magazine

グッズ

2020.06.17

愛犬の虫よけどうしてる?対策の必要性と愛犬に優しい虫よけグッズ5選

愛犬の虫よけ対策、きちんとしていますか?お散歩中、うれしそうに草むらに頭を突っ込んでクンクンとニオイを嗅いだりするコもいますよね。そうすると、飼い主さんの知らないうちにノミやダニが愛犬の体についてしまっていることも。 たかが虫よけと思って対策をしないと、大変なことになります! マダニや蚊が原因で、最悪の場合、愛犬が命を落としてしまう事もあります。 そうなる前にきちんと虫よけ対策をしておきましょう。 今回は、便利な虫よけグッズをご紹介したいと思います。

#Goods

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師、文:Qt

この記事をシェアする

愛犬の虫よけは毎月きちんとお薬で!

犬とフィラリア予防薬

蚊が媒介して感染するフィラリア症は、愛犬の命にかかわるとても恐ろしい病気です。愛犬をフィラリア症に感染させないためには、フィラリア予防薬が必須です。さらに、フィラリア症の対策は蚊が出る時期にはずっとしなくてはなりません。

今は、オヤツ感覚で食べられるお薬や、1度の注射でそのシーズン中はずっと効き目があるものなど、便利なお薬もあります。 蚊のシーズン前には必ず動物病院でフィラリアの検査をし、お薬を処方してもらいましょう。

ノミ・ダニ対策も忘れずに

フィラリアだけでなく、ノミ・ダニ対策も重要です。 ノミ・ダニが愛犬の体についてしまうと、かゆいだけでなく、こちらも命にかかわる病気に感染してしまう恐れもあります。 さらに、マダニが感染源となり、飼い主さんまで感染症を引き起こしてしまうことも。 こちらもフロントラインなどのお薬で予防しておくことが重要です。

愛犬の虫よけグッズを賢く活用しよう|おすすめグッズ5選

犬が草むらにいる様子

愛犬の虫よけ対策は、まずはお薬で確実に予防するのが大前提です。その上で、さらに便利な虫よけグッズをサポート的に使用するのが理想的な虫よけ対策です。今回は、愛犬にも優しい便利な虫よけグッズを5つご紹介します。

1.虫よけとリラックスが同時にかなう|帝塚山ハウンドカム アロマ虫よけマイルドスプレー

天然由来の成分のみで作られた、ペット用の虫よけスプレーです。 お散歩やお出かけの際にスプレーすれば、さわやかな香りに包まれながら、虫からも守ってくれます。 アレルギーの犬でも使用できます。

商品情報

2.薬剤不使用で愛犬にも安心|iHOVEN LEDライト 吸引式捕虫器

LEDライトと二酸化炭素で虫を誘い込み、捕獲してくれる吸引式捕虫器です。 薬剤を一切使用していないので、愛犬にも安心!煙や臭いも出ません。 また、USB給電式で持ち運びにも便利です。

商品情報

3.首に巻くだけのお手軽虫よけ|ペットノミ取り首輪

天然の虫よけ成分を素材にしみこませている首輪型で、愛犬の首に巻くだけで虫よけ効果が期待できます。 ダニよけ効果は最長90日、ノミよけ効果は最長で8か月持続します。 防水仕様になっているので、愛犬のシャンプーの時にも取り外さなくてOK。 首につけてサイズ調節するだけなので、手軽にできる愛犬用虫よけとしておすすめです。

商品情報

4.愛犬に優しくインテリアとしても|プラグアロマ バズオフエクストラ セット

プラグに差し込んで使用するアロマタイプの虫よけです。天然由来成分100%の精油で、愛犬にも安心。 オシャレなデザインなので、家のインテリアの邪魔をしません。 ただ、コンセントのある場所でないと使用できないので、置く場所には注意が必要です。

商品情報

5.お香の香りでリラックスしながら虫よけ|アース・ペット お香で虫よけ ラベンダー

いい香りのお香で虫よけもできるこちらの商品は、10分間燃焼させれば、香りと殺虫成分が部屋に広がって、虫よけ効果が約12時間持続します。ラベンダーの香りで愛犬もリラックス。 お香を燃焼させる時には、愛犬だけにさせず、必ず飼い主さんが近くにいるようにしましょう。

商品情報

愛犬の虫よけグッズはシーン別で上手に使い分けよう!

犬が草むらにいる様子

愛犬の虫よけグッズは本当にいろいろな種類があるので、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。 家ではコレ、お散歩の時にはコレ、などシーンによって使い分けるのもオススメです。 ただ、虫よけグッズは確実に予防ができるわけではないので、あくまでサポート的な役割だと認識した上で、愛犬と飼い主さん両方が使いやすいものを選ぶようにしましょう。

◎監修者プロフィール
加藤みゆき 獣医師

加藤 みゆき/獣医師

日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。
日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!