので、動物病院を受診することをおすすめします。

イタリアングレーハウンドの散歩・シャンプーを始める時期とは

イタリアングレーハウンド 子犬

イタリアングレーハウンドの子犬を迎えると、散歩・シャンプーを始める時期が気になりますよね。十分な免疫力が獲得できていない子犬期は、一般的には3回混合ワクチンを接種する必要があり、その後も年1回の追加接種が必要です。散歩・シャンプーを始める時期は、子犬期のワクチンが完了し1週間ほど経ち、十分に免疫力を獲得してからになります。

子犬の散歩

子犬は、初めての散歩で怖い経験をすると散歩に対して恐怖心を抱いてしまうことがあります。車通りが多い道や、散歩する犬が多い時間帯は避けるようにしましょう。まずは屋外の環境に慣れさせる目的で子犬を抱っこした状態で飼い主さんが散歩し、鳥の声や風の臭いを感じさせてあげます。慣れてきたらリードを付け、地面に下ろし散歩させてみましょう。

子犬のシャンプー

シャンプーも散歩と同じように、子犬期に怖い思いをさせないことが大切です。シャワーを使用するときは驚かせないよう水圧を弱め、シャワーヘッドを皮膚に密着させて滑らせるようにして、顔から遠いお尻側から濡らていきます。イタリアングレーハウンドはスマートで脂肪が付きにくく、短毛ということもあり寒さが苦手です。シャンプー後はすぐに乾くからと放置せず、タオルやドライヤーで乾かすようにしましょう。

イタリアングレーハウンドの子犬を迎えたら

イタリアングレーハウンドの子犬

ペットショップやブリーダーの元からやってきて生活環境が激変した子犬は、少なからずストレスを感じています。つい、かまいたくなるかもしれませんが、慣れるまではそっと見守るようにしましょう。環境に慣れてきたらしつけを覚えさせたり、積極的にコミュニケーションを取るようにし、信頼関係を築いていきましょう。

  • 更新日:

    2020.06.17

この記事をシェアする