magazine

犬を迎える

2020.05.12

ホワイトシェパードの子犬が生まれてくるまで|体重の変化や気を付ける病気

シェパードといえば、警察犬として活躍する黒っぽい犬を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?しかし、最近では全身の被毛が真っ白なホワイトシェパードが注目を集めていることを知っていましたか?ホワイトシェパードの成犬はエレガントで美しく、子犬はまるまるとしていてとてもかわいいです。ここでは、ホワイトシェパードの子犬の飼育方法や成長スピードについて解説していきます。

#ジャーマンシェパードドッグ

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

ホワイトシェパードの子犬が生まれるまで

ホワイトシェパード 子犬

ホワイトシェパードの子犬は長い過程を経て生まれてきます。まずは、ブリーダーが親犬を選びます。親犬はお互いの短所と長所に合わせて慎重に選ばれます。その後、交配が行われます。交配が成功すればいよいよ妊娠です。

ホワイトシェパードの妊娠期間は?

ホワイトシェパードの妊娠期間は58~68日です。妊娠期間を明確に把握しておくことは母犬だけではなく、子犬の命を守るのに欠かせません。母犬が妊娠期間をどのように過ごすかは、子犬の健康にも大きな影響を与えるので、妊娠状況をしっかりと把握した信頼できるブリーダーを選ぶようにしましょう。

ホワイトシェパードの生まれる頭数は?

ホワイトシェパードは5~10頭の子犬が生まれます。生まれる子犬の頭数は平均的です。生まれたての小さな子犬を見てみたいですよね。

ホワイトシェパードの子犬の成長スピードは?

ホワイトシェパード 子犬

ホワイトシェパードの子犬はあっという間に成犬にまで成長します。ここでは、ホワイトシェパードの成長スピードについて詳しく解説していきます。

ホワイトシェパードの体重の変化

ホワイトシェパードは成犬になるまでに時間がかかるのが特徴です。1歳になるまでに徐々に体重が増えていき、ほぼ成犬のサイズにまで成長します。しかし、成長はそこで止まらず、3歳頃まで緩やかな成長と体重増加が続きます。

ホワイトシェパードの被毛や体型の変化

ホワイトシェパードの子犬は丸々としていますが、成犬になると筋肉が発達し、力強い体型へと変化します。毛質も硬くなるのどの変化を経て、成犬へどんどんと近づいていきますよ。

ホワイトシェパードの子犬を迎えたら

ホワイトシェパード 子犬

ホワイトシェパードの子犬との新生活にワクワクする飼い主は多いですよね。しかし、それと同時にたくさんの不安を抱えている飼い主も少なくありません。ここでは、はじめて子犬を迎えた多くの人が抱く疑問に答えていきます。

ホワイトシェパードのごはんの与え方は?

ホワイトシェパードには良質なパピーフードを与えるようにしましょう。また、体重を定期的に測定し、こまめにごはんの量を調整することで肥満や痩せすぎを防ぎ、子犬が健康に成長するするためのサポートをすることができます。 最近では手作り食に挑戦する飼い主もたくさんいますが、栄養バランスの調整が困難な場合があります。そのため、子犬の頃は手軽で安心なドッグフードがおすすめですよ。

ホワイトシェパードとはじめての〇〇

ホワイトシェパードの子犬との生活には、はじめてのことがたくさんありますよね。ここでは、そんな「はじめての〇〇」になるべくスムーズに取り組むためのコツやタイミングを紹介していきます。

散歩を始めるタイミング

子犬を迎えたらすぐに散歩に連れていきたくなる気持ちはどの飼い主も同じです。しかし、子犬の頃は少しの辛抱が必要です。感染症のリスクを最小限に抑えるため、子犬の散歩は全てのワクチンを終えてからにしましょう。ワクチンを終えるタイミングは動物病院やブリーダーの方針によって差があるので、獣医に確認するようにしましょう。

シャンプーを始めるタイミング

シャンプーを始めるタイミングは決まっていません。子犬が汚れた時に応じて頻度や回数を調整するようにしましょう。しかし、シャンプーをする回数が多いと被毛がパサついてしまうことがあるので注意が必要です。

しつけを始めるタイミング

しつけは子犬を家に連れて帰ったその日から始めるようにしましょう。しつけに早いうちから取り組むことで子犬と信頼関係を深め、問題行動を事前に防ぐことができますよ。なるべく褒めるしつけを心がけ、子犬とって楽しい時間になるように工夫しましょう。

ホワイトシェパードの気を付けたい病気

ホワイトシェパードの子犬で気をつけておきたいのが股関節形成不全です。股関節形成不全は、股関節が正常に発達しない病気です。多くの場合は生後4~7ヶ月の子犬に歩行障害の症状が発症します。股関節形成不全は放置しておくと関節炎などを引き起こしてしまうことがあるので、早い段階で治療に取り掛かることが大切です。

ホワイトシェパードの成犬との違い

子犬と成犬の最大の違いは必要な運動量です。子犬はたくさんの運動を必要としないため、散歩時間をたくさん確保する必要はありません。しかし、成犬の運動量は多いので、しっかりと散歩時間を確保する必要があります。

ホワイトシェパードの子犬と楽しい時間を

ホワイトシェパード 子犬

ここでは、ホワイトシェパードの子犬ついて詳しく解説していきました。小さくて可愛らしい子犬はあっという間に成犬に成長してしまいます。子犬の飼育やしつけにしっかりと取り組み、成犬になった時に楽しい生活ができるようにしましょう。また、ホワイトシェパードの子犬を迎える前に成長スピードや成犬になった時に体格を確認しておくようにしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.05.12

この記事をシェアする