magazine

しつけ

2020.05.30

プレイバウってどんな意味?愛犬が遊んでほしいときに見せる代表的なサイン

『プレイバウ』という言葉を聞いたことがありますか?もしかすると犬を飼っている方でも『プレイバウ』という言葉は聞きなれない言葉かもしれません。 しかし実は名前は聞いたことなくても『プレイバウ』は、ほとんどの飼い主さんが一度は見たことある犬の仕草のひとつです。今回は意外と知られていない犬のプレイバウについてご説明します。

Author :南 健汰/ドッグライター

この記事をシェアする

プレイバウとは?犬の気持ちを知ろう

犬のプレイバウの仕草

プレイバウとは、頭を下げて足を前に伸ばし、おしりを上にしているときの姿勢のことを指します。 犬は言葉が話せない代わりに、こういったボディランゲージを多く持っており、それらをカーミングシグナルと言います。プレイバウもその内のひとつです。

まずは、プレイバウをしているときの犬の気持ちをご紹介します。

相手を遊びに誘っている

ほとんどの場合、犬がプレイバウの姿勢になるときは、相手に対して「一緒に遊ぼう!」と誘っているときです。 特にボーダーコリーなどの中・大型犬の運動量が多い犬種に多く見られる傾向です。きっとプレイバウの姿勢になったときは、相手が走り出したタイミングで自分も楽しそうに走り回ることと思います。プレイバウは飼い主などの人間のほかにも、犬や猫など、ほかの動物に対してもやることがあります。

緊張をほぐしている

時には、人見知りや犬見知りをしてしまう犬に対してプレイバウをすることがあります。「そんなに緊張しないで良いんだよ」と、犬なりの気遣いをしているのです。

相手をなだめている

不機嫌な犬や喧嘩早い犬をなだめるときにも、プレイバウを見せます。
プレイバウは、相手に対して「落ち着いて」という意味も込められています。

プレイバウはすべての犬がするわけではない

犬 プレイバウ

プレイバウはすべての犬がする仕草ではありません。愛犬がプレイバウをしないからと言って、毎日を楽しく過ごしていないわけではありませんので安心してください。

プレイバウは、人見知りをしない活発な犬がすることが多く、ドッグランなどでもプレイバウをしている犬を見かけることがあるでしょうが、そのほとんどが活発に走り回るような犬です。

愛犬のプレイバウの対処方法とは?

犬 プレイバウ

もしかしたら、遊びに誘うプレイバウをされて、一緒に遊んでしまうのは間違いかもしれません。それでは最後に、プレイバウの正しい対処方法についてご紹介します。

犬を落ち着かせる

プレイバウをしている犬のほとんどは、遊びたくて興奮をしていることが多いです。 そこで人間がテンションを高くして一緒に遊んでしまうと、犬は興奮を収めることが出来なくなってしまいます。

犬が興奮状態でいると、怪我などのリスクが高まります。そのため、ドッグラン等の他のコが多くいるスペースなどで、プレイバウをされたら、状況次第では愛犬を落ち着かせたほうが良いということがあります。

落ち着かせたら遊んでも大丈夫

プレイバウをされて、犬を落ち着かせた後は、遊んでも問題ありません。 しかし、長時間遊んでしまうと犬はまた興奮してしまいますので、1~2回ボール遊びをしたら適宜休みを入れましょう。

プレイバウは遊びたいサイン!愛犬を一度落ち着かせてみて

犬 プレイバウ

プレイバウは、ドッグランなど多くの犬がいる場所でよく見かける、犬のボディランゲージ・カーミングシグナルです。犬同士でもプレイバウをしている犬は、興奮状態であることが多く、興奮している犬は相手を噛んでしまうことも考えられます。そのため、犬同士でプレイバウをしている場合は、一度愛犬の名前を呼び、自分の下まで来させて、落ち着かせてあげると良いでしょう。

◎ライタープロフィール
南健汰

南 健汰/ドッグライター

大自然溢れる北海道でドッグトレーナーとして犬を訓練した経験を活かし、2012年より執筆活動を開始。ボーダーコリー2頭、サモエド2頭、猫2頭と暮らしている。犬との生活で大切にしているのは、犬も自分も思い切り楽しむこと。訓練士協会A級ライセンス保持。

  • 更新日:

    2020.05.30

この記事をシェアする