magazine

グッズ

2020.06.30

犬のショートリードが活躍する場面とは?厳選ショートリード4選を発表!

ショートリードとは「短いリード」のことを指します。ショートリードを使う人はあまり多くありませんが、犬のショートリードは実はたくさんの場面で活躍します。ここではショートリードが活躍する場面に加え、ショートリードの選び方やおすすめのショートリードを紹介していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

犬のショートリードが活躍する場面とは?

犬 ショートリード

ショートリードは普通のリードよりも犬をコントロールしやすのが特徴です。そのため、犬を近くに歩かせたり、問題行動に対処する場面で使うことがおすすめです。ここでは、ショートリードが活躍する場面を紹介していきます。

引っ張り癖がある犬の散歩中

リードがむやみに長いと、犬にとって引っ張りやすくなります。そのため、ショートリードを用いて犬がリードを引っ張る余裕を与えないようにすると、効果的に引っ張り癖に対処することができます。

車や人が多い場所を散歩するとき

車や人がいる場所で犬が自由に歩き回るのは非常に危険です。このような環境で散歩する際にはショートリードを用いて犬をしっかりとコントロールするようにしてください。犬がショートリードでの範囲でしか動けないようにすることで、車の事故などを防ぐことができます。また、他の人に迷惑をかける心配がありません。

犬の行動が予測できないとき

犬が新しい環境、人や犬にどのように反応するかわからない場面では犬をショートリードにつけて行動をしっかりと管理することができます。犬の安全を守ることができるだけでハンク、周りの人や犬の安全を守ることができます。

犬のショートリードの選び方の基本とは?

犬 ショートリード

犬のショートリードには様々な種類のものがあります。たくさんのショートリードの中から自分に合ったショートリードを選ぶことでさらに快適にリードを使用することができます。ここではショートリードを選び方を紹介していきます。

自分のライフスタイルに合った素材を

ショートリードを選ぶ際には自分のライフスタイルや好みに合った素材を選ぶようにしてください。リードの素材にはナイロンや革からラバーなど様々なものがあり、どれも手触りや特徴が異なります。

愛犬の身体の大きさに合った長さを

大型犬であれば首の高さがリードを持つ位置に近いので、ショートリードを使用することができます。しかし、小型犬は首の位置が低いので、少し長めのショートリードを選ぶようにしてください。短すぎると愛犬が宙に浮く形になってしまいますので、注意しましょう。

丈夫なリードを

犬の引っ張る力に合った丈夫なリードを選ぶことが大切です。リードのサイズだけではなく、リードのナスカンやフックの部分が十分に丈夫かを確認するようにしてください。

厳選!犬用ショートリード4選

犬 ショートリード

ショートリードはたくさんあり、選ぶのが大変と感じることがあるかもしれません。ここではおすすめのショートリードを紹介していきます。自分の犬に合ったショートリードを選んでみてくださいね。

1.アウトドア製品で耐久性には自信あり!

犬のアウトドア製品を作っているRUFFWEARのショートリードです。アウトドアの様々な環境に耐えられる丈夫な作りで、耐久性に優れています。また、ナスカン部分も丈夫なので、力の強い犬にも安心して使用することができます。

商品情報

2.訓練用品ブランドで引っ張り癖のあるコにも!

犬の訓練用品をメインに取り扱っているザ・ブラックラブカンパニーのショートリードです。ポリエステルのリードにゴムが編み込まれているため、持ち心地が非常にいいのが魅力です。また、滑りにくいので、引っ張り癖のある犬にもおすすめです。

商品情報

3.手に馴染む本革。時間経過を楽しめる

本革を用いて職人が丁寧に仕上げたショートリードです。本革は使えば使うほど手に馴染み、持ちやすいのが魅力です。また、耐久性も高いので、トレーニング中の犬にも向いています。

商品情報

4.持ち手がユニーク。犬への負担を軽減

ユニークな素材を用いて作られたショートリードです。伸縮性があるため、犬の首や肩への負担を減らすことができるのが最大の魅力です。また、カラフルなバリエーションから自分の好きな色を選ぶことができ、見た目もとても可愛いショートです。

商品情報

ショートリードで愛犬をしっかりコントロール

犬 ショートリード

ショートリードを実際に使っている人はまだまだ少ないですが、ショートリードを使うのにはたくさんのメリットがあります。犬をさらにコントロールすることで犬の行動を制限し、犬と周りの人の安全を守ることができます。自分の犬に合ったショートリードを選び、さらに安全な散歩を犬と楽しんでみてくださね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!