magazine

犬種図鑑

2020.05.11

チワプーの子犬は何頭生まれる?成長スピードや散歩デビューのタイミングも

チワワとトイプードルのミックス犬のチワプー。人気の純犬種の両親のいいとこ取りをしたキュートな外見と育てやすい性格のチワプーは、年々人気が高まってきています。そこで今回は、チワプーの子犬について詳しく紹介していきます。出産頭数や子犬の成長スピード、餌の量や、散歩・シャンプー・しつけのタイミングなど子犬を迎えてからのお世話に仕方について説明していきます。

#チワプー / #ミックス犬

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

チワプーの子犬が生まれるまで

チワプーの子犬

まずは、チワプーがどのようにして生まれて来るのかを少し紹介します。

犬の妊娠期間

犬は18ヵ月齢以上になると妊娠が可能になります。

交配が成功すれば出産までは約62日程度、つまり2ヶ月間の妊娠期間を経て子犬が誕生します。この妊娠期間は、体の小さなチワワであろうと大型犬であろうと変わりません。約10ヶ月の妊娠期間がある人と比べるとあっという間で、妊娠が確認できてから約1ヶ月後には出産になります。

チワプーの生まれる頭数

個体差がありますが、チワプーが1回の出産で2~4頭程度の子犬が誕生します。チワワは頭が大きく、母体は小さいために難産になりやすい傾向にあり、帝王切開にて出産することが多いです。そのため、以前は母犬をトイプードルにすることで、お産のリスクを減らしていたこともありました。

チワプーの子犬の成長スピード

チワプーの子犬

チワプーは、ミックス犬のため個体差が大きいもののトイプードルよりは小さく、チワワを少し大きくしたサイズに成長すると言われており、成犬時体重は約3kg前後になります。ここでは、チワプーの体重の変化と外見の変化について紹介していきます。

体重の変化

チワプーの生まれたばかりの子犬は、約100g前後と言われています。生後9~13日目には出生時体重の2倍になり、生後1ヵ月頃には体重が4倍、生後4~5ヵ月頃には成犬時の体重の約半分になります。生後8~10ヵ月頃になると成犬時の体重になり、成長も止まります。

外見の変化

チワワとトイプードルを親にもつチワプーは、顔つきや被毛、サイズなどがどちらによく似るかによって大きく違ってきます。

ロングコートかスムースコートのチワワを持つかによっても変わってきますが、トイプードルのカールした被毛を受け継ぐ子が多いようです。毛色もトイプードル、チワワ共にカラーバリエーションが豊富なため、多種多様なカラーの個体が誕生しますが、ブラウン系の毛色のコが多いようです。

どちらの要素を濃く受け継ぐかは、成犬にならないと明確には分かりませんが、そんなワクワク感もミックス犬の魅力の一つと言えますね。

チワプーの子犬を迎えたら

チワプーの子犬

チワプーの子犬を迎えたその日から小さな家族との新たな生活がスタートしますね。ここでは、ごはんの与え方から散歩・シャンプー・しつけを始めるタイミングなど子犬との生活に欠かせないお世話について紹介していきます。

ごはんの与え方

子犬のお腹はとてもデリケートなもので、環境がガラリと変わったというストレスは消化器官にも影響します。そのため、子犬を迎えてからしばらくの間は子犬を迎えたペットショップやブリーダーの指示通りの餌の量、時間、回数を守って与えてください。

また、子犬は一度にたくさんのご飯を消化することが難しいため、1日分の餌の量を小分けにして与えます。生後3ヵ月までは1日に3?5回、生後6ヵ月までは1日3?4回、その後はうんちが緩くならなか様子を見ながら2?3回に分けて与えましょう。

子犬とのはじめての体験

愛犬と一緒にいろんな体験をしたいとワクワクした気持ちでお家に子犬を迎えることでしょう。しかし、子犬は想像以上にデリケートな生き物なので、散歩やシャンプーのタイミングを見極めてあげる必要があります。

散歩を始めるタイミング

子犬の散歩を始めるタイミングは、ワクチン接種の2回目を終えてからになります。
ワクチンの2回目によって、様々な感染症に対する抗体が体の中でできると言われているからです。接種する注射の種類によっては3回目を終えてからと言われることもあるため、獣医師と相談しましょう。

シャンプーを始めるタイミング

シャンプーを始めるのは、ワクチン接種の1週間前後を避けて行いましょう。
また、おうちに迎えてすぐはまだ環境に慣れていない不安定な状態なため、お家や飼い主に慣れてから行うのをおすすめします。

シャンプーを初めて行う場合は、全身を洗うのではなく子犬の負担を減らすために、汚れが気になる部分のみを手早く洗うようにしましょう。

しつけを始めるタイミング

しつけは基本的に子犬がやってきたその日から始めるべきと言われています。しかし、生後2ヶ月より前の幼い子犬を迎えた場合は、生後3ヵ月頃まではしつけをするよりも愛情をたっぷり注いであげるて精神的に安定させることを優先しましょう。

ミニチュアピンシャーは、飼い主に忠実で賢い犬種です。しかし、怖いもの知らずで神経質な一面があります。気が強く他の人や犬に攻撃的になることもあるため、幼い頃うち飼い主との主従関係をはっきりとさせて、コントロールするしつけをする必要があります。そのため、生後3ヶ月以降の子犬を迎えた場合には、迎えたその日からしつけをスタートさせましょう。

チワプーと楽しい時間を送ろう

チワプーの子犬

チワプーは、容姿や性格、毛質などがどちらの両親犬に似るかどうかは 、成犬になるまでわかりません。しかし、愛犬が成長していく変化をワクワクしながら楽しむことができるのは、ミックス犬を飼っている飼い主の特権でしょう。あまり外見や性格などに拘らずに我が子の成長を楽しみながら見届けましょう。

愛らしいチワプーのインスタ投稿画像たち

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!