magazine

健康管理 / 病気

2020.06.15

【獣医師監修】犬の歯周病を治したい!完治までにかかる治療費と時間とは?

3歳以上の犬の約80%が、歯周病や歯の病気のリスクを抱えていると言われていることをご存知ですか?これは、成人の日本人が抱えているリスクと同じ数字なのです。人間と同じように犬も歯周病が重症化すると細菌感染から重大な病気に発展する危険性があります。実は、一般的な動物病院では、まだまだ歯の治療をできる獣医師が少ないことも、知っておかなくてはなりません。今回は、犬の歯周病について、発症の原因から完治までにかかる時間や治療費について解説します。

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師、文:西村 百合子

この記事をシェアする

犬の歯周病とは

犬 歯周病 治療費

犬の歯周病は、人間の歯周病と同じように悪化すると最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気です。犬の歯周病は、毎日の歯磨きで予防することができます。

動物病院ではあまり説明されることがない歯周病ですが、犬に取って重大な病気の原因ともなる歯周病について、飼い主は正しい知識を持つことが大切です。

犬は歯石ができやすい

犬は、虫歯になりにくい動物だと言われています。その理由として、私たち人間との口腔内と犬の口腔内とでは環境は違うからなのです。

人間の口腔内は、むし歯菌が繁殖しやすいPH6.8~という中性~弱酸性であることに対し、犬は口腔内はPH8~8.5と弱アルカリ性に保たれていることが特徴です。

ところが、口腔内がアルカリ性であると歯垢が溜まりやすく、あっという間に歯垢が歯石へと変わってしまうのです。人間では約25日で歯石が形成されますが、犬の場合は、約3日で歯石が形成されてしまいます。

歯周病の原因は歯石

プラークコントロールという言葉を聞いたことがありませんか?プラークとは、歯の表面や歯と歯肉の間に溜まった歯垢のことをさします。

口腔内の細菌によって歯垢(プラーク)が作られるのは、人間も犬も同じメカニズムです。歯垢が溜まり、歯茎が赤く腫れた状態が歯肉炎です。この段階で、歯磨きをして、歯垢を取り除くことがプラークコントロールなのです。

歯茎の溝などにたまった歯垢や歯垢が固まった歯石が歯周病を引き起こします。歯垢の中で繁殖した歯周病菌によって、歯茎に炎症が起こる細菌感染症が歯周病です。歯周病は進行すると、歯茎の内部にまで浸透していきます。

やがて、歯周病菌が周りの組織を壊し、最終的に歯を支えている顎の骨(歯槽骨)を溶かし歯が抜け落ちてしまうのです。この状態を歯周炎と呼びます。歯周炎は、歯周病が最も進行した状態なのです。

また、炎症を起こしている場所の粘膜から血管に細菌が入り込み、心臓や腎臓、肝臓などの内臓や関節、骨髄などに悪い影響を及ぼすことから予防や治療が重要となるのです。

歯周病の症状とは

犬が歯周病を発症すると、人間と同じように痛みや不快感を感じます。また、次のような症状がみられたら、歯周病を疑い、動物病院へ連れて行きましょう。

・口臭が強くなる
・歯茎から出血する、歯茎が赤く腫れている
・口のまわりを気にする
・床に顔をこすりつける
・ご飯を食べながら痛がる
・歯磨きガムなどの硬いものを嫌がるようになる

歯周病になりやすい犬種がある

小型犬は歯周病になりやすいと言われていますが、ペット保険大手のアニコム損保の統計データによると、イタリアングレーハウンド、ダックスフント、トイプードルは、歯周病の罹患率が高いことがわかっています。また、パグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアなどの短頭種は、マズルが特殊な構造であることから、歯周病を発症しやすいと言われています。

犬の歯周病の治療方法

犬 歯周病 治療費

歯周病かなと思ったら、放置せずにすぐに動物病院へ連れて行くことが、愛犬の歯を守る最良の方法です。残念ながら、一般の動物病院では歯科治療を受け付けていなかったり、専門医がいないために適切な診断ができない可能性があるため、犬の歯科専門病院を訪れることがおすすめです。

歯周病の治療は全身麻酔で

歯周病は放置すると、歯茎の内部にまで炎症が進行し、顎の骨を溶かしてしまうことがあります。最悪の場合には、顔の皮膚まで貫通したり鼻腔内に貫通することもあるので早期発見早期治療が必要です。見た目だけではわからない歯周病は、レントゲン検査や麻酔下で歯周ポケットの深さを測定するプローピングなどの口腔内検査を行います。

また、歯周病と診断されると、多くの場合は全身麻酔をして治療します。治療では、歯石の除去、歯周ポケット内の洗浄、歯の研磨が行われます。さらに歯周病が進行している場合には、歯根の洗浄処置や抜歯、歯肉の切開・縫合を行うこともあります。

犬の歯周病治療にかかる費用

犬 歯周病 治療費

犬の歯周病の治療費は、抜歯の本数、歯肉の切開が必要かどうかによって異なります。また、処置後に通院や入院が必要となった場合は治療費も異なってきます。
病院によってさまざまですが、通常は初診料、診察料、検査費、全身麻酔、歯科処置費が請求の項目となります。軽度で歯石の除去のみの場合、重度で何本も抜歯するなど進行の度合いによって、治療費が大きく異なるのが歯周病の特徴です。歯周病の治療費は約5万円~30万円程度が目安となります。

犬の歯周病治療にかかる期間

犬 歯周病 治療費

歯周病は、進行度合いによって治療期間も変わってきます。軽度の場合は、日帰りでの治療が可能ですが、重度になると1泊程度の入院が必要になります。
また、犬の年齢や健康状態によっても治療方法が異なるため、治療期間は一律ではありませんが、目安として歯石除去は半日程度、抜歯が必要な場合は入院の可能性もあると考えておいたほうがいいでしょう。

愛犬の歯周病にさせないために毎日の歯磨きを忘れずに!

犬 歯周病 治療費

最近では、犬のオーラルケア用品として、ガムやドッグフード、デンタルトイなどが多数販売されています。しかし、このようなケア用品では、歯垢は取りきれないことがわかっています。

歯周病にさせないためには、人間と同じように、犬も毎日の歯磨きが有効です。食後30分以内の歯磨きによって、90%近く歯垢の付着を予防することが可能だと言われています。

歯石は、一度形成されてしまうと歯磨きでは取り除けません。犬にとって麻酔を必要とする歯の治療は負担の大きいものです。毎日の歯磨きを習慣にして、歯周病予防をしてあげることが大切です。

◎監修者プロフィール
加藤みゆき 獣医師

加藤みゆき/獣医師

日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。
日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。

  • 公開日:

    2020.05.04

  • 更新日:

    2020.06.15

この記事をシェアする