magazine

健康管理 / 病気

2020.05.15

犬の歯科治療専門の歯科医はいる?愛犬の歯を守るためにできること

愛犬の歯にトラブルが起きた際は、早めに治療をしてひどくなるのを防ぐことが大切です。動物病院のなかには、歯科治療に力を入れているところもありますが、犬の歯科治療専門の歯科医はいるのでしょうか。愛犬の歯の健康を守るために、犬の歯科治療のことや自宅でできるオーラルケアについて理解を深めておきましょう。

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

犬の歯科医は存在する?獣医師との違いは?

犬 歯科医

虫歯や歯周病などになった際、人間の場合は当然ながら歯科医が治療をしますが、それと同じように犬の場合も、犬の歯科治療の資格を持った歯科医が治療をするのでしょうか。

歯科治療は獣医師が行う

犬の歯科治療においては、人間の歯科治療のように、歯科治療を専門に行う歯科医師免許を持つ歯科医というのは存在しません。そのため犬の虫歯治療や破折治療、抜髄治療、歯垢除去など、歯のトラブル全般に関することは獣医師が行います。

獣医師と歯科医との違い

犬の歯の治療もしている獣医師ですが、人間の歯科治療をする歯科医と同じぐらいの知識や技術を持っている獣医師は少ないというのが現状です。

歯科医は歯学部で歯学を専門的に学びます。一方、基本的に全科診療を行う獣医師は、獣医学部で獣医歯科のみを学ぶわけではないので、当然ながら歯科医と獣医師とでは歯科医療に関する知識や技術に差があるのです。

獣医師の中には、獣医師免許と歯科医師免許の両方を持ち、技術の高い動物歯科治療を提供している方もいますが、そのような獣医師は少ないのが現状です。

愛犬のために動物病院選びは慎重に

犬 歯科医

人間の歯科治療の場合、極力歯を残す方向で治療をし、手をつけられないほど歯の状態が悪いときに、やむを得ず最終手段として抜歯が行われます。しかし、犬の歯のトラブルの場合は獣医師に相談をすると、治療を試みる前に抜歯を勧められることも少なくありません。

そのため、愛犬の歯の治療が必要なとき、どこの動物病院にお願いするかは慎重に選ぶことが大切です。

ペットの歯科治療専門に行う花小金井動物病院

東京都小平市にある花小金井動物病院は、ペットの歯科治療を専門に行っている日本でも数少ない動物病院で、院長の林一彦先生は、獣医師免許と歯科医師免許を持つ動物歯科専門医です。

他の動物病院との違いの一例としては、無麻酔で歯石除去をすることなどが挙げられます。多くの動物病院では、犬の歯石除去をする際に全身麻酔をして超音波スケーラーで歯石を除去しますが、花小金井動物病院では、麻酔をせずに人間の歯石除去で使用するスケーラーを用いて行います。

施術中は犬を保定しますが、無理に押さえつけるようなことはしていません。犬がストレスにならず安心できるよう優しく接しています。

また、いくつかの治療法を飼い主さんに提案して、なるべく抜歯をしないで済むように治療をしています。

愛犬の歯の治療に抜歯を勧められたり、全身麻酔が心配で愛犬の歯石除去をできないでいたりする場合は、花小金井動物病院に相談してみるのも1つの選択肢です。

この記事もチェック!

愛犬の歯を守るために、自宅でできるオーラルケア

犬 歯科医

愛犬の歯を守るためには、オーラルケアが必須です。ここでは、自宅でできる犬のオーラルケアについて解説します。

毎日の歯みがき

歯垢や歯石の付着を防ぐには、やはり歯みがきが効果的です。歯の表面に付いた歯垢は3?5日で歯石になり、歯磨きでは取り除けなくなってしまいます。そのため、毎日歯みがきをするのがベストです。

もし歯みがきを嫌がる場合は、歯磨きシートを指に巻いて擦りみがきから始めることをおすすめします。そして、歯みがきシートでの歯みがきに慣れたら、徐々に歯ブラシを使用しての歯みがきに移行していきましょう。

デンタルケアガムを活用

デンタルガムを活用するのもよいでしょう。デンタルガムを噛むことで、歯に付着した歯垢を除去する、唾液の分泌量を促し口内を衛生的に保つ、歯垢が落ちて口臭の抑制になる、などの効果が期待できます。

ただし、デンタルガムは、歯周ポケットの汚れなどは取り除けないので、あくまでも歯みがきの補助ケアとして使うようにしましょう。

デンタルケアや適切な治療をして愛犬の歯を守ろう

犬 歯科医

人間と同じように、犬も歯みがきをしなければ、歯垢や歯石がどんどん溜まり、歯周病を引き起こしてしまいます。愛犬の歯みがきは毎日するのがベストですが、もし嫌がる場合は少しずつ慣らして、毎日できるようにしていきましょう。

また、愛犬の歯にトラブルがあるときは、早めに治療をすることが肝心です。歯の状態によっては、やむを得ず抜歯をしなければならない場合もありますが、抜歯をしたら元には戻らないので、愛犬の歯科治療の動物病院選びは、慎重にするようにしましょう。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

  • 更新日:

    2020.05.15

この記事をシェアする