magazine

健康管理 / 病気

2020.05.27

犬に除草剤は危険?舐めてしまった時の正しい対処法と予防法を解説

夏が近づくと、犬が大好きな道端の草むらや畑のあぜ道、公園の広場に除草剤が撒かれることがあり、飼い主としては愛犬が誤って除草剤を口にしたらと心配になりますね。危険なイメージが強い除草剤ですが、愛犬にどのような影響を及ぼすのでしょうか。今回は、除草剤が犬に与える影響と犬の足に除草剤が付いたり舐めてしまったりした場合の対処法を見ていきましょう。

Author :泉 能子/愛犬家、ドッグライター

この記事をシェアする

除草剤とは?人や動物に与える影響

除草剤 犬

まず、除草剤の概要と犬を含む動物に与える影響についてです。

邪魔な草を取り除くための薬剤

除草剤を含む植物調整剤の研究開発を推進する公益財団法人日本植物調節剤研究協会(植調協会)によると、除草剤とは人間の生活の妨害となる雑草を防除する(取り除く)薬剤だとされています。
その利用シーンは田んぼや畑、農耕地などの農業の現場が多い一方で、私たちが街で良く見かけるのは駐車場や公園、道路や宅地で使用される「緑地管理用」と呼ばれる除草剤です。

動物への作用は「あまりない」

利用される場所が人間の生活と密着した場所ばかりなので人体に対する影響が懸念されるところですが、植調協会は「植物を殺すことを目的にした薬物ですから、多くの除草剤は動物や病原菌に対する作用はあまりありません。」としています。
現在では、人やペットなどの動物に対してできる限り害がないように、地面に落ちると不活性化する除草剤が主流となっていることが上記の根拠だと考えられます。

犬が除草剤を飲んでしまった!正しい対処法とは

除草剤 犬

動物に害がないように作られているとはいえ、犬の健康状態やどのように摂取したか、またその摂取量によっては影響が一切ないとは言い切れません。
万が一、愛犬が除草剤を飲んでしまった場合の正しい対処法を知っておきましょう。

1.冷静な状況判断が第一

愛犬があきらかに除草剤を飲んだ、あるいは足に付いた除草剤を確実に舐めたと判断できる場面はそう多くありません。
また、自宅の庭で除草剤を撒いたすぐ後に草を食べたとか除草剤の袋を破って食べたとかでない限り、お散歩コースのどこでいつ除草剤が撒かれているかを事前に知ることは不可能です。

万が一、愛犬が除草剤らしきものを口に入れたと思われる場合、最も重要なことは落ち着いて冷静に状況を観察することです。
口に入れた状況や除草剤の名称がわかっている場合は、どのような時にどんな除草剤を口にしたのかをしっかり確認し、吐いた、元気がない、食べないなどの症状があればそれもメモしておきましょう。

2.かかりつけの獣医師に相談する

かかりつけの動物病院があれば、まず電話で今の状況を話し指示を仰ぎましょう。
口に入れた除草剤が少量だった場合や犬が無症状で元気な場合、しばらく様子を見ることが多いです。ほとんどの除草剤や農薬は短期間で無毒化し尿などと一緒に排出されるので、2~3日様子を見て変わらず元気ならばまずは問題ありません。

犬の様子が明らかにおかしく、痙攣などを引き起こしている場合はすぐに獣医師の診察を受けましょう。器具を使っての吐き出しや、血中濃度を薄める点滴、薬剤投与(除草剤を吸着させるための活性炭素)などで対処されます。

3.獣医師の診察を受けるまでにできる応急対処法

様子を見ている間に飼い主にできることは何でしょうか。

適温が保てる場所で静かにさせる

体力を消耗すると代謝機能(薬剤を無毒化する機能)が落ちるので、空調の効いた室内で静かにさせておきましょう。

水分をたっぷり与える

除草剤は水溶性のものが多いので、水分を取らせることで胃の中に残っている薬剤や血中濃度を薄め症状を軽くすることができます。ただし、飲むのを嫌がるときは無理に飲ませないようにしましょう。

犬を除草剤から守るための予防策は?

除草剤 犬

犬が除草剤を口にしないためにはどのような予防策があるのでしょうか。

草のあるところに近ずかせない

犬が除草剤を口にしないためには、まずは草の生えているところに近ずかせないことが一番です。
犬は草地が好きなのですべての草地を避けることはできませんが、特に夏場などで草が一部分だけ枯れているようなところは除草剤が撒かれている可能性が高いので注意が必要です。
農薬などが撒かれる畑やそのそばの農道などには入らないようにしましょう。

散歩から帰ったら足をよく拭く

よく気を付けていてもどこで除草剤を踏んでいるか分かりません。散歩から帰宅したら、愛犬の足を市販のボディシートや柔らかいタオルでよく拭きましょう。
もっとしっかりと対策したい場合は、愛犬の足を守ってくれる犬用の靴を利用すると安心です。

草を食べるのを止めさせる

犬はときに草を食べることがあります。何故犬が草を食べるのか理由ははっきりとしていませんが、胃の具合が悪いときや、吐き気があるときに、草を食べその刺激で嘔吐を促しているといわれています。
また、栄養不足から草にふくまれるビタミンや葉酸を摂取しているという仮説もあります。
頻繁に草を食べるようであれば、一度動物病院などで犬の健康状態を調べてもらいましょう。ドッグフードを見直すことで草を食べなくなることもあるようです。
どこに除草剤が撒かれているかわかりませんので、散歩中に草を食べさせないようにしましょう。

犬が除草剤を口に入れたときは・・まずは落ち着いて!

除草剤 犬

犬が除草剤などの薬物を口に入れたと分かったときは、びっくりしてパニックになりがちですね。そういうときはまずは落ち着ついて、その時の状況や犬の容態などをしっかり確認しましょう。
現在の除草剤は一度に多量を飲んだりしなければ、即死に繋がるような危険なものはありません。処置するまでの時間は十分にありますので、まずは獣医師に相談し指示を受けましょう。
それでも急速に身体状態が悪くなったり、痙攣がおきたりするときはすぐに救急動物病院に連れていく必要があります。その時に適切な処置をしてもらうためにも、どこでどんなものを口に入れたのかをしっかり把握しておくことが大切です。

◎ライタープロフィール
泉 能子 愛犬家 ドッグライター

泉 能子/愛犬家、ドッグライター

動物が大好きで、気づけば隣にはいつも愛犬がいて、愛犬とお互いに助けたり助けられたりの共同生活をしているドッグライターです。
今までにヨークシャーとスムースダックスを育てて看取り、今は保護犬の9歳になるブラックタンのダックスと暮らしています。
人と犬が楽しく幸せに暮らすために役立つ記事を発信していきます。

  • 更新日:

    2020.05.27

この記事をシェアする